dマガジンの評判を徹底解説!【3年使い発覚した真実を公開】

「dマガジンの利用を始める前に、実際の利用者の評判を知りたい!!」
「雑誌読み放題はいくつもあるので、dマガジンを利用するか迷っている…」

僕は主要な雑誌読み放題を全て利用していますが、dマガジンが1番使い勝手が良いと感じています。
というのも、雑誌の検索機能が優秀なので、くだらない話から有益な情報まで、欲しいコンテンツに手が届きやすいからです。

僕がdマガジンを使い始めた頃は雑誌数も200くらいだったのですが、現在では500以上の雑誌を扱っており、主要な雑誌は全て揃っています。
当時に比べると単純に倍以上の価値があるサービスになっているので、今こそ登録すべきサービスです。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
dマガジンを3年以上愛用している、タケシ!(@takeshi_audio)です。

dマガジンは月額440円で500以上の雑誌が読める、雑誌読み放題サービスの中でもトップのサービスです。
この記事では3年以上dマガジンの利用を続けている僕が、dマガジンの評判を徹底解説しました。
僕が日々dマガジンを使う中で感銘を受けている便利機能の紹介もしています。

また、dマガジンのラインナップをジャンル別に全てまとめましたので、読みたい雑誌があるかどうかを確認してみて下さい。

今なら31日間の無料体験に加えて400円分のdポイントもプレゼントされるので、キャンペーン期間中にぜひ利用してみて下さい!

dマガジンの無料体験

関連記事おすすめ雑誌読み放題10社を徹底比較!【ベストな選択肢を発表】
関連記事【2021年版】電子書籍読み放題の究極のガイド【全16社を紹介】

dマガジンの利用がおすすめな人

僕が実際に全ての主要な雑誌読み放題サービスを利用して分かった、dマガジンの利用がおすすめな人は次の通りです。

  • 雑誌で効率的に情報収拾がしたい人
  • 業界トップの雑誌数を安価で楽しみたい人
  • 楽天系のサービスを利用していない人

dマガジンは雑誌を横断して、記事単位で情報を検索できるのが人気を集めているサービスです。
目的の雑誌を読むだけではなく、複数の雑誌から関連する情報を集めることができます。

dマガジンは500以上の雑誌を月額440円で利用できます。
雑誌のラインナップは業界でもトップクラスなので、雑誌読み放題を探しているのであればdマガジンで間違いなしです。

また、楽天市場や楽天カードなど楽天系のサービスを利用している方は、楽天マガジンの利用がおすすめです。
楽天ポイントが使えて、dマガジンと比べてラインナップもほぼ一緒なので、楽天ユーザーであればお得に使えます。

関連記事楽天マガジンの評判を徹底解説!神すぎて3年間満喫しています!!
関連記事楽天マガジンとdマガジンを徹底比較!決定的な違いとは?

dマガジンの便利機能

僕が全ての雑誌読み放題サービスを使った上で、特にdマガジンが優れていると感じた機能を紹介します。
dマガジンの便利機能は次の通りです。

  • 記事単位で検索が可能
  • 便利なレコメンド機能
  • オフラインで雑誌の閲覧が可能
  • 最大6デバイスで利用で可能

それぞれ個別に解説していきます。

雑誌を記事単位で検索できる

dマガジンでは雑誌を記事単位で検索できる機能があります。
通常の雑誌読み放題であれば、雑誌のタイトルやジャンルでしか検索ができません。
しかし、dマガジンの場合では記事単位での検索ができるので、情報収集では圧倒的に便利です。

例えば、ファッション誌はdマガジンで50種類以上扱っていますが、ファッション好きの方でも全ての雑誌をチェックするのは大変です。
そこで、記事単位の検索機能を使い「トレンドアイテム」「春ファッション」などのキーワードで検索すれば、各雑誌を横断して関連する記事をチェックできます。

電子書籍と雑誌読み放題という2つの特性が合わさったからこそ出来る便利機能です。
紙の雑誌では出来ない電子書籍読み放題のメリットになります。

タケシ!タケシ!

普段見ないような雑誌からも有益な情報が見つかるので、情報の取りこぼしがなくなります。

便利なレコメンド機能

dマガジンは雑誌の記事検索を応用した、レコメンド機能も充実しています。
dマガジンで利用できるレコメンド機能は次の通りです。

  • おすすめ記事の紹介
  • 人気記事ランキング
  • ホットワード

dマガジンでは季節のネタや旬なテーマで、おすすめの記事を紹介してくれます。
ニュースサイトを見る感覚で、面白そうな記事をチェックできます。

人気記事ランキングでは記事のジャンル毎に、よく読まれている人気の記事を、ランキング形式で表示してくれるので、トレンドを追いやすいです。
ランキングは男女別に分かれているので、男女で好みが分かれるような趣味やファッションのジャンルでも欲しい情報が表示されます。

また、ホットワードでは今話題のキーワードが含まれる最新記事が表示されます。
SNSとは違い雑誌という括りの中で、話題になっている記事をチェックできるので、新しい発見に出会えます。

タケシ!タケシ!

僕は購読している雑誌数冊と、レコメンドで表示される記事をdマガジンで読んでいます。

オフラインで雑誌の閲覧が可能

dマガジンでは雑誌をダウンロードして、オフラインで閲覧できます。
dマガジンの評判では、「ネット回線が悪いと雑誌の読み込みが遅くなる」という意見が多いので、ダウンロードして読めば快適に利用できます。

注意点としては、雑誌は容量が大きいので、沢山ダウンロードすると端末のストレージを圧迫します。
ダウンロードした雑誌は端末から削除もできるので、小まめにストレージを解放するようにすべきです。

また、雑誌読み放題には雑誌の閲覧に期限があるので、ダウンロードした雑誌でも期限が過ぎると読めなくなります。
もし、今後も手元に残しておきたいページや記事があるなら、スクリーンショットを利用して保存しておきましょう。

タケシ!タケシ!

僕は「これは!」と思った記事はスクショして保存しています。
後で読もうとしても期限切れになっている事があるので、おすすめの方法です。

クリッピング機能

dマガジンにはクリッピングという記事単位でページを永久保存できる機能があります。
対応している雑誌のみで利用可能ですが、雑誌の期限が切れても読みたい記事をストックできます。

しかし、クリッピングの上限は100記事までです。
上限さえなければ完璧な機能なのですが、上限があると気軽に保存ができないので、現状ではスクリーンショットの方が使いやすいです。

それに、クリッピングした記事はdマガジンを解約すると使えなくなるので、永久に保存するならスクショの方が優れています。

最大6デバイスで利用で可能

dマガジンのマルチデバイス機能を使うと、最大で6デバイスまでdマガジンを利用可能です。
1つのdアカウントで5台の端末でアプリが使えて、1つのWebブラウザで閲覧できます。
もちろん同時接続も可能です。

持ち歩くスマホにはニュース系の雑誌をダウンロードして、自宅のタブレットには趣味の雑誌をダウンロードする、という風な使い分けもできます。

ちなみに閲覧履歴はデバイス毎に保存されるので、仮に家族で使うタブレットにdマガジンを入れたとしても、他のデバイスでどんな雑誌を読んでいるかはバレません。

タケシ!タケシ!

読む端末を変える毎に、ログインとログアウトをしなくて済むので、とても使いやすいです。

dマガジンの雑誌ラインナップ

dマガジンのラインナップ

dマガジンには500以上の雑誌のラインナップがありますが、具体的にどんな雑誌があるのかを紹介していきます。
まずは、どのジャンルが強いのか?雑誌読み放題サービス主要3社を比較したので、確認してみましょう!

 dマガジン楽天マガジンTマガジン
総合週刊誌
女性ファッション
女性ライフスタイル
男性ファッション
男性ライフスタイル
ビジネス・国際・IT
スポーツ・車
エンタメ・趣味
料理・暮らし・健康
お出かけ・グルメ

ラインナップを比較してみると、楽天マガジンが少し豪華という印象ですが、正直なところ大きな違いはありません。
主要雑誌は被っていることが多いので、ニッチでマイナーな雑誌の違いになってきます。

雑誌ラインナップ一覧

dマガジンで読むことができる雑誌をジャンルごとにまとめています。
旅行ガイドの「るるぶ」など、単行本のムック本に関しては、入れ替わりの頻度が高いので、ジャンルの紹介のみです。

総合週刊誌(15)女性ファッション(43)男性ファッション(14)女性ライフスタイル(30)男性ライフスタイル(25)料理・暮らし・健康(19)スポーツ・車(32)エンタメ・趣味(31)ビジネス・IT・国際(13)お出かけ・グルメ(10)海外誌(8)ムック本
AERA25ans2nd&PremiumBE-PAL3分クッキング(日本テレビ)auto sportB’s-LOGCOURRiER JapondancyuFood & Wine旅行ガイド(国内)
FLASHBAILAFine&ROSYBeginNHK きょうの健康BiCYCLE CLUBCAPAForbes JAPANエル・グルメHealth旅行ガイド(国外)
FRIDAYCanCamFINEBOYS2月号BRUTUSNHK きょうの料理CARトップDVD&動画配信でーたMac Fanおとなの週末InStyleヘアカタログ
サンデー毎日CLASSY.GO OUTananCasa BRUTUSNHKガッテン!CG(CAR GRAPHIC)EX大衆PRESIDENTビール王国Parents料理・レシピ
ニューズウィーク日本版DomaniGQ JAPANarDIMEいぬのきもちENGINEJUNONWIRED関西ウォーカーPeopleスポーツ・車
週プレeclatLEONCREADiscover Japanエル・デコfootballistaMyojoダイヤモンドZAi月刊山と溪谷Real Simple教養・ビジネス
週刊SPA!FUDGEMEN’S EXESSEGetNaviオレンジページGENROQNHK 趣味の園芸ナショナル ジオグラフィック日本版散歩の達人TIME暮らし
週刊ポストGINGERmen’s FUDGEFRaUGOETHEクロワッサンMr.Bike BGPASH!週刊アスキー東海ウォーカーTravel + Leisureお出かけ
週刊現代GINZAMEN’S NON-NOHanakoGoodsPressたまごクラブNALUPOTATO週刊エコノミスト東京カレンダー健康
週刊女性GISELeOCEANSku:nelHot-Dog PRESSねこのきもちNumberSCREEN週刊ダイヤモンド旅の手帖エンタメ・趣味
週刊新潮GLOWSafariLDKLightningハルメクRIDERS CLUBアニメージュ週刊東洋経済女性ライフスタイル
週刊朝日InRedsmartLDK the BeautyMonoMasterひよこクラブアルバトロス・ビューアニメディア日経PC21
週刊文春JELLYUOMOMAQUIAMonoMaxプレジデントファミリーゴルフダイジェストサイゾー日経マネー
女性セブンJJメンズクラブMartMONOQLOモダンリビングサッカーダイジェストザテレビジョン
女性自身LEENHK すてきにハンドメイドPenレタスクラブスマッシュダ・ヴィンチ
MarisolOZmagazinePOPEYE上沼恵美子のおしゃべりクッキングバドミントン・マガジンつり情報
merVOCETarzan田舎暮らしの本ベストカーつり人
minaYoginiサライ日経ヘルスボクシングマガジンディズニーファン
miniサンキュ!デジモノステーション毎日が発見ラグビーマガジンパチスロ必勝本
MOREネイルUP!モノ・マガジンランニングマガジン・クリールパチンコ必勝本プラス
non-noミセス一個人ル・ボランムー
Oggiゆうゆう家電批評ワールドサッカーダイジェスト月刊エンタメ
otona MUSEヨガジャーナル日本版男の隠れ家月刊バスケットボール月刊ザテレビジョン
Precious家庭画報日経トレンディ月刊バレーボール月刊ホビージャパン
Ray天然生活週刊ゴルフダイジェスト趣味の文具箱
S Cawaii!日経ウーマン週刊パーゴルフ週刊Gallop
Seventeen美ST週刊プロレス週刊ファミ通
SPRiNG美的週刊ベースボール将棋世界
SPUR婦人画報相撲鉄道ファン
steady.婦人公論報知高校野球日経エンタテインメント!
STORY陸上競技マガジン歴史人
sweet
VERY
ViVi
VOGUE JAPAN
with
エル・ジャポン
ハーパーズ バザー
フィガロジャポン
リンネル
素敵なあの人
大人のおしゃれ手帖
美人百花

dマガジンの料金プラン

dマガジンの料金プランの詳細は次の通りです。
主要な機能やサービスについてもまとめています。

サービス名dマガジン
価格月額440円
雑誌のラインナップ500以上
雑誌以外のコンテンツなし
無料体験31日間
対応端末PC、スマホ、タブレット
支払い方法クレジットカード、キャリア決済(ドコモ払い)
同時接続台数5台(ブラウザから1台)
バックナンバー
ダウンロード
検索機能◎(記事単位で可能)

dマガジンは雑誌読み放題に必要な機能は全て揃っています。
便利機能でもお伝えしましたが、記事単位での検索機能は他のサービスにはないdマガジ独自の強みです。

ちなみに、dマガジンはドコモのサービスですが、ドコモの回線を契約していなくても、誰でも利用できます。

タケシ!タケシ!

他のサービスと比較してdマガジンの利用で損をすることは絶対にありません。
全サービスを利用している僕が保証します。

dポイントが貯まる

dマガジンに登録する際には、dアカウント作ることになるので、dポイントが貯まるようになります。
100円に付き1Pなので、dマガジンに登録すると毎月4P貰えます。

dポイントの利用方法としては、d払いが利用できる加盟店の利用やドコモ系のサービス、ドコモの携帯料金の支払いに利用できます。
残念ながらdマガジンの月額料金にはdポイントを使うことができません。

dポイントが使えるサービスは次の通りです。

タケシ!タケシ!

dマガジンで貯まるdポイントはキャンペーンがなければ、微々たるものなので、僕はdブックで本の割引に使ってます。dアニメストアのレンタルも安いのでおすすめです。

dマガジンのデメリット

dマガジンのデメリットは次の通りです。

  • 読み放題では一部読めない記事がある
  • 紙の雑誌に比べて更新が遅い場合がある
  • 端末や回線に応じて雑誌の読み込み速度が遅い

dマガジンでは暴力的・アダルトなコンテンツに関しては、規制が入り見れない箇所があります。
90%以上は紙の雑誌と同じように読めるのですが、極一部だけ読めない箇所があるのが残念です。

また、dマガジンでは雑誌の更新が、紙の雑誌の発売よりも数日遅れる場合があります。
少しでも早く雑誌が読みたい人は、紙で購入した方がいいかも知れませんが、dマガジンでの購読になれれば、そんなに気になりません。

後は、雑誌の読み込み速度に関する不満ですが、雑誌は容量が大きいのでしょうがない部分もあります。
これに関しては端末の性能や回線の問題なので、オフラインで読めるダウンロード機能などを、うまく利用したいところです。

dマガジンの評判・口コミ一覧

dマガジンの評判を調査して多く見られた意見をまとめました。

利用者1利用者1

毎日新しい雑誌が追加されるのでコンテンツとしては大満足です。伝電波状況が悪くても、あらかじめ雑誌をダウンロードしておけば、オフラインでも問題なく楽しめます。

利用者2利用者2

月額440円のサービスとしては破格のコンテンツ量なので、サービスとコンテンツに関しては満足しています。しかし、アプリの使いにくさがあるので改善してもらいたい。特に、ダウンロードに関するバグが酷いです。

利用者3利用者3

雑誌選びの時の操作性に気になる点があります。雑誌を選んでいるときに、少しでも長押しすると雑誌のダウンロードが始まります。外で利用している時には、通信量も気になるので、せめてダウンロードするかどうかの確認を入れてもらいたい。

利用者4利用者4

dマガジンを利用し始めてから雑誌を買う事がなくなりました。以前から購読してた雑誌以外も読めるので、手放せないツールになっています。ただ、登録方法に関してはdアカウントを別で作らなければいけないのが面倒でした。

dマガジンの詳細はこちら

アプリの総合評価

アプリの評価

2020年5月時点では、App Storeの評価が5点満点中4.3で、Google Playは5点満点中3.6点でした。
双方のストアで共通しているのは、コンテンツに関しては満足度が非常に高い事です。
月額料金や読み放題の雑誌に関しては高評価が多く見られまいした。

低評価がついていたのはアプリの使い勝手と登録方法についてです。
使用頻度の高いアプリですので、どうしてもUIに不満は多く集まります。
登録方法に関してはdアカウントを作るのは、dマガジンの登録と二度手間になるので面倒です。

まとめ・感想 記事ごとに読めるのは超便利

僕はdマガジンや楽天マガジンなど色々とサービスを併用して使っているのですが、記事ごとに読めるdマガジンはとても便利です。

僕は雑誌の読み方として、隅から隅まできっちり読むというよりは、ペラペラめくり読みたいとこだけ、という使い方をします。
dマガジンの記事単位で読める仕組みは、僕の雑誌の読み方とマッチしていて最高です。

紙→データという流れはもう止められないので、雑誌読み放題はこれからも伸び続けていくと思っています!

タケシ!タケシ!

よろしければ、当サイトで運営している月にビジネス書30冊分(購入すると約30,000円)の要約を配信しているインスタグラムもどうぞ! 大好評の人気記事は下記のリンクから♪

人気記事【2021年版】電子書籍読み放題の究極のガイド【全16社を紹介】