impression?a_id=1634088&p_id=170&pc_id=185&

「読書習慣を身に付けたいけど、なかなか集中できない」
「読書を習慣化すると、どんなメリットがあるの?」

僕も生まれてから20年間は読書嫌い人間として生をまっとうしてきました。
ダラダラと大学生活をしていく中で「流石に勉強しなければまずい」と思い立ち、読書を習慣化しました。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
読書嫌いを克服して、年間300冊を読破しているオーディオブックマニアのタケシ!(@takeshi_audio)です。

今回は読書嫌いだった僕が、読書を習慣化するために編み出した3つのポイントを紹介します。

また、読書を習慣化したら得られるメリットについても簡単に紹介しているので、習慣化のモチベーションにして下さい。
読書の習慣化はとにかく続けることを意識するのが一番大切です。

それでは参ります!

読書のハードルをとにかく下げる

読書習慣がなかなか身につかない理由としては、読書を難しく考えすぎるのも原因。
習慣として続けるためには、とにかくハードルを下げまくりましょう。

読書のハードルを下げるための具体的な方法は以下の5つです。

  • 1日10分を目標にしてみる
  • 別に最後まで読みきらなくても良い
  • つまらなければ別の本を読む
  • 本の要約を読む
  • オーディオブックを利用する
タケシ!タケシ!

僕も始めはそうでしたが、読書をしようと決意すると「今日は本を1冊読み切るぞ~」みたいに謎のモチベーションで、無駄にハードルを上げがちです。
結果的には、1冊読みきれずに挫折するか「時間がない」と言い訳を始めます。

1日10分読めれば1冊読みきるのは余裕

人間は行動を起こすまでが1番大変です。
例えば学校の宿題とかは、面倒くさくてなかなか始められないけど、始めてしまえば平気で1時間くらい集中して取り組めましたよね。

読書も同じで「よし!10分だけ読もう!!」と始めれば、1時間くらいは余裕で読書が続くはずです。
習慣化したいのであれば、とにかくハードルを下げて始めやすくしましょう。

本は初めから最後まで読むルールがあるわけではないので、目次を見て好きな部分を読んで良いんです。
つまらなければ本を閉じて、別の面白い本を読めば良いだけ。

とにかくハードルを下げて続けることを意識して、気軽に読書を楽しみましょう。

それでも読書を続けるのが難しいと感じるなら、「【読書が続かない理由を教えます】対策と簡単な読書術を紹介!」も参考にしてみて下さい。

読書のハードルを下げるサービスも増えている

1つの手段として、読書のハードルを下げるサービスを利用するのもありです。

最近では読書のハードルを下げるサービスも登場しています。
僕がおすすめするのは以下の2つ。

  • flierのように10分で読める要約本を利用
  • オーディオブック(Audibleaudiobook.jp)で音楽感覚で読書

flierのように本の要約を提供するサービスでは、ビジネス本を中心に1冊の本を10分で読める程度に圧縮してくれます。
要約だけでも十分な本もありますし、要約で興味が湧いてから購入するのもいいでしょう。

オーディオブックは音楽を聴くのと同じ感覚で、本の朗読が聴けます。
Audibleなら無料で1冊もらえるキャンペーン
をやっているので、初めての利用にはおすすめです。
通勤通学の隙間時間に気軽に読書ができるのでおすすめです。

タケシ!タケシ!

オーディオブックはイヤホンをつけて再生するだけなので、読書のハードルは格段に下がります。

強制的に読書をする環境を作る

読書習慣がうまく定着しない人は、強制的に読書をしなければいけない環境を作ってしまうのが効果的です。

僕がおすすめの方法は2つ。

  • たくさん本を買ってお金を使ってしまう。
  • SNS等を利用して周りに本を読むと宣言する。

お金や周囲への影響力を利用して、自分を追い込んで読書を強制しましょう。

たくさん本を買ってお金を使ってしまう

強制的に読書習慣をつけたいなら思い切って一気に10冊くらい買ってしまいましょう。
お金に換算すると1万円~2万円ほどですね。

人の心理はとして得をするよりも、損をしたくない時の方が行動を起こしやすいです。
「せっかく1万円分も本を買ったのに読まないともったいない」という状況に自分を追い込むわけです。

今でも僕は自分を追い込んで読書をしている部分があります。
下記は僕が利用している定額の読書関係のサービスです。

合計すると月1万円は課金しているので、「元を取るぞ~!」と隙間時間があれば読書をしています。
(他にも単品で本を買っているのですが…)

SNS等を利用して周りに本を読むと宣言する

「これから本を読みます。」と、周りに宣言するのも自分を読書に追い込むに効果的です。
宣言しておいて何もしなかったら、「嘘つき」呼ばわりされて社会的信用をなくすので、読書をせざる負えないわけですね。

SNSで発信する様子

ポイントとしては「本を読みます。」だけではなくて、「本を読んで感想を発表します。」と、言うこと。
「本を読みます。」「1冊読み終わりました。」なんて、いくらでも嘘つけるので、読んだ上で感想を発表するところまで踏み込みましょう。

SNSだけではなくて友達や身内に宣言するのもいいと思います。

タケシ!タケシ!

SNSを利用する際に読書垢を作るのもいいでしょう。
Twitter上には読書垢が高くさんあるので、読書仲間がたくさんできます。
絡んでいる人が多いほど読書宣言の効果は増していきますので、積極的に仲間を見つけにいきましょう。

本を読む場所を工夫してみる

読書に集中できない・続かない人は、思い切って外に出かけてみるのがおすすめです。
僕も読書は家ですることが多いですが、家の中には誘惑が非常に多いですよね。

テレビやゲーム、漫画など楽しいアイテムがたくさんあるので、読書をしないで遊んでしまうことも多いはず。
読書に集中したいのなら、誘惑のない外で読書できる場所に出かけましょう。

外で読書する時におすすめの場所は以下の5つです。

  • カフェ
  • 図書館
  • ネットカフェ
  • ジム・ランニング
  • 公園

静かで座れる場所であれば、家よりも集中して読書ができます。
オーディオブックを利用すれば、運動中でも読書ができるのでおすすめです。

読書におすすめの場所については「【読書家が厳選】読書におすすめの場所を紹介します。」にて詳しく解説しています。

読書を習慣化して良かった3つのメリット

僕が読書嫌いから読書家になって、本当に良かったなと思った3つのメリット、をお伝えできればと思います。

  • 国語力が身についた
  • 常にレベルアップできる
  • 単純に楽しみが増えた

細かい良かったことを上げるときりがありませんが、上記3つが人生を変えるレベルで最高です。

国語力が身についた

読書を習慣化してからは文章の理解や文章を書く力、つまり国語力が飛躍的に向上しました。
僕が全く読書をしていなかった時代には、日本語であっても全く内容が理解できない本が多かったです。
本当に日本語なのかってくらい理解できずにいました。

挫折した人

ですが読書を習慣化していくうちに「この本難しいな~」と思っていた本も、スラスラと理解できるようになったんです。

読書のベースとなる国語力が向上したことで、読書スピードが上がり色々な本に挑戦できるようになりました。
国語力が鍛えられるには読書しかないので、読書の習慣化は超おすすめですよ。

常にレベルアップができる

本ほど濃厚な知識が詰まっているものは、この世にはないので、読めば読むほど知識のアップデートで自分のレベルアップを実感できます。
読書をすれば頭が良くなると言っても過言ではないでしょう。

僕は基本的にオールジャンルで本を読みますが、1番成長を時間できるのは、「今取り組んでいる事」に関連する本を読んだ時です。

例えば僕はブログを運営しているので、文章術やコピーライティング、心理学など役に立ちそうな本を集中的に読んでいます。
本を読んで「あっこれは使えるかもしれない!」と思ったら、直ぐに実践しているんです。

本を読んでアウトプットを繰り返す事で、確実にできることが増えていくいきます。

タケシ!タケシ!

「おすすめの本は?」とよく聞かれますが、今一生懸命に取り組んでいることに使える本がおすすめです。

単純に楽しみが増えた

習慣化も言い換えれば趣味が1つ増えるようなものです。
読書という楽しみが人生に追加されるので、僕は読書を全くしていなかった頃よりも確実に幸福度が上がっています。

前述した通り、本を読んでレベルアップできるのも楽しいですし、小説はエンターティメントとしての楽しみもあります。

ふらっと本屋に立ち寄って「面白い本はないかなぁ~」と探している時間も、1つの楽しみです。

タケシ!タケシ!

読書習慣を続けていき、本を読む生活が当たり前になってくると、一気に楽しさが倍増していきますので、頑張って続けてみて下さい!

読書が苦手でも読みやすい本を紹介

読書を習慣化するためにも、まずは簡単な本から読むのがおすすめです。
気合いを入れすぎて難しい本から読み始めて、直ぐに挫折してしまうのはよくある失敗。

読書が苦手な人でも読みやすい本を3冊ほどチョイスしたので参考にしてみて下さいね。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え


200万部を突破した自己啓発本の金字塔です。

200万部も読まれているのは内容も素晴らしいのですが、読みやすさも理由の1つ。
対話形式で書かれているので、難解な表現も少なく初心者でも読みやすいです。

「幸せに生きるとは何か」という、誰もが共通して考えている内容を扱った本。
前向きに自由な生き方のヒントを教えてくれます。

自分を操る超集中力

created by Rinker
¥1,540 (2020/10/26 23:11:57時点 Amazon調べ-詳細)

メンタリストDaiGoさんのベストセラー本です。
動画配信でも科学的知識を配信しているメンタリストDaiGoさんですが、本も非常に分かりやすく書かれています。

最近では出版する書籍が軒並みベストセラーとなっているのも、読みやすいので普段読書しない層を取り込みているからです。
自分を操る超集中力以外にも、メンタリストDaiGoさんが書かれている本は初心者におすすめ。

オーディオブックも人気で、2018年と2019年の2年連続でAmazon Audibleで最も聴かれたオーディオブックに選ばれていますよ。

死神の精度

created by Rinker
¥612 (2020/10/26 23:11:58時点 Amazon調べ-詳細)

僕が大好きな伊坂幸太郎さんの作品です。
小説でおすすめを紹介してくれと言われたら、いつもこ伊坂幸太郎さんの作品の名前を出します。

伊坂幸太郎さんの作品は、ユニークなキャラクターや設定が多いので非常に読みやすいと思います。

死神の精度は死神の仕事を描いた短編集なので、長編に慣れていない人でもサクッと読みやすいです。
短編集であっても話にちょっとした繋がりがあるので、飽きずに連続して読めますよ。

まとめ・感想 習慣化できれば最高に楽しいですよ!

読書始めたばかりの頃は集中力も続かずに、辛いと思います。

頑張って続けていくと、楽しくなる分岐点が現れるので、そこからは自然と読書が生活に馴染んでいきます。
ぜひ読書を習慣化して読書家としての道を共に歩もうではありませんか!!(笑)

人気記事読書のメリットを総まとめ!16の素晴らしい効果を大公開!!
運営メルマガ『毎日30秒書評!~心に響く本の言葉~』