【雑誌読み放題】おすすめ比較ランキング10選|利用者が徹底解説!

「おすすめの雑誌読み放題が知りたい!!」

この記事では、雑誌読み放題のサービスを実際に全て使ってみて、おすすめ度をランキング形式で紹介しています。
雑誌読み放題のサービスは10以上ありますが、実際に使って比較してみると、使いたいと思うサービスは2~3つしかありません。

かなり正直にレビューしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いている人
読書ブロガー/本スタグラマー
タケシ
タケシの画像
年間300冊以上の本を読む読書家。電子書籍ストアやオーディオブック配信サービスを40社以上レビューしてきた読書ブロガー。読書情報ブログ「AudioBook Mania」の運営の傍、複数のウェブメディアでライターとして活躍中。認定ランサー。詳しいプロフィールはこちら

おすすめの雑誌読み放題はどれなのか?

おすすめの雑誌読み放題は下記の2つです。

月額料金と雑誌のラインナップにおいて、上記2つのサービスと他のサービスでは、圧倒的に差があります。
そのため、雑誌読み放題を選ぶなら楽天マガジンとdマガジンのどちらかがおすすめです。

サービス内容について、細かい違いはありますが大きな違いはありません。
楽天とdアカウントのどちらを利用しているかで選ぶと良いでしょう。

楽天の方が楽天市場や楽天カードを筆頭に関連サービスが豊富なので、おすすすめ度は高いです。
楽天とdアカウントのどちらも利用していない場合は、単純に価格が安い楽天マガジンを選んで損はないでしょう。

楽天マガジンとdマガジンの比較については「どっちがおすすめ?楽天マガジンとdマガジンを比較!9項目で違いを比べてみた」で詳しく紹介しています。

おすすめ雑誌読み放題ランキングTOP10

おすすめの雑誌読み放題をランキング形式で紹介していきます。
ランキングでは雑誌読み放題のサービスが網羅されていますが、登録する雑誌読み放題を選ぶ時の選択肢に入るのは、3位までです。
4位以下のサービスは、動画や漫画のコンテンツは充実していても、雑誌読み放題のレベルはあまり高くありません。

下記に「おすすめの雑誌読み放題10選」を一覧でまとめましたので、まずはこちらをご覧ください。

サービス名特徴
1位.
楽天マガジン
楽天が運営する業界最安値の雑誌読み放題。
2位.
dマガジン
NTTドコモが運営する老舗の雑誌読み放題。
3位.
ブック放題
雑誌だけではなく、漫画も読み放題のサービス。
4位.
マンガ・雑誌読み放題
漫画・アニメ雑誌が豊富なサービス。
5位.
ブックパス
auの電子書籍ストアが提供。
6位.
Kindle Unlimited
雑誌も読める電子書籍読み放題サービス。
7位.
タブホ
ネット回線などに付帯している場合が多い。
8位.
Yahoo! プレミアム
Yahoo! 系のサービスに恩恵を受けられる。
9位.
FOD PREMIUM
フジテレビの動画配信サービス。
10位.
U-NEXT
国内作品数No.1の動画配信サービス。

1位:楽天マガジン

楽天マガジンの無料体験

サービス名楽天マガジン
月額料金418円
ラインナップ雑誌700種類以上
機能性ダウンロード可能、バックナンバー掲載、マルチデバイス(最大7台)
無料体験31日間
特徴・月額料金が業界最安値
・雑誌のラインナップが豊富
・楽天ポイントが利用できる
・お得な年額プランを利用できる
公式サイトhttps://magazine.rakuten.co.jp/
おすすめの雑誌読み放題ランキングの第1位は『楽天マガジン』。

楽天マガジンは、月額料金が業界最安値で、雑誌の取扱数も豊富です。
加えて、楽天のサービスなので、楽天ポイントが支払いに利用できて便利です。
楽天マガジンの年額プランを利用すると、2ヶ月分以上の月額料金を節約することもできます。

僕も楽天マガジンを利用していますが、アプリのデザインがシンプルで使いやすいところが気に入っています。
毎月の支払いは全て楽天ポイントを使っているので、楽天マガジンを実質無料で利用できており、お得感もあります。

雑誌読み放題サービス選びで迷ったら、楽天マガジンを選んでおけば間違いないでしょう。

2位:dマガジン

dマガジン

サービス名dマガジン
月額料金440円
ラインナップ雑誌1,000種類以上
機能性ダウンロード可能、バックナンバー掲載、マルチデバイス(最大6台)
無料体験31日間
特徴・雑誌のラインナップが豊富
・dポイントが利用できる
・dブックでポイント還元
公式サイトhttps://magazine.dmkt-sp.jp/
おすすめの雑誌読み放題ランキングの第2位は『dマガジン』。

dマガジンは、楽天マガジンよりも少しだけ価格が高いですが、雑誌の取扱数などサービス内容についてはほとんど違いはありません。
2位とした理由は、楽天に比べるとdアカウントの利用者は少ないので、楽天ポイントが利用できる楽天マガジンの方が利便性が高いと判断しました。

同じくdアカウントで利用できる「dブック」では、dマガジン利用者は10%のポイント還元が受けられます。
電子書籍をdブックで購入している方であれば、dマガジンがおすすめです。

僕も実際に利用してみましたが、dマガジン編集部が用意している記事の特集は、色んな雑誌を横断できて面白いと思いました。
ニュースサイトやまとめサイトを見ている人は、きっとハマるサービスだと思います。

3位:ブック放題

ブック放題

サービス名ブック放題
月額料金550円
ラインナップ雑誌500種類以上
漫画35,000冊以上
機能性ダウンロード可能、バックナンバー掲載、マルチデバイス(最大5台)
無料体験31日間
特徴・人気雑誌が読める
・漫画も読み放題
公式サイトhttps://bookhodai.jp/
おすすめの雑誌読み放題ランキングの第3位は『ブック放題』。

ブック放題は、楽天マガジンやdマガジンと比べると100円ほど高い価格帯ですが、雑誌だけでなく漫画も読み放題になっています。
漫画読み放題としても月額料金が安いので、人によっては雑誌読み放題ではなく漫画読み放題をメインとして利用する方もいます。

楽天マガジンやdマガジンほど雑誌の取扱数は多くありませんが、メジャーな雑誌はしっかり網羅しています。
ただ、デザインも含めて雑誌に特化しているわけではないので、雑誌読み放題だけを利用したいのであれば、『楽天マガジン』や『dマガジン』をおすすめします。

僕も実際に利用してみましたが、月額料金に対するコンテンツ量は電子書籍読み放題の中ではトップクラスで、満足度は高いです。
漫画は「カイジ」や「サラリーマン金太郎」など、有名な作品も読めましたが、それなりに古い漫画が多い印象があります。

4位:BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」

マンガ・雑誌読み放題

サービス名BOOK☆WALKER「マンガ・雑誌読み放題」
月額料金832円
ラインナップ雑誌80種類以上、漫画20,000冊以上
機能性ダウンロード、バックナンバー、マルチデバイス(最大7台)
無料体験1日間(プロモーションコード:manga)
特徴・漫画雑誌の取扱数はNo.1
・アニメや声優、ゲーム雑誌が豊富
公式サイトhttps://bookwalker.jp/
おすすめの雑誌読み放題ランキングの第4位は『マンガ・雑誌読み放題』。

漫画雑誌を取り扱っている読み放題としては、最も取扱数が多いです。
「マンガ・雑誌読み放題」を提供しているBOOK☆WALKERがKADOKAWAの電子書籍ストアということもあり、他の読み放題では取り扱っていないKADOKAWAの漫画や漫画雑誌が読めます。

僕も実際に利用してみましたが、アニメ好きには満足できるサービスだと思いました。
アニメ化作品の原作漫画が毎クール特集されていますし、アニメや声優、ゲームの雑誌も読み放題です。

5位:ブックパス

ブックパス読み放題

サービス名ブックパス
月額料金418円
ラインナップ雑誌300種類以上
機能性ダウンロード可能、バックナンバー掲載、マルチデバイス(最大5台)
無料体験30日間
特徴・雑誌以外も読める総合コースがある
・雑誌の取り扱い数が少ない
公式サイトhttps://bookpass.auone.jp/
おすすめの雑誌読み放題ランキングの第5位は『ブックパス』。

ブックパスは『楽天マガジン』と同じ価格で利用できる雑誌読み放題ですが、取扱雑誌数が楽天マガジンに比べて少ないです。
楽天マガジンやdマガジンでは、同じ価格でもっと沢山の雑誌が読めるので、正直、ブックパスに登録する理由がありません。

auのサービスなので、auの携帯を購入した時に無料で付帯するキャンペーンなどがあれば、利用しても良いかとは思います。

6位:Kindle Unlimited

Kindle-Unlimited

サービス名Kindle Unlimited
月額料金980円
ラインナップ雑誌100種類以上
電子書籍200万冊以上
機能性ダウンロード可能、バックナンバー掲載、マルチデバイス(最大6台)
無料体験30日間
特徴・電子書籍全般の取扱いはNo.1
・雑誌読み放題としては利便性が低い
公式サイトhttps://www.amazon.co.jp/kindleunlimited
おすすめの雑誌読み放題ランキングの第6位は『Kindle Unlimited』。

Kindle Unlimitedは電子書籍読み放題として有名ですが、雑誌もラインナップに含まれています。
電子書籍読み放題としては最もおすすめのサービスなのですが、雑誌を読むとなると雑誌の数が少ないので、あまりおすすめできません。
雑誌読み放題の専用アプリもないので、雑誌を読むにあたっては利便性も悪いです。

僕もKindle Unlimitedを長く愛用していますが、雑誌を読むのに利用した記憶はほとんどありません。
Kindle Unlimitedと『楽天マガジン』を併用して、雑誌は楽天マガジンを利用して読んでいます。

7位:タブホ

タブホ

サービス名タブホ
月額料金550円
ラインナップ雑誌900種類以上(ムック本含む)
機能性ダウンロード可能、バックナンバー掲載、マルチデバイス(最大4台)
無料体験1日間
特徴・ネット回線に付帯する場合が多い
・単体で契約はおすすめしない
公式サイトhttps://www.optim.co.jp/tabuho/
おすすめの雑誌読み放題ランキングの第7位は『タブホ』。

タブホは、スマートフォンやインターネット回線とセットで販売されることが多いサービスですが、単体で登録するメリットはありません。
公式サイトの取り扱い雑誌数の表記は多いのですが、古いムック本などもすべてカウントされており、実際に購読できる雑誌は200誌程度です。加えて価格も高い。

スマートフォンやインターネット回線で登録した場合でも、割引期間や無料期間が過ぎたら解約し、楽天マガジンやdマガジンへの乗り換えを強くおすすめします。

8位:Yahoo! プレミアム

Yahoo! プレミアム

サービス名Yahoo! プレミアム
月額料金508円
ラインナップ雑誌110種類以上
機能性ダウンロード、バックナンバー、マルチデバイス(最大5台)
無料体験最大6ヶ月
特徴・Yahoo! 系のサービスがお得になる
・野球やバスケの生配信も無料
公式サイトhttps://premium.yahoo.co.jp/
おすすめの雑誌読み放題ランキングの第8位は『Yahoo! プレミアム』。

Yahoo! プレミアムは、「PayPay」や「Yahoo!ショッピング」、「ヤフオク!」など、Yahoo! 系のサービスで恩恵を受けられる月額サービスです。
豊富にある特典の一つに雑誌の読み放題も含まれています。

僕の場合は、ebookjapanで電子書籍を購入しているので、20%のポイント還元を受け取るために登録しています。
また、PayPayクーポンも貰えるので、毎月月額料金以上のリターンを受け取っています。

9位:FOD PREMIUM

FOD PREMIUM

サービス名FOD PREMIUM
月額料金976円
ラインナップフジテレビ作品、FODオリジナル作品
雑誌150種類以上
機能性ダウンロード可能
無料体験2週間
特徴・フジテレビ作品が見放題
・電子書籍購入時に20%ポイント還元
公式サイトhttps://fod.fujitv.co.jp/
おすすめの雑誌読み放題ランキングの第9位は『FOD PREMIUM』。

FOD PREMIUMは、フジテレビの動画配信サービスですが、追加料金なしで雑誌読み放題も利用できます。
取扱雑誌数が多い訳ではありませんが、動画配信サービスのオマケとしては十分満足できるラインナップです。

10位:U-NEXT

U-NEXT

サービス名U-NEXT
月額料金2,189円
ラインナップ動画210,000本以上
雑誌110種類以上
機能性ダウンロード可能、マルチデバイス(最大4台)
無料体験31日間
特徴・見放題作品数国内No.1
・電子書籍購入時に40%ポイント還元
・毎月1,200円分のポイント配布
公式サイトhttps://video.unext.jp/
おすすめの雑誌読み放題ランキングの第10位は『U-NEXT』。

U-NEXTは見放題作品数国内No.1の動画配信サービスですが、追加料金なしで雑誌読み放題も利用できます。
FOD PREMIUMと同じく、動画配信サービスのオマケとして雑誌読み放題が利用できますが、U-NEXTは月額料金も高額なので、雑誌読み放題ももっと充実したラインナップにしてほしいところです。

毎月1,200円分のポイントが貰えるので、実質は月額1,000円と捉えることも出来ますが、動画や電子書籍を購入が前提となってしまいます。

雑誌読み放題のよくある質問

雑誌読み放題のよくある質問を集めました。

Q1. 雑誌をオフラインで読むことはできますか?

A1. 雑誌読み放題では専用アプリにダウンロードすることで、雑誌をオフラインで読むことができます。

このページで紹介したサービスは、全てオフラインに対応しています。

Q2. 複数端末で共有して利用することはできますか?

A2. マルチデバイスに対応しているサービスであれば、複数端末で共有して利用できます。

サービスによって何台のデバイスで同時に利用できるか制限が異なりますが、このページで紹介した全てのサービスは複数端末に対応しています。
1つの契約で家族で共有して利用することもできます。

Q3. 雑誌の発売日に最新刊が追加されますか?

A3. サービスによって異なりますが、大抵の場合は読み放題であっても発売日に追加されます。

雑誌の種類によっては配信日がずれている場合もあります。

Q4. バックナンバーを読むことはできますか?

A4. サービスによって異なりますが、バックナンバーを読むことができます。

ただし、バックナンバーを読める期間には制限があり、直近数ヶ月分などしか読めない場合が多いです。

Q5. PCでも雑誌を読むことができますか?

A5. ブラウザで公式サイトにログインすることで、PCでも雑誌を読むことができます。

ただし、アプリ専用の機能もあるので、アプリと全く同様の使い方ができるわけではありません。

読み放題対象外の雑誌は定期購読が安い

近年、雑誌読み放題のラインナップ数は増加していますが、どうしても読めない雑誌はあります。
そんな場合には、Fujisan.co.jp(https://www.fujisan.co.jp/)で定期購読がおすすめです。

Fujisan.co.jpは日本最大級の品揃えを誇る、雑誌のオンライン書店です。
雑誌をネットで購入する場合には、AmazonよりもFujisan.co.jpの方がお得に買えます。

Fujisan.co.jpで雑誌を定期購読すると下記の限定サービスが受けられます。

  • 最大半額の割引
  • 限定の特典(付録)
  • 送料無料

定期購読を始めると、初めの数ヶ月は半額で、その後も割引価格で利用できます。
また、定期購読に申し込むと、下記のような限定の特典が貰えます。

雑誌の定期購読の特典

取り扱い雑誌数は10,000種類以上なので、Fujisan.co.jpで手に入らない雑誌はないです。
書店には無いような雑誌も取り扱っているので、紙媒体の雑誌を購入したい人は是非利用してみて下さい。

1位〜3位は無料体験でお試しを!

おすすめ雑誌読み放題ランキングTOP10」で紹介した『楽天マガジン』『dマガジン』『ブック放題』は、それぞれ無料体験が利用可能なサービスです。
雑誌読み放題を利用する場合は、基本的にこの3つのサービスのいずれかになるので、3つとも無料体験してみることをおすすめします。

実際にサービスを利用することで、それぞれの細かな違いも分かってくるはずです。
特に楽天マガジンとdマガジンは、価格やラインナップの面で差別化が難しいので、実際に試してみるのが一番でしょう。

なお、期限内に退会すれば完全無料で利用できるので、雑誌読み放題に興味がある方は、まずは無料体験をしてみてください。