hontoの評判を独自調査しちゃいました!【3つの大型書店と連携】

hontoは紙の本と電子書籍のハイブリット型総合書店です。
電子書籍ストアとしての規模的にはAmazonと楽天Koboに続く、国内でも最大級のウェブ上の書店となっています。

差別化として、3つの大型書店(丸善、ジュンク堂書店、文教堂)と連携しているのが、唯一無二の特徴です。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
紙の本にも良さはある、ハイブリット型読書人のタケシ!(@takeshi_audio)です。

読書をする人の中には、電子書籍と紙の本をうまく使い分けている人も多いはず。
hontoのように、どちらの形式の本も手に入るストアは非常に利便性が高いです。

ウェブ上のストアで紙の本を購入した時、手元に届くまでには、配送の関係上時間がかかります。
どうしても早く欲しい時には、書店に出かけるのがベストの選択肢ですが、そんな時に書店と連携しているhontoを使うと、在庫確認や取り置きができるので便利というわけです。

それでは参ります!

honto利用者にアンケートを実施

本記事を作成するにあたって、電子書籍ストア利用者100人にアンケートを行い、hontoがどれだけ使われているのかを調査しました。

また、hontoについてさらに詳しく調べるために、利用者に評判を聞きました。

アンケート結果

電子書籍ストア100人に聞いたアンケート結果(honto強調版)

hontoを利用していると答えたのが100人中7人で、中でも1番よく利用すると答えた方は5人でした。
アンケート結果から、電子書籍ストアとしては9位でしたが、総合電子書籍ストアとしては、Kindleストアと楽天Koboに次ぐ第3位の地位を築いています。

利用者の評判を調査した

hontoを利用している利用者に、下記の3つの点についてついて質問を行い回答を頂きました。

  • hontoを選んだ理由
  • hontoの利用を続ける理由
  • hontoに改善して欲しい点

今回行ったhontoの評判調査と電子書籍ストアのアンケート結果を加味して、この記事ではhontoが選ばれる理由とhontoのデメリット(改善点)をまとめています。

honto利用者の評判を紹介

調査したhontoの評判を一部紹介します。

hontoを選んだ理由
30代女性30代女性

もともと紙媒体が好きで、ずっと本屋で紙の本を購入していました。しかし、本屋に在庫がなく、通販で購入しようとなった時によく行っている本屋との提携の関係からhontoを利用し始めました。取り置きなどもあり便利でしたのでそちらをずっと使っていましたが、だんだんと本を置くところがなくなってをきて、ついに電子書籍を購入するか…となりました。他にも色々なストアがあるのはわかっていますが、hontoを今まで使っていたため、電子書籍を買う際もその延長線上でそのままこちらを利用しています。

40代女性40代女性

実店舗にてhontoカードを作ったことをきっかけに利用を始めました。日本の電子書籍が充実していることと、読み割50という丸善・ジュンク堂・文教堂のhontoポイントサービス実施店にて対象の紙の本を購入した同一タイトルの電子書籍が50%OFFで購入できるシステムがあり、紙でも電子でも欲しい書籍があったので電子書籍サービスもhontoを利用することを選びました。アプリも使いやすく、ポイントサービスやキャンペーンが充実しているところもよいです。

その他の評判一覧
50代女性50代女性

Kindleなどにはない書籍があること。また定期的に電子書籍の割引クーポンがあるのでよく利用しています。実店舗であるジュンク堂が好きでよく購入するのでポイントがたまるのもついでではありますが、お得な感じがします。急いでほしい書籍出ない場合は、クーポンがある期間に購入しています。また実用書などかなりの割引になっている場合、とてもほしい本でなくとも購入してしまうことがあります。気軽にお試しで購入できるのでいいかもしれません。


40代女性40代女性

いつのまにか、hontoに取り込まれていました。毎日のあしあとポイントというサービスでせっせと毎日サイトをのぞくと、皆勤賞だと200円、20回以上だと100円分のポイントがもらえて、確実にもらえるので、やっています。また、たまに全品20%
offのクーポンがでるので、ほしかった昔の漫画、小説などをまとめて購入します。ほんとうにたまにしかこのクーポンはでないのが残念なところです。最近はKindleと併用しています。


20代女性20代女性

定期的に少し古い漫画を対象にしてお得なセールを行っているという点が、非常に私はお得だなと思って使っています。なお品揃えも本当に豊富ですし、何より私はビューワーが使いやすいです。最新刊が入るのも早かったりしますしそういった点でもおすすめです。古い漫画作品に対して私は定期的にまとめ買いをすることも多いです。そういった際にセールが行われているのでかなりお得に買うことができます。まとめ買いに非常に重宝しています。


30代男性30代男性

定期的に20%オフクーポン券が配布されるので漫画の新刊やビジネス関連の電子書籍をまとめで購入する時に使ってます。また色々と配布されてる割引クーポンがあるので常時なにかしらの割引で電子書籍が購入できるのもお財布に優しいです。(適用するにはクーポンに記載されてる購入金額を超えるのが使える条件となる)またアフェリエイトプログラムがあるので自分が良いと思った漫画を紹介してサイト閲覧者が紹介した漫画を購入すれば何割かの報酬を貰う事ができるのも他の電子書籍ストアと違うポイントである。


20代女性20代女性

一度、本の通販サイトを探していたときに、上位に現れたのがこのストアだったからです。また、全国の様々な書店とつながっているストアという点が、信用できると感じたため、利用したいと思いました。私は多くのネットショップのように、情報がギッチギチに詰め込まれたゴチャゴチャとしたホームページが苦手なのですが、hontoは今も昔もシンプルで落ち着けるような雰囲気があり、その少し前の本屋さんみたいな雰囲気も気に入りました。


30代女性30代女性

マルゼンの会員のため、ダウンロードして利用しています。以前は会員カードの機能しか利用していませんでしたが、コロナになってから取り置きサービスを利用するようになりました。行きたいお店の在庫を調べることができ、カウンターで取り置きをしてもらえるので、短時間の滞在で済むので大変助かっています。電子書籍は別のサイトを利用中なので、分散してしまうのが嫌で利用していません。一度、本を取り寄せましたが、送料が高かったので、次回からAmazonを利用すると思います。


40代女性40代女性

登録をはじめにした理由は、探していた本の在庫があり、また、よく利用している実店舗につながっているからです。注文をオンラインでしておいて、その後、通勤や出かけた際に直接店舗に行って、そこから受け取ることもできるので、知っているお店に直結しているウェブサイトの方が何かと利用しやすいと思っています。登録というか販売している本の数も、他のサイトなどに比べると多いように思うので、その点でも時間のある時に検索しておけるのが便利だと思っています。


50代女性50代女性

20年以上前から、東京駅・御茶ノ水駅をよく利用していたこともあり、学習参考書の品揃えが豊富な丸善の大型店舗を利用していました。そのうちに、本購入ごとにポイントが貯まるhontoカードというポイントカードを作り、世の中のポイントカードが次々とスマホアプリに移行していったのに合わせて、hontoアプリをダウンロードするに至りました。本屋のポイントカードは他にも2店舗持っていましたが、アプリになる前の公式サイトの使い勝手があまり良くなかったので、hontoのみダウンロードしました。

hontoの利用を続ける理由
30代女性30代女性

もともとは実際に使っている本屋の系列で始まったサービスで、その流れでそのまま利用することになりました。初めは本屋に直接行き、本を買っていたのですが、少し遠いこともあり行きたくても行けない日も多くなりました。そんな時にたまたまそのサービスが始まったことを知り、また店舗に置いておらず取り寄せでしか入手できない本があったために利用を始め、通販で書籍の購入をしていました。取り置きもできますし、何よりたまに本が安くなったりすることがあるので、そのまま継続して利用しています。

30代女性30代女性

ちょくちょく店舗に行くので会員証でポイントを貯めるためです。有効期限があるのと、ポイントを利用する場合、一定のポイント数でないと使えないのが不便ですが、そのほかを除くと概ね満足しています。本屋に行くことが多いのですが、財布の中がかさばるので会員証を持ち歩かないため、スマホのアプリで会員証が提示できるのがありがたいです。またコロナになってから、できるだけ接触を減らしたいので、紙の会員証より、スマホのほうが安心できるため使っています。

その他の評判一覧
50代女性50代女性

上記同様、割引クーポンがあるのはとても良いと思います。これはKindleなどにはないサービスです。また紙の書籍として購入したい本などは店舗を指定して予約し、受取などができるので便利です。やはり本屋さんが好きなので、実店舗で物を見るし買い物もします。その際にポイントもたまるのがいいと思います。マルゼンも文房具などを購入できるので共通ポイントがたまってくるのはついでではありますが、お得な感じがしてよいと思います。Kindleでは見当たらない電子書籍もこちらにはあることがあるのも理由の一つです。


40代女性40代女性

すでにいろいろ漫画・小説を購入して、投資してしまっているので、今更離れられなくなっています。宇宙兄弟という漫画を読んでいるのですが、新しい単行本が出るとお知らせが来るので、ついつい買ってしまいます。スマートフォンで読んでいるのですが、漫画だとタブレットで読みたくなります。4台までは同じアカウントでよめるので、いろいろ使い分けています。HONTOで購入したら、本棚にある本は捨てるようにしているので、すでにもうやめることはできません。


20代女性20代女性

電子書籍サービスを始めたのが比較的早いサイトだったと思いますし、それで長く使用しています。そして品揃えが本当に豊富です。ここが1番だと思います。サイトの使いやすさも年々改善されていますし、ビューワーはもちろんですが、hontoのアプリのお気に入りリストなども使いやすく気に入っています。決済方法も初期の頃と比べ、沢山増えて様々な決済を選べるので、使いやすいサイトです。hontoのカードとつながるサービスも気に入っています。


30代男性30代男性

パソコン・スマートフォン・タブレットと自分が保有してるデバイスで購入した電子書籍が読めるのとGoogleアカウントとhontoのアカウントを連動させたら今読んでる電子書籍のページ箇所を他のデバイスで開いても同じページ箇所を開いてくれるから自分がどこまで読んでる途中だったのかが分かるので色々とデバイスで電子書籍を読む人には使いやすいのと定期的に割引クーポンが配布されるので購入する金額面でも他の電子書籍よりかはお得感が大きいのが継続利用してる理由です。


20代女性20代女性

ホームページがシンプルかつ、優しく静かな雰囲気があるので、見ていて落ち着くから、というのが一番大きな理由です。紙の本か電子書籍かという区分けも分かりやすく、また「紙の本と電子書籍は敵ではなく仲間」というスタンスも気に入っています。探した本に関連して表示される「あわせて読みたい本」の欄も、ただのジャンルとしてではなく、本当に気になる本が表示されたりもするので、かなり重宝しており、それも継続利用している理由のひとつです。


40代女性40代女性

まず、電子書籍の揃えが充実していることが一番の理由です。また、アプリ上で購入済みの本の整理がしやすく、本の閲覧もしやすいところも良いです。そして、シリーズの続巻がでた時やお気に入りの作家の新刊情報のお知らせがあることも、とても便利です。さらに、クーポンやポイントサービス、様々なキャンペーンも充実していることから、他の電子書籍サービスと比べてお得に本を購入することも出来ることから継続して利用しています。


40代女性40代女性

一番大きな点としては、一度会員登録してあるので、改めて個人情報などを登録し直す必要がなく、そのまま利用しやすいからです。そのほかの点としては、先にもあげましたが本の登録数が多くて、検索していても楽しく、その時買わなくてもこういうのがあるんだ、と、欲しい本から派生して検索していること自体を時々楽しんでいたりすることも大きいと思います。あと、電子書籍にも対応しているので、漫画など読みたいけれど、邪魔になるので実物の購入はためらうものにも一つのサイトで対応できる点が大きいです。


50代女性50代女性

足あとポイントというログインすると1日1ポイント貯まり、1カ月のポイント数により翌月翌々月以降に使える割引ポイントや、大抵は電子書籍対象ですが日々様々な5%から20%引きの割引クーポンが魅力で、ついつい毎日アプリを覗くのが楽しみになっているからです。そのお陰で、書籍として買うにはハードルの高い話題の本を、このアプリをきっかけに電子書籍で読むことが多くなりました。特に漫画はかさ張るので電子書籍はありがたいツールです。また、条件はありますが、実店舗で紙の本を購入する時にもポイントが使えるので、お得感がありついつい継続して使ってしまいます。

hontoに改善して欲しい点
30代女性30代女性

大手なだけあり、人気の本がすぐになくなってしまうのが難点です。仕方ないとは思いますが。他にも、発行済みの本と予約のものが知らないうちにまとめて発想になっていたりして、来るのがかなり遅くなったりしたことがあるので、本当にまとめて発送しますか?などの二重確認が欲しいところです。

40代女性40代女性

あしあとポイントの日付変更時刻は朝方の4時になり、ちょっと使い勝手が悪くなりました。皆勤賞をとれなくなってしまいました。12時ころねるので、2日分ポイントを入れる日があったので。ほしい本の新刊が出たとき、メールに築かない時があるので、あしあとポイントの画面で、知らせてほしい。(あの画面はいつもみるので、目に留まるので)実際の店舗で購入した時の支払い金額との連携がいつもうまくとれない。Hontoカードをどうしても忘れてしまう。携帯画面からレジですぐにポイントをつけてくれるとうれしい。もしかしてもうそうなっているのかもしれないが、hontoは電子書籍を読むためのもの、となんとなく思ってしまっている節がある。

30代男性30代男性

選んだ作品を一括でダウンロードできる機能が欲しいです。
読みたい作品をクリックして一括ダウンロードをクリックしてると少し面倒くさい気分になります。

hontoが選ばれる理由

アンケート結果とhontoの利用者への評判調査から、hontoが選ばれる理由をリスト化したので、紹介していきます。

  • 紙の本と電子書籍のハイブリット型総合書店
  • 大型書店と連携している
  • 豊富なキャンペーンで安く電子書籍を購入できる
  • 15,000作品以上の無料本
  • 宅配買取サービスも行なっている
  • ブックキュレーターがブックツリーを作成

紙の本と電子書籍のハイブリット型総合書店

hontoは電子書籍だけではなく、紙の本も取り扱っているハイブリット型の総合書店です。
紙の本と電子書籍を両方取り扱っているストアとしては、Amazon Kindleストアと楽天Koboに並ぶ規模です。

電子書籍と紙の本の使い分け

取扱ジャンルは総合ストアなので、ビジネス書や漫画、実用書、小説、写真集などオールジャンルカバーしています。

hontoのサイト上では電子書籍と本の通販サイトは分けて表示できます。
ですが、検索窓では電子書籍と紙の本の両方を同時に検索可能です。
紙の本と電子書籍の両方を販売している書籍に関しては、商品ページにて、どちらを買うか選択でき、値段の比較もできます。

hontoでは電子書籍と紙の本は敵ではなく仲間というコンセプトで、シーン毎の上手な使い分けを推奨しています。

大型書店と連携している

hontoが連携している大型書店

hontoは全国に店舗を持つ、丸善、ジュンク堂書店、文教堂と連携しています。
提携している店舗では主に次のサービスが受けれます。

  • hontoポイントが貯まる・使える
  • 店舗の在庫を検索できる
  • 店舗で新刊予約や在庫のお取り置きができる
  • 提携店舗の売れ筋ランキング・イチオシ商品
  • 店舗ニュース・イベント情報のチェック

紙の本を扱っているストアの中でもhontoは、実店舗と提携しているので、近くの書店の在庫を確認ができます。
自宅に配送されるのを待つのではなく、お取り置きして店舗に買いに行けるので、すぐに手に入るし便利です。

実際の店舗と提携しているのが、ネット通販限定のAmazonや楽天との大きな違いです。

豊富なキャンペーンで安く電子書籍を購入できる

hontoのセール情報一覧

hontoでは電子書籍を対象にしたキャンペーンを常に行なっているので、対象の電子書籍を安く購入することができます。

セールやキャンペーンはオールジャンルを対象に行われており、特に漫画を対象にしたセールが多い印象です。
「今だけセール」期間限定で電子書籍が割引されており、中には90%OFFの電子書籍もあります。
100円以下作品の中には、一桁の作品もあるので、試しに買ってみるといいでしょう。

また、hontoでは新規会員になると30%OFFクーポンがもらえるので、これからhontoを使おうと思っている人は覚えておいてください。

15,000作品以上の無料本

hontoの無料本一覧

hontoでは15,000作品以上の電子書籍を無料で読むことができます。
無料対象の作品は漫画が中心ですが、ビジネス本や小説など他のジャンルも含まれます。

無料対象の漫画は期間限定で入れ替わっているので、毎日チェックしていると、いろんな漫画を読むことができます。
有名な漫画でも、3巻無料や5巻無料とかが普通にあるので、結構読み応えがあります。

無料作品のページでは、無料の人気作品が注目という形で紹介されています。
作品のタイトルを見る限り、アニメ化やドラマ化など話題になっている作品がフューチャーされていることが多いです。

宅配買取サービスも行なっている

hontoの宅配買取

hontoでは紙の本の宅配買取サービスも行なっています。
といっても、宅配買取はhontoのサービスではなく、ブックオフのサービスです。

hontoの公式サイトからもブックオフの宅配買取に申し込めるという形となります。

ブックオフのオンラインサイトではなく、hontoから申し込みメリットとしては、hontoポイントが貯まる点です。
店舗との連携もそうでしたが、hontoを利用すれば本に関わるサービスがほとんど使えて、ポイントも共通しているのがメリットですよね。

ブックキュレーターがブックツリーを作成

hontoのトップページでも大きく紹介されていますが、hontoのブックツリーでは、専門家がキュレーターとして、テーマに沿った本を紹介してくれます。

hontoのブックツリー

一つのテーマに沿った関連本を提示してくれるので、「この本の次に何を読もう?」という時に便利です。
作者や本のタイトル、キーワードで検索できるので、関連本が探しやすい。

例えば、「一生に一度は読んでおきたい!初心者にもわかりやすい人生の意味を問う哲学書 」というブックツリーには次の本が紹介されています。

  • パイドン 魂の不死について
  • 自省録 改版
  • 方法序説
  • 実践理性批判
  • ラッセル幸福論

哲学書は探してみるとたくさんあるので、初心者向けの本をまとめてくれているこのブックツリーは優秀です。
読んでいる本や気になるキーワードで検索すると、読みたくなる本が見つかるので、ぜひ活用してみてください。

hontoの改善点(デメリット)

ここからはhontoの改善点(デメリット)を紹介していきます。

  • 電子書籍ストア単体で見た場合は微妙
  • 実店舗が生活圏になければ微妙

電子書籍ストア単体で見た場合は微妙

hontoは紙の本と電子書籍のハイブリット型総合書店なので、紙の本の購入や実店舗を活用してこそ、便利な側面があります。

そのため、電子書籍しか買わないような人にとっては、あまりおすすめはできません。

電子書籍を専門にしているストアは、ポイント還元など分かりやすくお得なサービスを提供しています。
例えば、eBookJapanの場合は20%のポイント還元、まんが王国では最大45%のポイント還元などです。

電子書籍、特に漫画しか買わないような場合は、上記で例に挙げた漫画に特化した電子書籍ストアを利用した方が確実にお得です。

実店舗が生活圏になければ微妙

hontoでは3つの大型書店(丸善、ジュンク堂書店、文教堂)と提携していますが、自分の生活圏に書店がない場合は正直微妙です。

家の近くに書店があったり、仕事場の近くにあったりすれば、hontoで取り置きや新刊予約を利用して便利に活用できますが、店舗がなければ何もできません。

丸善やジュンク堂書店、文教堂は確かに誰しもが知っている大型書店ですが、必ずしも自分の生活圏にあるわけではないので注意が必要です。
hontoでは店舗検索もできるので、近くに提携している店舗があるか確認してみましょう。

hontoのアプリ評価

hontoのアプリ評価

hontoのスマホアプリは、App StoreとGoogle Playからダウンロード可能です。
App StoreとGoogle Playのそれぞれの評価は次の通りです(2020年8月現在)。

  • App Store:4.5/5
  • Google Play:4.1/5

App Storeでは15,000件の評価、Google Playでは7,649件の評価を獲得し、どちらも4点を超えているので、評価としては優秀なアプリです。

評価が高いことから分かるように、基本的に使い勝手は良いようで、特別読みにくいようなことはないようです。
アプリの通知に関しては、多めに来るようなので、邪魔に感じるような人であれば、切っておくのがおすすめです。

hontoの支払い方法

hontoで電子書籍や紙の本を購入する際の支払い方法を紹介します。

  • クレジットカード
  • キャリア決済
  • 電子マネー
  • ネット決済
  • 図書カードNEXT
  • 代引き
  • コンビニ払い

電子書籍の購入と通販サイトの利用では、利用できる支払い方法が違うので注意しましょう。
通販サイトではキャリア決済を利用できませんし、電子書籍では代引きやコンビニ払いは利用できません。

クレジットカードさえあれば、電子書籍も通販も両方利用できるのでおすすめです。

honto利用者におすすめできる電子書籍ストア

honto利用者におすすめできる電子書籍ストアを3つほど紹介します。

hontoと同様に電子書籍と紙の本の両方を購入できるストアをピックアップしました。
Kindleストアと楽天Koboは日本のネット通販最大手です。
hontoで実店舗との連携を活用していないのなら、上位互換的な電子書籍ストアなので、おすすめしています。

また、紀伊国屋書店ウェブストアはhontoと同様に、実店舗と連携している電子書籍ストアです
hontoは丸善、3つの大型書店と連携していますが、紀伊国屋書店は含まれていないので、紀伊国屋書店を利用している方は、ウェブストアの利用をおすすめします。

まとめ・感想 電子書籍と紙の本は仲間

hontoでは電子書籍と紙の本は仲間ということで、上手に使い分けて読者ライフを楽しむことを推奨しています。
電子書籍は確かに便利ですが、完全に紙の本がなくなることはないと思います。

僕の場合では現状では電子書籍7割くらいですが、たまにふらっと書店に立ち寄って買い物をしたりします。
欲しい本があり、目的を持って店に足を延ばす時には、事前に在庫確認ができたりするので、便利ですよ!

人気記事【100人に聞いた】おすすめの電子書籍ストア比較ランキングTOP19
運営メルマガ『毎日30秒書評!~心に響く本の言葉~』