Appleのオーディオブック「ibooks」の特徴

ibooksとは?

ibooksとは、スマホのiPhoneシリーズをラインナップしているAppleが提供している電子書籍のことです。
販売されているのはAppleのibooksストアとなり、ここでは小説や漫画などを幅広く取り扱っている電子書籍と、書籍を朗読する声と一緒に楽しむことができるオーディオブックの両方を取り扱っています。

オーディオブック専門ストアとの違い

日本国内でオーディオブックを広く取り扱っているAudiobook.jpやAudibleは、オーディオブックを専門に取り扱うストアなので、そこで購入するコンテンツは、すべてオーディオブックということになります。
しかしibooksの場合には、取り扱っているコンテンツがすべてオーディオブックということではなく、Kindleのような電子書籍も取り扱っているので、オーディオブックを探している人は間違って購入しないように注意したほうが良いでしょう。

オーディオブックの選び方

ibooksストアでオーディオブックを選ぶ方法は、たくさんあります。ibooksストアでは、売れ筋のコンテンツをランキング形式に紹介していますし、ibooksストアのおすすめコンテンツも紹介しています。

ランキングをチェック

他の人達に人気があるコンテンツを聴きたいという人なら、こうしたランキングやおすすめをチェックすれば、幅広くたくさんのジャンルからコンテンツを見つけることができるでしょう。

検索して探す

ibooksストアではまた、ユーザーが読んでみたかった本や、気になる著者の名前でオーディオブックを検索することもできます。
検索の際には、ワードを入力して検索しても良いですし、iPhoneの音声アシスタントをしてくれるSiriに代わりに検索してもらうことも可能です。

ibooksの購入方法

ibooksストアで気に入ったコンテンツを見つけたら、すぐに購入することができます。
オーディオブックはデジタルコンテンツなので、特定の住所に何かが郵送されてくるということはなく、支払いをすれば使っているスマホにそのままダウンロードして聴き始めることができます。

まずコンテンツの確認をしましょう

購入方法ですが、まずは気になるコンテンツを確認することから始めましょう。
似たようなタイトルのコンテンツが複数ある場合があるので、コンテンツのタイトルを正しくチェックすることに加え、オーディオブックの言語、発行元や発売元、発行日、ページ数なども合わせてチェックすることをおすすめします。

また、コンテンツによってはシリーズ化されているものもありますから、シリーズがあるのかどうかという点についてもチェックしておくと後から便利です。

ibooksストアは買い切り

ibooksストアでは、欲しいコンテンツを都度払いで購入する料金システムとなっています。
定額制で聴き放題のようなプランはありません。
コンテンツごとに購入価格が表示されるので、金額を確認して支払いを行います。
スマホのApple IDにクレジットカードの番号が登録されていれば、わざわざクレジットカードの情報を入力しなくてもワンタッチで簡単に購入出来ます。

購入後ダウンロード可能。※wifi推奨

ibooksのコンテンツは、支払いが済み次第速やかにダウンロードできます。
もしもWiFiではなく携帯キャリアのデータアクセスが必要になる場合には、オーディオブックのダウンロードの際にデータアクセスの容量が多くなるため、できれば自宅のWiFi環境を利用するなど、ダウンロードする環境も考えると良いでしょう。

過去に購入したオーディオブックを確認

ibooksストアでは、過去に購入済のオーディオブックをリストアップで表示することができます。
以前どんなオーディオブックを購入したのかがわかるので、ウッカリ同じタイトルのオーディオブックを購入してしまうミスをなくすことができますし、いつでもスマホにダウンロードし直すことができるので、必要な時にサッと聴きたいオーディオブックを聴けるという魅力があります。

ibooksストアを家族で共有している場合

ちなみに、ibooksストアのアカウントを家族で共有している場合には、過去の購入済オーディオブックの表示は、そのアカウントを利用する家族全員の分が表示されることになります。一人一人に分けることはできません。あらかじめ理解しておきましょう。

ibooksの利用料金

Ibooksは、スマホがiOSのiPhoneなら、スマホのアプリとして誰でもダウンロードしてインストールできます。
アプリの使用は完全に無料で、月会費などの料金がかかることはありません。
そのため、とりあえずスマホにibooksをダウンロードしておき、もしも聴きたいオーディオブックを見つけた時には、その都度コンテンツを購入すればよいことになります。

iTunesカードとクレジットカードで払える

もしもiTuneカードのようなプリペイド式のカードをAppleIDに登録しておくと、ibooksのオーディオブック購入料金は、まずこのAppleIDに残っている残高から支払われることになります。
AppleIDだけでは支払えなかった残金は、あらかじめ登録しているクレジットカード、もしくは新しくクレジットカード情報を入力して支払いに利用できます。