【オーディオブックで英語学習】無料サイトとおすすめ本を紹介!!

「オーディオブックを英語学習に活用したい!」
「おすすめの英語オーディオブックが知りたい!」
「無料の英語オーディオブックサイトを知りたい!」

英語のオーディオブックは洋書をナレーターが読み上げてくれるので、英語学習と相性がいいです。
リスニング教材としては海外ドラマや教材CDよりも選択肢がはるかに多いので、自分に合う教材が見つかれば高い効果が見込めます。

今回はオーディオブックで英語学習をするなら絶対に利用したい、無料サイトとおすすめオーディオブックを紹介します。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
洋書は聴くに限る、オーディオブックマニアのタケシ!(@takeshi_audio)です。

僕自身もオーストラリアへの留学経験がありますが、リスニングは英会話にとって最大の壁といってもいいです。
英語を文法的に理解したり、単語を沢山覚えても意味がないと、実際にネイティブと会話をしてみて実感しました。

英語が聞き取れる英語耳を作るには、とにかく沢山の英語を聞くしかない。
そのための英語教材としてオーディオブックは最高で、オーディオブックの英語教材への活用は多くの英語の学習者や指導者が取り入れています。

この記事では誰でも良質な英語教材としてのオーディオブックを入手できるように、マニアが厳選した無料サイトとおすすめ本を紹介しています。
実は英語教材を手に入れるのに、そんなにお金をかける必要はないんですよね。

それでは参ります!!

オーディオブックが英語学習に効果的な理由

英語のオーディオブックは洋書を聴いて楽しむだけではなく、英語学習の教材としても使えます。
オーディオブックが英語学習に効果的な理由は主に次の5つです。

  • いつでもリスニングができる
  • 豊富なラインナップ
  • 読むよりハードルが低い
  • 再生速度の調節が可能
  • プロの発音は聴きやすい
  • テキストが手に入る

オーディオブック以外にも音声教材はありますが、オーディオブックの方が無料でも有料でもより沢山の選択肢があります。
英語の音声教材の中でもオーディオブックのメリットは頭一つ抜けています。

5つの理由について簡単に解説していきます。

いつでもリスニングができる

オーディオブックはスマホアプリで再生できるので、スマホを持ち運べば場所を選ばずにどこでも英語リスニングができます。
英語の学習は継続が大切なので、ちょっとした隙間時間に聴けるオーディオブックは便利です。

例えば移動中などの隙間時間に英語のオーディオブックを聞けます。
毎日の通勤・通学時間などがオーディオブックを利用すると、英語学習の時間に変わります。

豊富なラインナップ

英語のオーディオブックは世界中で作られているので、コンテンツの量は多いです。
Amazonが運営するオーディオブックサービスのAudibleだけでも50万冊以上はあります。

Audibleの洋書ラインナップ

英語教材に付属してくるような音声教材は数も少ないし、再生時間も短いです。
オーディオブックなら世界中で配信されているので、豊富なラインナップの中から好きな教材を選んで学習できます。
しかも再生時間が10時間を超えるようなオーディオブックも沢山あるので、コスパにも優れています。

読むよりハードルが低い

洋書を普通に読むよりはオーディオブックで聴いた方が圧倒的にハードルが低いです。
英語学習のよくある話で、「洋書を1冊読み切ったら自信がついて能力が飛躍的に向上した」というのがあります。

確かに英語で書かれた洋書を最後まで読めれば自信にはなるでしょうが、大半の人は途中で挫折します。
ですがオーディオブックなら比較的容易に洋書を1冊読破できます。
同時に英語が聞き取れる耳が育っていくので、洋書を読むならまずはオーディオブックから始めましょう。

再生速度の調節が可能

オーディオブックを聴くアプリでは再生速度の調節機能が、デフォルトで備わっている場合が多いです。
ゆっくりにしたり、早くしたりと再生速度を調節できれば、自分が聞き取れる適切な速度でリスニングができます。

再生速度が調節できる

例えばAudibleの場合0.5倍速から3.5倍速の間で再生速度を調節できます。
英語の場合に使うのは0.5倍速から1.5倍速くらいです。
まずは通常の速度で聞いてみて、自分のレベルに合った速度に調節して、英語をしっかりと聞き取りましょう。

プロの発音は聴きやすい

英語のリスニングをするなら良質な音源を選ばなければいけません。
聴いた音源で耳が出来上がっていくので、粗悪な発音ばかりを聴いていると、綺麗な英語を使えるようになりません。

その点オーディオブックはプロのナレーターが朗読しているので、発音も綺麗な良質な教材になります。
また、プロのナレーションはゆっくり聴きやすいので、英語の初学者でも比較的利用しやすいのもオーディオブックの良さです。

テキストが手に入る

英語オーディオブックを教材に選ぶと確実にテキストが手に入ります。
オーディオブックには元となる書籍が必ずあるので、学習の過程でテキストが欲しくなった時にいつでも手に入るのは便利です。

オーディオブックのテキスト

リスニングの勉強では海外ドラマや海外映画を聞く人もいますが、難点としてはテキストが手に入らないことです。
何度聞いても聞き取れない箇所があったり、間違った聞き取りをしたりするので、英語学習では意外と上級者向けです。

電子書籍が普及しているので日本にいても簡単に洋書のテキストが手に入ります。

英語オーディオブックの選び方

英語オーディオブックは英語学習に最適ですが、自分にあった本を選べるとさらに効果的な学習ができます。
自分にあった英語オーディオブック選び方は次の通りです。

  • 自分に合ったレベルの本
  • 聴いていて面白い本
  • 内容を知っている本

英語オーディオブック選びで1番大切なのは自分に合ったレベルの本を選ぶことです。
洋書で勉強となるとカッコつけて難し本を選びたくなりますが、グッと抑えて自分が聞き取れる範囲で選びましょう。

聞き取りやすい本としては子供向けの本や物語です。
物語は聞いていても楽しいので、自分の好きな作品を選んでみるのもいいでしょう。
結局楽しくなければ学習は続きません。

また、英語オーディオブックを聞き取りやすくする工夫として、ある程度内容を知っている本を選ぶのが良いです。
例えばハリー・ポッター なんかは映画を見た人ならストーリーをイメージしやすいので、格段に英語を聞き取りやすくなります。

タケシ!タケシ!

これから紹介する英語オーディオブックは、3つの選び方に沿った作品を紹介しています。

無料の英語オーディオブックサイト8選

それでは無料の英語オーディオブックを配信しているサイトを8つほど紹介していきます。
無料サイトについては次の8つを知っておけば完璧です。

  • Libri Vox
  • Naropa Poetics Audio Archive
  • Maria Lectrix
  • Storynory
  • Light Up Your Brain
  • Internet Archive
  • Loyal Books
  • Open Culture

おすすめのサイトはダントツでLibri Voxです。
Libri Voxは世界最大級の無料オーディオブック配信サイトなので、英語学習に必要なオーディオブックは全て揃います。

そのほかのサイトはマニアックなので必要に応じて利用してみて下さい。
例えばStorynoryやLight Up Your Brainは、子供向け教材を配布しているサイトです。

あとLoyal BooksやOpen CultureはLibri Voxなど他のサイトのオーディオブックを転載してまとめています。
サイトには広告が貼られていて、ボランティアが作成したコンテンツで金儲けしてるのが好きではないですね。

タケシ!タケシ!

Loyal Booksを推奨しているサイトがありますが、違法な感じがするし僕は好きじゃないですね。一応紹介しておきますが、皆さんの判断で利用して下さい。

関連記事【特別公開】オーディオブックを無料で聴く4つの裏技を教えます!

Libri Vox

LibriVoxのHP

世界最大の無料オーディオブック配信サイト

Libri Voxは39の言語で数万冊以上のオーディオブックを配信する、世界最大の無料オーディオブック配信サイト。
著作権が切れたクラシック作品が中心で、日本でも有名な作品がボランティアの手で日々オーディオブック化されています。
英語の無料オーディオブックの配信数もNo. 1なので、英語学習目的であればLibri Voxを利用するのが最善の選択です。

サイトもシンプルな作りで使いやすい。
オーディオブックを作品や作者、言語、カテゴリーごとに探せるので、欲しいオーディオブックが簡単に見つかります。

有名な作品なら同じ作品でも色んなナレーターが朗読を担当しているので、自分の耳にあったオーディオブックが探せます。

ラインナップ1万作品以上章分け
再生方法ストリーミング、ダウンロード探しやすさ
言語の数39の言語テキスト

▶︎Libri Voxでオーディオブックを聴く 

Naropa Poetics Audio Archive

Naropa Poetics Audio Archiveの画像

コロラド州Naropa大学の講義を無料で聴ける

アメリカ文化に関連するようなオーディオブックが無料で配信されています。
正直なところ英語学習では使うことはないでしょう。

アメリカのコロラド州にあるNaropa大学のアーカイブプロジェクトなので、オリジナルの貴重な音源が無料で聴けます。
Naropa大学で行われた朗読、講義、公演、セミナー、パネル、ワークショップの音源として配信されています。
無料で大学の講義が聴けるようなものなので目的に合えば最高のサイトです。

オーディオブックの内容としては詩人や作家についての講義など、文化的な内容の音源がたくさんあります。
800作品以上もあるのでぜひ興味がある方は聞いてみて下さい。

ラインナップ約800作品章分け×
再生方法ストリーミング、ダウンロード探しやすさ
言語の数英語のみテキスト×

▶︎Naropa Poetics Audio Archiveでオーディオブックを聴く 

Maria Lectrix

Maria Lectrixの画像

カトリック教徒や教えについて知りたい人向け

カトリックの教えや関連する物語を中心にオーディオブックを配信しているサイト。
宗教色が強いサイトですが、オーディオブックは短編小説などもあるので、英語学習に使えそうなものもあります。

作品数は100以上あるのでコンテンツ量的には十分です。
カトリックなど宗教関係に興味がある方はぜひのぞいてみて下さい。
短編の物語で英語学習をしながらカトリックの教えなどを知り、教養を深めることができます。

ラインナップ100作品以上章分け
再生方法ストリーミング、ダウンロード探しやすさ
言語の数英語のみテキスト×

▶︎Maria Lectrixでオーディオブックを聴く 

Storynory

Storynoryの画像子供向けの無料オーディオブックを配信

子供向けの学習教材として無料でオーディオブックを配布しているサイト。
サイトの目的としては子供向け学習教材の提供ですが、子供向けのコンテンツは日本人でも聴きやすいので英語学習教材としても使えます。

簡単な単語で書かれた短編の物語が中心なので、英語初心者にはもってこいの教材です。
また、音源はサイト上に埋め込まれておりテキストも掲載されているので、ダウンロードなどしなくてもサイトを訪れるだけで英語学習ができます。
もちろん音源のダウンロードも可能です。

ラインナップ100冊以上章分け
再生方法ストリーミング、ダウンロード探しやすさ
言語の数英語のみテキスト

▶︎Storynoryでオーディオブックを聴く 

Light Up Your Brain

Light Up Your Brainの画像

個人運営で子供向け無料オーディオブックを配信

Chuck Brown氏が個人で運営する子供向け学習教材の配信サイト。
子供向け学習教材の一部として、Chuck Brown氏本人が朗読する短編のオーディオブックが配信されています。

コンテンツ量としてはそれほど多くはないですが、個人運営のクオリティとしては本当に素晴らしい
サイト上ではオーディオブックを聴きながらテキストも一緒に読めるので、英語学習に最適です。

英語初心者の方は上記で紹介した「Storynory」と合わせて使うといいでしょう。

ラインナップ約30程度章分け×
再生方法ダウンロード探しやすさ
言語の数英語のみテキスト

▶︎Light Up Your Brainでオーディオブックを聴く 

Internet Archive

Internet Archive

世界最大級のマルチメディアのアーカイブ

インターネット上に無料公開されているコンテンツをまとめている、世界最大級のアーカイブサイト。
コンテンツの1つとしてオーディオブックも扱われています。

今まで紹介してきたLibri VoxやNaropa Poetics Audio Archiveなどのオーディオブックがまとめられています。

コンテンツ量は世界最大ですが、アーカイブ用にデータを集めているサイトなので、使い勝手はあまり良くないです。
英語学習のために利用するのであれば、直接Libri Voxなど元のサイトを利用したほうがいいでしょう。

ラインナップ約2万冊章分け
再生方法ダウンロード、ストリーミング探しやすさ
言語の数10以上の言語テキスト×

▶︎Internet Archiveでオーディオブックを聴

Loyal Books

Loyal Booksの画像

オーディオブックと電子書籍のまとめサイト

インターネット上で無料で公開されているオーディオブックと電子書籍をまとめているサイト。
オーディオブックと同じページにテキストも用意されているので、利便性は高いほうです。

しかし、サイト上には広告が多数掲載されており、ページをクリックすると画面に広告が表示されたりと煩わしい。
誤クリックの誘導が激しいので使い勝手は最悪です。

まとめると、Libri Voxなどボランティアが作成したコンテンツをまとめて広告を貼っているサイトです。

ラインナップ1万冊以上章分け
再生方法ダウンロード、ストリーミング探しやすさ
言語の数10以上の言語テキスト

Open Culture

Open Cultureの画像インターネットにあるコンテンツの集まり

Loyal Booksと同様にネット上で公開されている無料のオーディオブックをまとめています。
こちらのサイトも広告が激しいので使い勝手は悪いです。

オーディオブックを無料で配信している大元のサイトが「非営利、広告なし」を掲げています。
利用するかどうかは皆さんにおまかせします。

ラインナップ1万冊以上章分け
再生方法ダウンロード、ストリーミング探しやすさ
言語の数10以上の言語テキスト

おすすめの英語オーディオブック9選

それでは英語学習者におすすめの英語オーディオブックを紹介していきます。
紹介するオーディオブックは初級者向けと上級者向けの2つに分け、それぞれ5作品を紹介していきます。

初級者と上級者の基準は次の通りです。

  • 初級者:TOEIC220〜469
  • 上級者:TOEIC470〜

ざっくりとTOEICでD評価である220〜469を初級者、C評価以上となる470〜を上級者としました。
初級者と上級者の基準を見て分かる通り、TOEICスコアが低めの英語初心者の方でも聴けるようなオーディオブックを選んでいます。

TOEICで高得点を獲得しているような方は、評価関係なく自分の好きな本を聴いて、さらに英語の能力を向上させて下さい。

タケシ!タケシ!

あくまで基準ですので、自分の聴きたいオーディオブックにチャレンジするのも全然良いです。

初級者向けのおすすめ英語オーディオブック

初級者におすすめの英語オーディオブックは次の5つです。

  • ラダーシリーズ
  • The Little Prince(星の王子さま)
  • The Snowman and the Snowdog(スノーマン)
  • Frog and Toad Audio Collection(がまくんとかえるくん)
  • Beatrix Potter: The Complete Tales(ピーターラビット)

比較的簡単な英語が使われていて、子供から大人まで楽しめるような作品を選びました。
日本でも書籍化されている有名な作品ばかりなので、ある程度内容も分かり英語オーディオブックでも聴きやすいです。

特に「がまくんとかえるくん」と「ピターラビット」はコレクション版なので、複数の作品が収録されておりコスパも抜群です。

ラダーシリーズ

ラダーシリーズ
著者作品ごとに異なる
価格750円(会員価格)
再生時間平均1時間程度
ナレーター作品ごとに異なる
制作IBCパブリッシング

英語の多読教材として利用されているラダーシリーズのオーディオブック版です。
ラダーシリーズ では英語のレベルに合わせて使用単語が限定されるので、少しずつレベルアップしながら沢山の本が読めます。

オーディオブックでは多聴という事になりますが、沢山の英文に触れることができるので、リスニング教材としてはおすすめです。
オーディオブック版は1冊1,000円弱するのですが、月額750円のオーディオブック聴き放題で50冊以上聴けます。
とにかく量を意識する多読は月額制の聴き放題と相性抜群です。

30日間の無料体験もあるのでぜひ利用してみてください。
オーディオブック聴き放題はアプリ限定のサービスなので、PCよりもアプリからの登録が簡単です。

オーディオブック (audiobook.jp) - 耳で楽しむ読書アプリ

オーディオブック (audiobook.jp) – 耳で楽しむ読書アプリ

OTOBANK Inc.無料posted withアプリーチ

The Little Prince(星の王子さま)

The Little Princeの画像
著者Antoine de Saint-Exupery, Richard Howard – translator
価格1,750円(会員価格)
再生時間 1時間59分
ナレーター Humphrey Bower
制作Bolinda Publishing Pty Ltd

英語版「星の王子さま」のオーディオブック版です。
世界中の言語に訳されている大人気の物語は、英語でオーディオブック化されています。

「星の王子さま」は子供・大人問わず誰もが聞いたことのあるタイトルです。
大人になってから読むと普通の楽しい物語ではなく、「人間の性質」を問われているようで考えさせられます。
「一番大切なものは目には見えない」は名言中の名言。

作品自体は子供向けの本なので、分かりやすい英語が使われていてオーディオブックでも聴きやすいです。
再生時間は2時間もあるので聞き応え十分で「星の王子さま」の世界観を満喫できます。

The Snowman and the Snowdog(スノーマン)

The Snowman and the Snowdogの画像
著者Raymond Briggs
価格560円(会員価格)
再生時間11分
ナレーター Benedict Cumberbatch
制作Penguin Books Ltd

日本では「スノーマン」や「ゆきだるま」というタイトルで、児童向けの絵本として親しまれています。
表紙になっている「スノーマン」のキャラクターを一度は見たことがあるでしょう。

主人公の少年がスノーマンと冒険する短編の物語です。
特に難しい単語も出てこないので英語初心者でも簡単に聴けます。
再生時間も11分と短くサクッと聴けるので、オーディオブックを使った英語学習の入門用の教材としてぴったりです。

Frog and Toad Audio Collection(がまくんとかえるくん)

Frog and Toad Audio Collectionの画像
著者Arnold Lobel
価格1,190円(会員価格)
再生時間 1時間29分
ナレーターArnold Lobel
制作HarperAudio

誰もが子供の頃に目にしたことがある「がまくんとかえるくん」のオーディオブック版です。
日本で有名な話としては「ふたりはともだち」があります。

「ふたりはともだち」を含む次の4つの話が収録されています。

  • Frog and Toad Are Friends
  • Frog and Toad All Year
  • Frog and Toad Together
  • Days with Frog and Toad

どれも優しい口調で聞き取りやすい英語なので、リスニングの入門用英語教材として使いやすいです。
絵本を読みながらオーディオブックを聞いてみると、より英語のイメージがつきやすいくなります。

Beatrix Potter: The Complete Tales(ピーターラビット)

Beatrix Potter: The Complete Talesの画像
著者Beatrix Potter
価格1,050円(会員価格)
再生時間 4時間13分
ナレーターAndrew Scott, Patricia Routledge – introduction
制作Audible Studios

日本でも絵本や児童書で有名な「ピーターラビット」シリーズの生みの親ビアトリクス・ポターの作品集です。
「ピーターラビット」を含めた23の物語を収録したコレクション版
再生時間は4時間越えの大ボリュームですが、短編集なので1つの物語は大体10分程度で聴けます。

また、「Beatrix Potter: The Complete Tales」の良さはテキストが安いところにもあります。
Audibleの購入ページではKindle版も購入できますが、テキストはわずか110円です。
テキストも安価で手に入るシャドーイングなど英語学習に使いやすい、コスパ抜群のオーディオブックとなっています。

上級者向けのおすすめ英語オーディオブック

上級者におすすめの英語オーディオブックは次の4つです。

  • Harry Potter and the Philosopher’s Stone(ハリーポッターと賢者の石)
  • Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)
  • The 7 Habits of Highly Effective People(7つの習慣)
  • 1Q84(村上春樹の小説)
  • Sapiens(サピエンス全史)

上級者向けの作品は日本人でも知っているような作品を中心に、英語学習込みで楽しめたり勉強になるものを選びました。
特にハリーポッターは定番の英語オーディオブックなので、好きな人は全シリーズ原作で読破してみて下さい。

Audibleには洋書のオーディオブックが50万冊以上もあり、英語の作品の数も膨大なので色々と探してみましょう!!

Harry Potter and the Philosopher’s Stone(ハリーポッターと賢者の石)

Harry Potter and the Philosopher'sの画像
著者J.K. Rowling
価格2,365円(会員価格)
再生時間9時間33分
ナレーターStephen Fry
制作Pottermore Publishing

誰もが知っている「ハリーポッターシリーズ」は全巻オーディオブック化されています。
Audibleのオーディオブックランキングでも、全世界でTOP10に入る大人気のオーディオブックです。

映画を見た事がある人ならキャラクターやストーリーをイメージしやすいので、英語オーディオブックでも聴きやすい。
英語オーディオブック選びで困ったらハリーポッターで間違いなしです。

原作では映画では描かれていない細かい部分まで楽しむ事ができるので、映画ファンは一度読んでいただきたい。
『ハリー・ポッター』をオーディオブックで聴く!【全巻あります。】」にて全巻紹介しているのでハリポタ好きはご覧ください。

Steve Jobs(スティーブ・ジョブズ)

Steve Jobsの画像
著者Walter Isaacson
価格1,750円(会員価格)
再生時間9時間18分
ナレーター Dylan Baker
制作Simon & Schuster Audio

アップルの設立者スティーブ・ジョブズの伝記もオーディオブック化されています。
伝記ではあますが、ビジネス書・経営書に分類される本なので、英語リスニングの入門者には難しい内容です。
その分学びは多いので、世界的経営者であるスティーブ・ジョブズのマインドを身に付けたい人は聴いてみると良いでしょう。

この本は、ジョブズ本人に対して2年間に渡り40以上のインタビューを行い作られています。
また、ジョブズ以外にも100人以上の家族や友人などにもインタビューを行ない、ジョブズという人物の深い部分まで掘り下げています。

インタビューが多めなので普通のビジネス書よりも聴きやすいです。

The 7 Habits of Highly Effective People(7つの習慣)

The 7 Habits of Highly Effective Peopleの画像
著者Stephen R. Covey
価格2,380円(会員価格)
再生時間13時間4分
ナレーター Stephen R. Covey
制作Simon & Schuster Audio

日本でも自己啓発本・ビジネス書の定番として読み継がれている「7つの習慣」の英語オーディオブックです。
「7つの習慣」は世界中で読まれている書籍なので、原作を英語で読んでみる価値はあります。

日本版では「7つの習慣」は2回書籍化されており、日本の時代背景や社会状況に応じて翻訳が異なる部分があります。
完訳版の「7つの習慣」は原作に忠実に翻訳しているとされていますが、怪しい部分もなくはないです。

「7つの習慣」のエッセンスを完璧に吸収したいのであれば、英語で原作を読むのに越したことはないでしょう。

Kindle Unlimitedにテキストがあるので、合わせて読むと理解しやすいです。

1Q84(村上春樹の小説)

1Q84の画像
著者Haruki Murakami, Jay Rubin (translator), Philip Gabriel (translator)
価格3,430円(会員価格)
再生時間46時間45分
ナレーター Allison Hiroto, Marc Vietor, Mark Boyett
制作Audible Studios

日本を代表する小説家である村上春樹の小説「1Q84」が、英語でオーディオブック化されていました。
「1Q84」は日本語版がオーディオブック化されていません。
「1Q84」をオーディオブックで楽しみむなら、英語オーディオブックを聴いてみましょう。

村上春樹さんの作品は日本語でも読むのが難しいと言われる事があるので、英語で聴き取れるのはかなりの上級者です。
ある程度は他の英語オーディオブックを聴いてみて、理解できたのなら挑戦してみて下さい。
英語の方が日本語よりもシンプルに表現されることがあるので、読む人によっては英語の方が分かりやすいという現象があるかもしれません。

Sapiens(サピエンス全史)

Sapiens
著者Yuval Noah Harari
価格2,940円(会員価格)
再生時間15時間17分
ナレーターDerek Perkins
制作HarperAudio

日本でもビジネス書大賞を受賞して話題となった書籍「サピエンス全史」も英語の原作がオーディオブック化されています。
人類の歴史を振り替えりながら「人とは何か」「幸せとは何か」を考えさせられる書籍です。
歴史書でありながら内容はとても面白く、過去の考え方など内容を吸収していくと高いレベルの教養が身につきます。

ユヴァル・ノア・ハラリ氏の著作は過去を語る「サピエンス全史」以外にも現在を語る「ホモ・デウス」や未来を語る「21 Lessons」も全て英語でオーディオブック化しています。
ユヴァル・ノア・ハラリ氏のオーディオブックを英語で楽しめるようになれば、英語耳は完全に出来上がりです。
歴史書でこれほど面白い本はないので、ぜひオーディオブックでチャレンジしてみて下さい。

無料で英語のテキストを手に入れる方法

オーディオブックを利用して英語学習をしていると、音源と一緒にテキストも欲しくなります。
単語の確認やシャドーイングにテキストは欠かせません。

Libri Voxのような無料で英語オーディオブックを配信しているサイトでは、必ずテキストへのリンクがあります。
なぜなら、大半の場合は著作権が消滅したパブリックドメイン作品をオーディオブック化しているからです。
オーディオブックがあれば、電子書籍を無料で配信しているサイトもあります。

もし見つからない場合は次の2つのサイトをチェックしてみてください。

Project Gutenbergは海外版の青空文庫みたいなサイトなので、このサイトを探せば大抵の場合は見つかります。

洋書も聴き放題対象

また、Audibleで英語のオーディオブックを購入した場合には、Kindle Unlimitedでテキストを配信している場合があります。
日本でKindle Unlimitedに登録した場合でも、大量の洋書が聴き放題に含まれます。

英語オーディオブックの選び方として、Kindle Unlimited対象作品の中から英語オーディオブックを探すのも良いでしょう。

タケシ!タケシ!

テキストが欲しければ簡単に電子書籍が手に入る。なんて良い時代なんでしょう。

オーディオブックを使った英語学習方法

オーディオブックを利用した英語学習方法の基本はシャドーイングです。
テキストを読みながらオーディオブックを聴いて、一言一句発音を真似ていきます。

オーディオブックを使った英語学習(シャドーイング)では、次の3つを意識しましょう。

  • 少しずつレベルを上げる
  • 無理して長く聴かない
  • 学習を続けること

オーディオブックで聴いた方が普通に本を読むよりも簡単とはいえ、自分のレベル以上の英語は理解できません。
自分に合ったレベルのオーディオブックを聴いて徐々にレベルを上げていきましょう。
この記事で紹介している初級者向けのオーディオブックを参考にしてみて下さい。

また、オーディオブックはながら聴きができるので、ついつい長く聴いてしまいますが、分からない状態で長く聴くのはやめましょう。
分からない場所を聞くのであれば、せめて同じ部分をリピートして耳に発音を覚え込ませてください。

そして1番大切なのは続けること。
毎日ガッツリ学習する必要はありませんが、最低でも1日1回はオーディオブックを再生しましょう。

タケシ!タケシ!

継続は力なり!英語学習は習慣化が命です。

まとめ・感想 オーディオブックで英語学習せよ!

オーディオブックはこれからの英語学習のスタンダードです。
英語のオーディオブックをガンガン聴いて、喋って英語学習を続けていきましょう。

無料のサイトはLibri Voxを使い、オーディオブックは子供向けの簡単な本から聴きましょう。
そして英語力が上がったら、ネイティブのように好きなオーディオブックを聴いて楽しんで下さい。

タケシ!タケシ!

よろしければ、当サイトで運営している月にビジネス書30冊分(購入すると約30,000円)の要約を配信しているインスタグラムもどうぞ! 大好評の人気記事は下記のリンクから♪

人気記事『ハリー・ポッター』をオーディオブックで聴く!【日本語・英語】