impression?a_id=1634088&p_id=170&pc_id=185&
このページではオーディオブックをMP3で聴く方法を紹介しています。

皆さんはオーディオブックは何で聴いていますか?
ほとんどの方は購入したサービスのアプリで聴いているかと思います。

  • AudibleであればAudibleアプリ
  • audiobook.jpであればaudiobook.jpアプリ

しかしアプリが対応していない別の端末でオーディオブックを聴きたい時には、mp3形式のファイルが欲しいところですよね。
特にAudibleはmp3ダウンロードに対応していないので困ってしまいます。

ですので
「mp3でオーディオブックを聴くメリットがあるのか?」
「Audibleをmp3で聴く方法はあるのか?」
という疑問に対して詳しく追求していきたいと思います。

それではmp3でオーディオブックを聴く方法を詳しくみていきたいと思います!

オーディオブックを聴くのにmp3が必要?

書籍を読み上げてくれるオーディオブックは、アメリカをはじめイギリスやフランスなどではビジネスマンを中心としてかなり以前から利用されています。
オーディオブックは耳だけを使って読書ができるという、画期的なスタイルが高い評価を生み出しています。
電子書籍のように目を酷使することがありませんし、一般の書籍のように両手が塞がれるということもないのです。

オーディオブックをmp3でダウンロードするメリット

Audibleやaudiobook.jpでオーディオブックはmp3でなくても、アプリやPCで楽しめるので必要性を感じない人もいますが、いくつか利点もあります。

オーディオブックをmp3利点を紹介します。

  • 自分の好きなアプリで再生することができる
  • mp3が再生できる端末全てを利用できる
  • CDに焼いたりできる
  • 一部編集したりできる(個人的な利用に限る)

軽く思いついただけでも4つあるので、オーディオに詳しい人はもっと活用方法が思いつくと思います。
とにかくオーディオブックをmp3としてダウンロードするのには一定の価値があるのです。

Amazon Audibleはアプリとストリーミングでしか再生できない

Audibleホームページ

市場にさまざまなオーディオブックのサイトがある中、amazonのオーディオブック「Audible」などは40万以上もの豊富な蔵書数を誇ることから、オーディオブック好きから厚い支持を集めています。
しかし、実は今のところどの端末でも自由に聴けるというわけではありません。

日本でAudibleがスタートしたのは2015年のことで、少しずつ対応端末の幅は広がっているようですが、 Audible の商品にはDRM (デジタル著作権管理)の制限がかけられています。
そのためAudibleアプリでしか聴くことができないのです。

audiobook.jpならmp3でダウンロードして聴ける

audiobook.jpの画像

日本ではAmazon Audibleと同じく、オーディオブックで大きなシェアを誇っているaudiobook.jpではmp3形式でダウンロードして聴くことができます。

audiobook.jpでも専用のスマホアプリが用意されていますが、iTunesのような音楽プレイヤーなど自分の好きな環境でオーディオブックを楽しめます。

そもそもオーディオブックを聴くのに必要なmp3って何?

まずはmp3についてですが、これは音響データを圧縮することで容量を小さくする技術のことです。
例えばCD10枚分の音楽もmp3によって1枚のCDに収めることができます。
また、mp3という技術によって作成した音声ファイルフォーマットのこともmp3ファイルといいます。

音声ファイルの保存形式はたくさんある

例えばパソコンを使ってCDの音声を取り込もうとするとき、保存形式を聞かれるのが普通です。
その保存形式に、「FLAC」「WAV」などと共に「mp 3」があるのでチェックしてみましょう。

形式をmp 3と選択しておけば、容量が少な目で非常に扱いやすいというメリットを享受できます。
これにより、スマホでも再生することが可能となります。
オーディオブックもmp3の技術を使って圧縮させることで、より使い勝手が良くなるわけです。

Amazonでも英語サイトのオーディオブックはOK

前述したように、AmazonAudibleはどれでも好きな端末で聴けるというわけではありません。
といっても、他国語に対応したAmazonサイトは違います。
英語版のサイトであればかなりたくさんの端末を使ってオーディオブックの視聴は可能です。
スマホアプリでしか聴けないのは日本のAudibleの場合に限られているといって良いようです。

日本ではAudibleアプリが必須になってしまう

日本のAudible では、

  • iOSデバイス(iPhoneやiPadなど)
  • Android端末
  • PC(Windows10)
  • Macのストリーミング再生

などには対応していますが、残念ながら今のところはKindle端末などでは聴くことができませんし、mp3プレイヤーでの再生もできません。
他にも、iTunesSpotifyといった音楽専用アプリでも聴くことはできません。
前述したようにDRM制限があることから、Audibleアプリが必要なのです。

Audibleでmp3に変換する方法はあるの?

Audiblemp3に変換する方法は、ネットを検索してみるといくつかあることがわかります。
しかし、どれも合法的なやり方ではないでの手を出すのはやめておきましょう!

個人で「DRMを解除」したところでほぼほぼバレないので法的に裁かれることはないでしょうが、推奨はしません。
個人的にはルールを破ってコンテンツを楽しんでいると、後ろめたさが残って本当の意味で楽しめないと思います。

Audible公式でmp3ダウンロードに対応するのを待ちましょう!!

【追記】Audibleに返品・交換がある限り不可能かも

Audibleには返品・交換ができる会員特典がありますが、この特典がある限りmp3ダウンロードは実現できないと思います。

理由としては、mp3でダウンロードができたら返品が成り立たないからです。
現在はアプリとストリーミング再生のみでオーディオブックが聴けるから返品・交換ができていますが、mp3は好きなだけコピーができるので返品なんて成り立たないですよね。

返品・交換は買い物に失敗しなくなる利便性の高いサービスなので、mp3とどちらを取るかは難しいですね。

まとめ・感想 mp3で欲しかったらaudiobook.jpを利用しましょう!

いかがだったでしょうか?
やはりAudibleユーザーはmp3でのダウンロードを待ち望んでいる人も多いでしょう。

ですがAudible公式で推奨していないやり方を使うのは辞めておきましょう。
公式でmp3ダウンロードができるようになるまで、大人しくaudiobook.jpを利用して楽しんでおきましょう!