超簡単に分かる「7つの習慣」の概要!【要約型感想で解説】

「7つの習慣ってどんな内容なのか?簡単に概要を知りたい!」
「世界的名著らしいけど、7つの習慣って結局なんなの?」

「7つの習慣」は20世紀に最も影響を与えたビジネス書1位で、全世界4,000万部以上を売り上げている伝説的名著です。
僕は学生時代に「7つの習慣」を始めて手に取ったのですが、本が分厚くて全部読むことができませんでした。

そこから数年が経ち、読書家として沢山のビジネス書を読んだ後にもう一度読んでみると、内容に感激しました。
スキルやテクニックではなく人格を育てるべきという、スティーブン・R・コヴィー氏の主張は、今なお僕の人生を変え続けています。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
「7つの習慣」は人生のバイブル、タケシ!(@takeshi_audio)です。

僕は読書が好きでビジネス書も沢山読んできました。
「7つの習慣」には、本で学べるスキルやテクニックは応急処置で、使う人間の人格が伴ってこそ意味がある、という主張が書かれています。
僕は「7つの習慣」を読んだ後に、何も反論ができませんでした。

今では「成長するための方法論」や「お金を稼ぐテクニック」を学ぶ前に、まず「7つの習慣」を読んで人格主義の大切さを学ぶべきと思っています。

この記事では「7つの習慣」の魅力をより多くの人に伝えるために、概要を簡単にまとめています。
「7つの習慣」の根幹となる考え方をまとめているので、どんな本なのかイメージが付きやすいです。

「7つの習慣」の名前は聞いて事があるけど、実際に読んだ事がない人はぜひ目を通してみて下さい。
あなたの人生を変える名著であると気づけるはずです。

この記事を書いている人
読書ブロガー/本スタグラマー
タケシ
タケシの画像
年間300冊以上の本を読む読書家。電子書籍ストアやオーディオブック配信サービスを40社以上レビューしてきた読書ブロガー。読書情報ブログ「AudioBook Mania」の運営の傍、複数のウェブメディアでライターとして活躍中。認定ランサー。詳しいプロフィールはこちら

「7つの習慣」の簡単な概要

人格を育てる

「7つの習慣」の概要は、個性主義を排して人格主義を大切にする事
個性主義で大切にされるのは、スキルやテクニックばかりです。
しかし、より良い人生を送るためには、小手先にスキルやテクニックではなく、人格を育てていかなければいけない。

自分が成長するために、ビジネス書を買い漁ったり、セミナーに参加したりするのは間違っていると、著者スティーブン・R・コヴィー氏は語ります。
それでは、スキルやテクニックは身につくが人格を育てる事が出来ない。
スキルやテクニックを身に付けても、扱う人間の人格が未熟ならあまり意味がありません。

特に完訳版の「7つの習慣」では副題に「人格主義の回復」と付けて、人格主義の大切さを一層強調しています。

「7つの習慣」を簡単に紹介

習慣が人生を作る

「7つの習慣」ではタイトル通り、1〜7までの習慣が紹介されており、順番に習得する事で人格を育てます。
個性主義的な本では、本の中から必要なスキルやテクニックを学びますが、「7つの習慣」では全ての習慣を身に付けるのがゴールです。

「7つの習慣」の概要は次の通りです。

  • 《第1の習慣》主体的である
  • 《第2の習慣》終わりを思い描く
  • 《第3の習慣》最優先事項を優先する
  • 《第4の習慣》win-winを考える
  • 《第5の習慣》理解に徹し、理解される
  • 《第6の習慣》シナジーを創り出す
  • 《第7の習慣》刃を研ぐ

「7つの習慣」は大きく分けて3つのグループに分かれます。
「第1の習慣〜第3の習慣」と「第4の習慣〜第6の習慣」、第7の習慣です。

3つのグループを順番に習得していき、最終的な人格を形成します。
会社や組織で「7つの習慣」を応用する場合には、「第4の習慣〜第6の習慣」を先に教える事もあるそうです。

「7つの習慣」を簡単に解説

成長の階段をのぼる

「7つの習慣」で学ぶ3つのグループについて簡単に解説していきます。
概要は次の通りです。

  • 「第1の習慣〜第3の習慣」:私的成功
  • 「第4の習慣〜第6の習慣」:公的成功
  • 「第7の習慣」:自分の価値を高める

私的成功の習慣で自分の内面を磨き、公的成功の習慣で周りとの付き合い方を学びます。
公的成功で周りの人間との相互依存関係を構築するためには、私的成功で自分の内面の人格を鍛える必要があります。
他者と付き合うためには、まず自分を育てる必要があるのです。

そして「第7の習慣」では自分の価値をさらに高めていきます。
肉体と精神、知性、社会・情緒の4つの項目を鍛える事で、他の「6つの習慣」全てを成長させるのです。
「第7の習慣」で今まで鍛えてきた習慣の力を一気に底上げするイメーシです。

オーディオブック版『7つの習慣』の詳細

7つの習慣
著者スティーブン・R・コヴィー(著),フランクリン・コヴィー・ジャパン(翻訳)
価格audiobook.jp:2,420円
Audible:1,750円(会員価格)
再生時間audiobook.jp:19時間48分
Audible:4時間4分
ナレーターaudiobook.jp:茶川亜郎
Audible:スティーブン・R・コヴィー, 帆世 雄一
出版社audiobook.jp:キングベアー出版
Audible:Audible Studios

オーディオブック版の「7つの習慣」は、audiobook.jpとAmazon Audibleで販売されています。
Audible版は要約バージョンなので、「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」が聴けるのはaudiobook.jpのみです。
audiobook.jpでは2020年に100ページ分加筆した30周年記念版も発売されています。

また、audiobook.jpの「7つの習慣」には音声特典が付いてきます。
「7つの習慣」を日本で教えている、フランクリン・コヴィー・ジャパンの副会長が、「7つの習慣」の読み進め方を教えてくれます。
得点を先に聴いてから読み始めると「7つの習慣」の理解度がグッと高まります。

そのため「7つの習慣」をオーディオブックで聴くなら、audiobook.jpがおすすめです。
「7つの習慣」は分厚い本なので、挫折した事がある人も多くいるかと思います。
オーディオブックならながら聴きで簡単に読むことが出来るので、ぜひ「7つの習慣」にチャレンジしてみて下さい。

紙本・電子書籍版「完訳 7つの習慣 人格主義の回復」

「7つの習慣」の紙本・電子書籍版です。

「7つの習慣」の関連書籍

「7つの習慣」には補足や更に深く学ぶための関連書籍がいくつかあります。
中でも「7つの習慣」の著者であるスティーブン・R・コヴィー氏が書いた次の2作品は正統な続編・補足です。

  • 完訳 第8の習慣 「効果性」から「偉大さ」へ
  • 7つの習慣最優先事項

全てオーディオブック化されているので、「7つの習慣」を深く学びたい人は読んでみて下さい。

完訳 第8の習慣 「効果性」から「偉大さ」へ

7つの習慣最優先事項

7つの習慣 演習ノート

「7つの習慣―成功には原則があった!」

7つの習慣 ティーンズ

セルフ・リーダーシップ (7つの習慣 コヴィー博士の集中講義シリーズ)

まとめ・感想 「7つの習慣」で人生が大きく変わる

僕は多くの本を読んできましたが、「7つの習慣」ほど人生を変えるような本に出会う事は稀です。
30年以上前に出版されたとは思えない程、現代人に読んでもらいたい1冊です。

ビジネス書やセミナーYoutube動画などスキルやテクニックを学ぶ機会に溢れている現代ですが、人生を変えている人ってそんなに多くいません。
「7つの習慣」を読むと、その答えが分かります。

現在人は圧倒的に人格を学ぶ機会がないのです。
だからこそ高額な情報商材を購入して、搾取されて何も人生変わらない人が続出しています。

本を読んでも動画を見ても変われなかった人は、「7つの習慣」を読み込んでみて下さい。
あなたの人生が大きく動き出します。