オンスク.JPの評判を徹底解説!【資格に合格できるか検証】

「お金を掛けずに資格を取得してキャリアアップがしたい!」
「オンスク.JPで資格に合格できるのか?評判を知りたい!!」

社会人のキャリアアップや就活に役立つといえば、やっぱり資格の取得です。
僕も学生時代に法学部で学んでいた時には、法律関係の検定や資格の取得の為に勉強を重ねていました。

僕は大学という学びの場がありましたが、学ぶ環境がない人が資格を取得するとなれば通信講座や独学という選択を取ることになります。
仮に通信講座を受講するとなれば、数万円以上かかるので本当に大きな出費です。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
実は法学部卒で検定取得に青春を注いでいた、タケシ!(@takeshi_audio)です。

オンスク.JPは月額980円という破格の安さで、資格講座が受け放題の学習サービスです。
僕が知る限りオンスク.JP以上に安い資格学習サービスはありません。
果たして安く利用ができるオンスク.JPでも資格に合格することができるのか、法学部卒の僕が徹底検証していきます。

結論を先に言うと、オンスク.JPでも資格に合格することは可能です。
しかし、レベルが高い資格の取得を目指すのであれば、オンスク.JPの学習だけでは到底不可能だと思います。

オンスク.JPだけに頼るのではなく、資格学習を進めていくための一つのツールとして捉えるのが良さそうです。
それでは参ります!!

この記事を書いている人
読書ブロガー/本スタグラマー
タケシ
タケシの画像
年間300冊以上の本を読む読書家。電子書籍ストアやオーディオブック配信サービスを40社以上レビューしてきた読書ブロガー。読書情報ブログ「AudioBook Mania」の運営の傍、複数のウェブメディアでライターとして活躍中。認定ランサー。詳しいプロフィールはこちら

オンスク.JPの利用がおすすめな人

僕が実際にオンスク.JP(https://onsuku.jp/)で資格講座を受講して、利用をおすすめするのは次のような方々です。

  • 格安で資格試験の勉強をしたい人
  • 資格に必要な基礎知識を学びたい人
  • 隙間時間を有効活用して資格勉強をしたい人

オンスク.JPの1番の売りは安さにあります。
例えば通信講座で有名なユーキャンでも、資格試験の講座が用意されていますが、一つの講座を受けるだけでも5万円前後します。
一方でオンスク.JPは月額980円で資格講座を受講し放題なので、格安で資格勉強をしたい人に向いています。

また、オンスク.JPの講座のレベルですが、簡単な資格試験であればオンスク.JPのみでも合格は十分可能です。
ですが、行政書士試験のようにレベルの高い国家試験を受けるのであれば、オンスク.JPのみで合格するのは不可能に近いでしょう。

レベルの高い資格に挑戦するのであれば、オンスク.JPは基礎知識の勉強や復習に使うのが効果的です。
講座は短く区切られているので、隙間時間に資格の勉強ができます。

タケシ!タケシ!

ビジネススキルなど資格関係なく汎用性の高い講座もあるので、スキルや教養を高めたい人が利用してもいいと思います。

オンスク.JPの講座内容

オンスク.JPで受講できる講座の内容は主に次の3つです。
講義動画は資格の学校TACのノウハウが凝縮されているので、資格試験に特化した専門的な教育が受けられます。

  • 教材(テキスト、スライド、音源)
  • 講義動画
  • 問題演習

学習の流れとして、は教材と講義動画を使って学習を進めていき、問題演習で復習を兼ねたテストを行います。
この基礎学習→テストという流れを繰り返して学習を進めます。

講義は10分〜15分の間の短い動画にまとまっているので、細かいセクション毎に学習ができます。
講義動画については下記のサンプル講座を見て頂くのが分かりやすいです。

タケシ!タケシ!

問題演習は過去問を分析して作られているようですが、問題量が十分ではありません。
万全の状態で資格試験を受けるなら、自前でも過去問集を購入しておく必要があるでしょう。

学習サポート機能

オンスク.JPには学習をサポートする機能がいくつかあります。
講義と共に利用できる学習サポート機能は次の通りです。

  • 動画のしおり
  • 再生速度変更
  • 画質変更
  • 教材のダウンロード
  • キーワード検索
  • 学習管理機能
  • マイノート機能
  • みんなの学習相談
  • 学習カルテ

まず講義動画に関しては、保存した場所から再生ができる「しおり機能」や再生速度を最大2倍速まで調整できる「再生速度変更」、講義動画の画質が変更できる「画質変更」という機能がついています。
動画学習に関してはストレスなく、取り組めるシステムが整っています。

動画関連の機能

また、講義で配られる教材(テキスト、スライド、音源)はダウンロードができるようになっています。
教材や講義動画をキーワードで一括検索して探せる「キーワード検索」を一緒に使うと便利です。

ダウンロード機能と学習管理機能

学習管理機能ではカレンダーやグラフで学習の進捗状況を確認することができます。
試験日や学習終了日を設定することで、学習のペースを調整可能です。

タケシ!タケシ!

このあと紹介しますが、「マイノート機能」と「みんなの学習相談」、「学習カルテ」を利用して、資格勉強をしている仲間と繋がることができます。

オンスク.JPの講座一覧

オンスク.JPで受講できる47講座の一覧です。
数は少ないですが、資格対策関係なくスキルを習得できる講座もあります。

講座名難易度資格対策
行政書士5.0
社会保険労務士5.0
ビジネス実務法務検定2級3.0
ビジネス実務法務検定3級2.0
日商簿記3級3.0
知的財産管理技能検定3級3.0
誰でも簡単!財務諸表の読み方1.0
宅建(宅地建物取引士)4.0
宅建ポイント~覚えよう!重要数字~4.0
マンションマエストロ検定2.0
FP2級(ファイナンシャルプランナー)3.0
FP3級(ファイナンシャルプランナー)2.0
証券外務員二種3.0
税金のきほん1.0
インテリアコーディネーター2.0
国内旅行業務取扱管理者3.0
世界遺産検定3級2.0
あなたと見たい!夜景
販売士3級3.0
秘書検定2級 3級2.0
サービス接遇検定 準1級 2級1.0
衛生管理者2.0
危険物乙42.0
気象予報士5.0
誰でも簡単!ビジネス統計学2.0
誰でも簡単!スプレッドシート実務1.0
ITパスポート3.0
誰でも簡単!ネットワーク入門1.0
誰でも簡単!Webページ制作 JavaScript入門1.0
誰でも簡単!Webページ制作 HTML&CSS入門1.0
すぐに話せる中国語1.0
HSK2級1.0
HSK3級2.0
誰でも簡単!ボールペン字1.0
きもの文化検定5・4級2.0
数学検定3級3.0
論理的思考力を磨く数学1.0
登録販売者3.0
デスクワーカー必見!健康のきほん1.0
家庭料理技能検定3級1.0
ワインソムリエ1.0
日本酒のきほん1.0
アロマテラピー検定1級 2級3.0
時短でキレイ!オフィスメイク1.0
色彩検定2級3.0
色彩検定3級2.0
パーソナルカラリスト検定3級2.0
タケシ!タケシ!

世界遺産検定3級やワインソムリエは資格関係なく受講してみたのですが面白かったです。
全て受講し放題なので、資格勉強の気分転換に面白そうな講義をのぞいてみて下さい。

オンスク.JPの料金プラン

オンスク.JPには機能制限のある「ウケホーダイ ライト」と全機能が利用できる「ウケホーダイ スタンダード」の2つがあります。
ライトとスタンダートの違いは次の通りです。

 
ライト
スタンダード
月額料金
980円
1,480円
教材ダウンロード
×
キーワード検索
×
問題演習
問題演習(復習・特別)
×
マイノート投稿
みんなの学習ノート閲覧
×
みんなの学習相談
学習カルテ

受け放題の対象となる講義の数は、ライトとスタンダードで違いはありませんが、ライトは最低限の機能しかありません。
特に教材(音源やスライド)のダウンロードが出来ない事と問題演習の復習が出来ないのは致命的です。

問題演習の復習では間違った問題や苦手な問題を登録しておけるので、後から復習する時に便利です。
特殊な問題演習は、一部の講座で実装されている特殊な問題形式の事で、「簿記3級講座」と「社会保険労務士」、「行政書士講座」では必須の機能となります。

タケシ!タケシ!

僕はライトで利用を始めたのですが、不便すぎて直ぐにスタンダードに変えました。
資格の合格に支障をきたすレベルで機能が違うので、利用者の多くはスタンダードを選択しています。

オンスク.JPのデメリット

実際にオンスク.JPを利用してみて感じたデメリットは次の通りです。

  • レベルの高い資格はオンスク.JPだけでは無理
  • 別途で過去問や問題集を購入する必要がある
  • メンテナンス中は講義を受講できない

オンスク.JPでは講義のレベルを星1〜星5にランク分けしていますが、正直なところ星4以上の講義はオンスク.JPだけで合格は不可能です。
星3の講義も相当勉強しないとオンスク.JPのみでは危ない気がします。

また、格安のサービスですのでレベルの高い資格には対応できていない部分もあり、オンスク.JPのみで合格を目指すのは無謀です。

また、レベルの低い資格であっても確実に合格をしたいのであれば、別途で過去問や問題集を用意して勉強する必要があります。
オンスク.JPの演習問題だけでは問題数が少なく、実際にテストを受けるとなると不安が残ります。

後はサービス的な問題になるのですが、オンスク.JPでメンテナンスがある時には講義を受けることが出来なくなります。
頻繁にあるわけではないのですが、計画を立てて学習スケジュールを組んでいる時に急に使えなくなると不便です。

タケシ!タケシ!

オンスク.JPで受けられる資格の講義は比較的簡単な物が揃っていますが、行政書士や気象予報士などはちょっと無謀です。

Web版とアプリ版の違い

オンスク.JPにはWeb版の他にもアプリ版があるので違いを解説していきます。
最も注意すべきはWeb版とアプリ版に互換性がないことです。
Web版を登録してもアプリ版は使えないので、全くの別サービスと考えてください。

Web版とアプリ版の違いは次の通りです。

 
アプリ版
Web版
月額料金
1,273円
ライト:980円
スタンダード:1,480円
口座数
19講座
47講座
動画機能(しおり、速度、画質)
×
教材ダウンロード
×
キーワード検索
×
問題演習
問題演習(復習・特別)
×
マイノート投稿
×
みんなの学習ノート閲覧
×
みんなの学習相談
×
学習カルテ
×

Web版とアプリ版を比較してみると、アプリ版の方が明らかに出来ないことが多いです。
特にアプリ版は講座数がWeb版に比べると28講座も少ないです。

機能が少ない割にはアプリ版の価格はWeb版に比べて200円程度しか変わりません。
Web版でもブラウザを使えばスマホで学習できますし、教材のダウンロードもできるのでアプリ版のメリットはほぼないです。

現状ではアプリ版は選択肢に入らないでしょう。

タケシ!タケシ!

試しにアプリ版も使ってみたのですが、めちゃくちゃ使いずらかったです。
無料講座もあったのですがYoutubeの動画でした(笑)

資格を勉強する仲間と繋がれる

オンスク.JPでは同じ資格を勉強する仲間と繋がれる機能があります。
勉強仲間と繋がることでモチベーションの維持につながります。

オンスク.JPで仲間と繋がれる機能は次の3つです。

  • マイノート機能
  • みんなの学習相談
  • 学習カルテ

マイノート機能を使うと自分の学習記録(作ったノートや勉強方法など)を画像と合わせて記録に残すことが出来ます。
作成したマイノートはオンスク.JPのユーザーと共有できるので、同じ所で苦労しているユーザーを見つけたり、知らなかった勉強方法を知ることが出来ます。

マイノート機能

みんなの学習相談では、オンスク.JPのユーザーに質問や相談をすることが出来ます。
オンスク.JP版の知恵袋みたいな感じです。
過去の質問や相談を検索できるので、疑問があった時に検索してみるとヒントが見つかります。

みんなの学習相談

学習カルテでは自分のプロフィールを設定できるので、マイノートや学習相談で交流する前に設定しておくと、仲間が見つかりやすくなります。

タケシ!タケシ!

オンラインの資格勉強は孤立しがちなので、交流できる機能はモチベーションの維持に役立ちます。
勉強の合間にコメントしたり、楽しみながら勉強を続けられます。

オンスク.JPの評判・口コミ一覧

オンスク.JPの評判・口コミを独自に調査して、多かった意見をまとめました。

利用者1利用者1

1,480円で通信講座では数万円以上か掛かる講義が受け放題なのはとてもありがたいと思います。目的の講座以外にも興味がある講座を積極的にのぞいて楽しんでいます。

利用者2利用者2

講義動画を見て勉強していますが、初学者向けの分かりやすい内容となっています。講義以外にも演習問題もあるので問題を解いてバリバリ勉強できます。欲を言うと、演習問題がもっと増えて欲しいです。

利用者3利用者3

安かろう悪かろうという感じがします。講義を短く区切るためなのか物足りなさを感じます。個人的にはもう少し値上げをしても良いので、講義の質の向上やアプリとの連携などをしてもらいたい。コンセプトは良いので期待してます。

利用者4利用者4

資格勉強はテキストを読むよりも、講義を受けたい派なので安く講義動画を見られて大満足です。講義時間が短く区切られていて、隙間時間に勉強ができるので、家事と育児をしながら資格合格を目指せます。

まとめ オンスク.JPはとにかく安いです

資格は就職や転職、昇給にも役立つ、持っていて損はないものです。
一見関係のない仕事をしていても、いつどこで役立つか分からないのが資格です。

ドラマ「ハケンの品格」の主人公大前春子は、様々な特技や資格持っていて大活躍します。
僕はあのドラマが結構好きです。

資格は直ぐに仕事や就職に直結しなくても、興味があるのなら取っておきましょう。
オンスク.JPは数万円以上もする通信講座とは違い、安く利用できるので、資格に興味があれば利用してみてください。
資格勉強をするだけでも意味があると思います。