電子書籍ストアの使い分け方を徹底解説!【定番の具体例を紹介】

「お得に利用するための、電子書籍ストアの使い分け方を知りたい!」
「どの電子書籍ストアを使い分ければ良いのか、オススメを教えて!」

昔は電子書籍ストアといえばKindleストアですたが、今ではたくさんの電子書籍ストアが存在します。
Kindleで全てを管理すれば良いのか、複数のストアを使い分けるのが、悩んでいるかと思います。

僕は電子書籍ストアを2019年から使い分けるようにしています。
以前まではKindleストアで全て購入していましたが、購入した作品数も増えて管理が大変になってきたので、思い切って分けることにしたのです。

2年以上使い分けを実践していますが、電子書籍の管理がスッキリして本当に使いやすくなりました。
ジャンル毎に専門のストアを利用しているので、以前よりも安く購入できるのも魅力的です。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
電子書籍ソムリエ、のタケシ!(@takeshi_audio)です。

今回は電子書籍ストアを使い分ける方法を、おすすめストアと共に紹介しています。
電子書籍をよく読む人程、電子書籍ストアを使い分けるメリットは大きいです。

当サイトでは電子書籍ストアのアンケート調査や電子書籍ストアの評判調査を行ってきました。
人気の電子書籍ストアやサービス内容については熟知しています。

具体的な電子書籍ストアの使い分け例も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
1つのストアを利用するよりも、電子書籍ストアを使い分けた方が、確実に安く電子書籍が購入できます。

関連記事電子書籍買うならどこが良い?おすすめ電子書籍ストア19選を徹底比較

この記事を書いている人
読書ブロガー/本スタグラマー
タケシ
タケシの画像
年間300冊以上の本を読む読書家。電子書籍ストアやオーディオブック配信サービスを40社以上レビューしてきた読書ブロガー。読書情報ブログ「AudioBook Mania」の運営の傍、複数のウェブメディアでライターとして活躍中。認定ランサー。詳しいプロフィールはこちら

電子書籍ストアの使い分け方

電子書籍

電子書籍ストアは書籍のジャンル別に使い分けます。
電子書籍ストアを使い分けるべき、主な書籍ジャンルは次の通りです。

  • ビジネス書
  • 漫画
  • ラノベ
  • アダルト

上記の書籍ジャンルでは、専門とする電子書籍ストアが存在します。
ジャンルに特化した専門の電子書籍ストアを利用することで、お得に電子書籍を購入可能です。

例えば漫画に特化した電子書籍ストアは、クーポンの配布やポイント還元が当たり前に行われています。
ebookjapanでは常時20%のポイント還元が受けられて、まんが王国では購入額に応じて最大50%のポイント還元が受けられます。

そのため、1つの電子書籍ストアに特化するよりも、ジャンル毎に複数の電子書籍ストアを使い分けた方がお得になります。

オールジャンルをカバーする電子書籍ストアは2つ

電子書籍ストアの中でも、AmazonのKindleストアと楽天のKoboはオールジャンルの書籍をカバーしています。
AmazonではKindle本や洋書も豊富に取り揃えられているので、電子書籍の充実具合はKindleの方が上です。

そのため、電子書籍ストアを使い分けずに、1つのストアに集約するならKindleとKoboがおすすめです。
この2つは専用の電子書籍リーダーがあるメリットもあります。

使い分ける場合でも、KindleとKoboをメインストアとして利用する場合が多いです。

使い分けにおすすめの電子書籍ストア

書籍ジャンル毎の使い分けにおすすめの電子書籍ストアを紹介します。
当サイトでは電子書籍ストア利用者100名に対してアンケート調査を実施しており、アンケート結果を加味してジャンル毎の人気ストアをお伝えします。

ビジネス書におすすめの電子書籍ストア

ビジネス書におすすめの電子書籍ストア

ビジネス書におすすめの電子書籍ストアは次の通りです。

ビジネス書の電子書籍を購入するなら、Kindleと楽天Koboの2択です。
Kindleでは個人出版のビジネス書が多く販売されているので、ビジネス書のラインナップの幅で考えるならKindleです。

楽天Koboは楽天ポイントが貯められるので、楽天系サービスを多用するならお得に利用できます。
楽天市場で買い物をする機会が多いのであれば、獲得ポイントの倍率も上がるので、楽天Koboがおすすめです。

hontoは電子書籍ストアの規模的には、Kindleと楽天Koboに次ぐ3位です。
hontoは丸善やジュンク堂、文教堂など大型書店と連携しているので、利用する機会が多い人はポイントも共通しているのでおすすめです。

漫画におすすめの電子書籍ストア

漫画におすすめの電子書籍ストア

漫画におすすめの電子書籍ストアは次の通りです。

漫画のを専門にしている電子書籍ストアは特徴が分かれます。
漫画のラインナップについては、どのストアも取扱作品に大きな違いはありません。

コミックシーモアは漫画の電子書籍ストアとしては知名度が高く、サービスの幅が広いです。
普通に電子書籍が購入できるだけではなく、漫画レンタルや漫画読み放題のサービスに対応しています。

ebookjapanはYahoo!プレミアムに入会する事で、常時20%のポイント還元(金曜)が受けられます。
それに、最近ではPayPayが使えるようになり、常に大量のポイントを配布しています。

まんが王国は最大50%のポイント還元が受けられる、お得感No.1に選ばれた電子書籍ストアです。
まとめてポイントを購入すると本当に安く漫画が購入できるので、沢山買う人やまとめ買いをする人におすすめです。

ラノベにおすすめの電子書籍ストア

ラノベにおすすめの電子書籍ストア

ラノベにおすすめの電子書籍ストアは次の通りです。

ライトノベルを電子書籍でお得に購入するならBOOK☆WALKER一択です。
ラノベを専門に扱う電子書籍ストアは、KADOKAWAが運営するBOOK☆WALKERしかありません。
BOOK☆WALKERには、定額のラノベ読み放題もあるので利用してみて下さい。

Kindleストアはオールジャンル取り扱いがあるので、ラノベも豊富に取り扱っています。
Kindle Unlimitedでは、アニメ化した時にラノベの1巻〜3巻あたりを配信している場合があるので、チェックしてみて下さい。

漫画を扱う電子書籍ストアは基本的にラノベも扱っています。
ebookjapanは、PayPayとポイント還元で一押しのストアなので、漫画とラノベを一括管理するのもありです。

アダルト書籍におすすめの電子書籍ストア

アダルト書籍におすすめの電子書籍ストア

アダルト書籍におすすめの電子書籍ストアは次の通りです。

アダルト書籍ではDMM電子書籍が最もラインナップに優れています。
アダルト漫画や官能小説、写真集などアダルトな電子書籍はDMM電子書籍で全て揃います。
アダルトコミックは読み放題プランもあるので、ぜひチェックしてみて下さい。

まんが王国は漫画を専門にする電子書籍ストアの中でも、アダルト作品が充実しています。
最大50%のポイント還元も適用されるので、アダルトコミックをお得に購入できます。

コミックシーモアはBLやTLなど女性向けのアダルト漫画が充実しています。
特に読み放題プランはBLやTL作品が豊富に読めるので、コスパ良く楽しみたいのであれば登録すべきです。

電子書籍ストアを使い分けるメリット

電子書籍ストアを使い分けるメリットは次の通りです。

  • 電子書籍の整理ができる
  • 専門ストアでお得に買える
  • 専用のアプリで読める

電子書籍をジャンル毎の別のストアで使い分ける事で、作品を整理して利用できます。
全ての電子書籍を同じストアで管理すると、作品数が増えると探しづらいです。

ビジネス書はKindleで漫画はebookjapanのように管理すれば、アプリ内がスッキリして使いやすくなります。

また、電子書籍は専門のストアで購入した方が安く購入できます。
総合ストアよりも特化したサイトの方が、キャンペーンが充実しているのです。

専門のストアにはジャンルに特化した電子書籍アプリが使えるので、読みやすいという利点もあります。
Kindleアプリではアンダーラインや付箋など、ビジネス書が読みやすくなるような工夫がされています。

関連記事【2021年最新】半額割引クーポンが使える漫画・電子書籍ストア!

電子書籍ストアを使い分けるデメリット

電子書籍ストアを使い分けるデメリットは次の通りです。

  • 複数のアプリを使う事になる
  • 使えるポイントが分散する

電子書籍ストアを使い分けると、電子書籍を読む時に複数のアプリを利用する事になります。
ジャンル別に使い分けられるので、スッキリして便利なのですが、アプリを切り替えたり、一括管理できない不便さもあります。
購入する書籍を一括管理するためには、ブクログなど読書管理サービスを利用すると良いでしょう。

また、電子書籍ストアを使い分けると、購入して得られるポイントも分散します。
たくさん電子書籍を購入するのであれば、複数のストアでも十分ポイントを活用できますが、あまり買わないなら1つのストアに集約させた方が良さそうです。
ebookjapanのPayPayのように汎用性のあるポイント貯まる様であれば、何の心配もありません。

電子書籍ストアを使い分ける3つの例

例

電子書籍ストアを使い分ける、組み合わせの例を3つほど紹介します。
紹介する使い分けの例は下記の基準で作成しました。

  • おすすめの使い分け
  • ラインナップ重視
  • お得感重視

それでは個別に紹介します。

おすすめの電子書籍ストアの使い分け

僕も利用しているおすすめの電子書籍ストアの使い分けは次の通りです。

ラインナップとお得感を兼ね揃えた、電子書籍の使い分けの完成形です。
ビジネス書とラノベ、アダルトは各ジャンルで最高のラインナップ数を誇るサービスを選びました。

漫画のebookjapanはコミックシーモアと悩むところですが、PayPayの利用とポイント還元システムを考えると、漫画のストアの中でも1番使い勝手が良いです。
ラノベをあまり読まないのであれば、ラノベにもebookjapanを利用しましょう。

ラインナップを重視する電子書籍ストアの使い分け

ラインナップ重視で選んだ電子書籍ストアの使い分けは次の通りです。

単純に各ジャンルでラインナップ数が豊富なストアを選びました。
ラインナップを重視して、お得感をあまり気にしない人はKindleストアで全て購入するのもありです。
どんなジャンルでも、有名な本や作品なら全てKindleストアで揃います。

お得感を重視する電子書籍ストアの使い分け

お得感を重視して選んだ電子書籍ストアの使い分けは次の通りです。

楽天KoboはKindleと並ぶ総合電子書書籍ストアですが、確実に楽天Koboの方がポイントが貯まります。

まんが王国もポイント還元率なら漫画専門の電子書籍ストアでトップです。
まんが王国はアダルト漫画も豊富に扱っているので、漫画であればアダルト作品も同じストアで購入できます。

ラノベの読むならラインナップも含めBOOK☆WALKERが1番お得です。
セールも頻繁に行われていますしラノベ読み放題があるのも、お得感があります。

関連記事【電子書籍と宅配】漫画レンタルを徹底比較!最も安く読む方法です

一風変わった電子書籍ストアの使い分け

電子書籍ストアの使い分け方として、一風変わった方法も考えられます。
下記の様な電子書籍ストアの使い分けもできます。

  • 動画配信サービスとの併用で選ぶ
  • 利用しているポイントで選ぶ

動画配信サービスの中でも、U-NEXTFODプレミアムは電子書籍の販売をしています。
U-NEXTでは40%のポイント還元が受けられて、FODプレミアムでは20%のポイント還元が受けられます。

動画配信サービスは月額制のサブスクなので、電子書籍のポイント還元額が電子書籍ストアより高いです。
会員なら常時ポイント還元が受けられるので、実はかなりお得です。

また、利用しているポイントで選ぶ方法もあります。
ebookjapanではPayPayが使える様に、ドコモが運営するdブックスではdポイントが利用できます。
アプリ決済でもdポイントが使われ始めているので、利用者にとってはお得です。

まとめ 電子書籍は漫画だけでも使い分けるべき

電子書籍ストアばKindle以外にも沢山あるので、ぜひ色々と試して頂きたいです。
特に漫画は多くの電子書籍ストアがあるので、自分にあったストアが見つかるはずです。

電子書籍の使い分けで最も多いのが、漫画とその他の書籍を分ける買い方です。
例えば、Kindleストアか楽天Koboをメインストアにして、漫画だけ別の電子書籍ストアを使います。

漫画専門のストアではキャンペーンが多いので、漫画だけでも使い分けることをおすすめします。
一押しの組み合わせはKindleストアとebookjapanです。

運営会社を見てもAmazonとYahoo!なので、結構最強の組み合わせだと思います。

タケシ!タケシ!

よろしければ、当サイトで運営している月にビジネス書30冊分(購入すると約30,000円)の要約を配信しているインスタグラムもどうぞ! 大好評の人気記事は下記のリンクから♪

人気記事電子書籍買うならどこが良い?おすすめ電子書籍ストア19選を徹底比較