【アニメの続き】「ラスダン」1巻〜6巻のネタバレと無料視聴方法を紹介!!

「続きが気になって、来週までラスダンの放送が待てない!!」
「一体ラスダンはどんな最後を迎えるのか、気になるアニメの結末が知りたい!!」

2021年冬アニメとして放送されている「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」略して「ラスダン」はラノベ原作の作品なので、原作を読めば今後の展開が丸わかりです。
僕は、「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」をアニメ放送前から全巻読破しているので、アニメで放送される内容は全て分かっています。

今回はアニメ放送分に当たる「ラスダン」4巻までの内容で、重要な部分をネタバレという形で紹介していきます。
この記事を読めば、アニメ「ラスダン」の今後の展開と結末が全て分かります。

「ラスダン」の続きが気になる方は、今すぐチェックして下さい!!

「ラスダン」が無料で観れる
\おすすめ公式動画配信サービス/

Prime Video人気No.1U-NEXTdアニメストア
500円400円
詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
30日間無料31日間無料

アニメ「ラスダン」のあらすじと無料視聴方法

アニメ「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」(ラスダン)のあらすじは次の通りです。

都会から遠く遠く離れた村で暮らす少年・ロイド。
軍人になる夢を抱く彼は何を隠そう「村で一番弱い男」。
そんな彼が軍人を目指すことに周囲の村人は大反対。

けれどもロイドの決意は固く、王都へと旅立っていきました。
しかし、彼を含む村の人々はある重大な事実を知らなかったのです。
自分たちがかつて世界を救った英雄の末裔で、
全員が人間離れした力を持っていること。

そして「村で一番弱い」ロイドも一般的には常識外れに強いことを……。

アニメ版のあらすじを見る限り、小説版(ラノベ)と物語の大筋は変わりがないようです。
マリーやアルカ、セレン、リホなどおなじみの登場人物もアニメで登場します。

また、「ラスダン」はファンタジー作品ではありますが、勘違いから始まるドタバタコメディです。
王道のファンタジー冒険談とは全く違うギャグ漫画みたいな作品なので、見る人を選ぶ作品だとは思います。

原作は賛否両論分かれる作品なのですが、アニメ化で化ける可能性は十分あります。
シリアスシーンもあまりないので、ストレスなく見れて笑えるアニメになることを期待します。

アニメ「ラスダン」の無料視聴方法

アニメ「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」(ラスダン)を無料で視聴する方法を紹介します。

「ラスダン」を無料で視聴できるVODサービスは次の通りです。

「ラスダン」全巻のあらすじとネタバレを紹介

小説版(ラノベ)「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」の1巻〜4巻までのあらすじとネタバレを紹介します。
アニメ版の「ラスダン」で描かれる内容は全てカバーしています。

また、「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」はライトノベル以外にも、コミックスが発売されています。

今なら、Yahoo!の電子書籍ストアeBookJapanで、「ラスダン」のラノベと漫画をクーポンとポイントで半額以下で購入できます。

「ラスダン」1巻ネタバレあらすじ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語

「都会ってこんなにすごいんですね!」
この少年、ピュアすぎるし強すぎる!
秘境出身の村人が都会にあこがれ、『本当の強さ』に目覚めゆくの……だろうか?

古の英雄たちの子孫が暮らす最果ての村「コンロン」から、村の中で最弱のロイド・ベラドンナが旅立つ。
ロイドはコンロン村の村長アルカ(ロリババア)の弟子、イーストサイドの魔女「マリー」に王都での面倒を見てもらうことになる。(ちなみにマリーはアザミ王国の王女マリア
「呪いのベルト」により片目を塞がれた「呪われたベルト姫」と呼ばれるセレンと出会い、ロイドが触れた事でベルトの呪いが解ける

ロイドは士官学校の試験を受けに行き「隻腕の女傭兵」リホと出会う。
リホはロイドの尋常ではない力に気づき、ロイドにあやかる事で一儲けしようと考える。
試験でロイドは無自覚で並外れた力を披露するが、試験官が理解できずに不合格になってしまう。

ロイドは元近衛兵長クロムが営む食堂で、危険人物判定され、監視も兼ねてバイトとして採用される。
軍部の大佐メルトファンが魔王アバドンの力を借りて王を操り、戦争を引き起こそうと画策していたことが判明する。
国王が魔王に取り憑かれるが、ロイドが酔っ払いと勘違いして全て解決する。

事後処理としてメルトファンはコンロン村に送られて、ロイドは士官学校に編入する。

「ラスダン」2巻ネタバレあらすじ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語2

「僕も魔法を覚えてみたいんです! 」
相変わらず自分を弱いと信じて疑わないロイドは、魔術大会にむけて魔法の特訓にはげんでいた。
初級魔法のつもりで軍部も騒然の大魔法をぶっ放す彼がひとりいれば、大会優勝まちがいなし!?

ところが、ゴミ拾いのついでにロイドが伝説の聖剣を抜いてしまったことをきっかけに、
魔術大会は予想もつかない波乱の展開をむかえ……

――誰かのためになら、僕はもっと強くなれる!

勇気と出会いと勘違いで綴られる、強すぎ村人の無自覚・最強ファンタジー第2弾!!

ロイドは観光地になっている「聖剣の村」に行き、ゴミ拾い中に聖剣をゴミと間違いて引っこ抜く

リホを探すキノン兄弟(メナとフィロ)がマリーの元を訪れる。
ロクジョウ魔術学園の学園長ローズは、リホと同じ孤児院出身で、リホにミスリルの義手を取り付けた人物。
ミスリルの義手は魔力を吸い取り、命と引き換えに聖剣を引き抜くためのものだった。
リホがお金に執着しているのは、孤児院の援助をするためであり、ローズは孤児院を人質に取る。

ロイドとリホ、セレンは聖剣が副賞としてプレゼントされる、魔術大会に出場する。

  • セレン vs フィロ:セレンの反則負け
  • ロイド vs メナ:ロイドが初級魔法で勝利
  • マホ vs ローズ:マホが勝利

大会後にマリーの誘拐騒動があるが、難なく解決する。
フィロとメナはロクジョウ魔術学園を辞めて、フィロはロイドの同級生となり、メナは王室魔術師となる。
最後に、ラストダンジョンの解放とアルカの殺害を目的とする、今までの騒動の黒幕的な人物が登場する。

「ラスダン」3巻ネタバレあらすじ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語3

「都会のホテルってすごいですね! 」
人外魔境のコンロン村からやってきた純朴な少年ロイド、今度は豪華ホテルで住み込みアルバイトに!?

驚異の身体能力でホテル中をピカピカ&料理の下ごしらえもばっちりな仕事ぶりにスタッフ一同騒然!
アルカ仕込みの「マル秘マッサージ」でホテルの評判はうなぎ登り!
さらに地方貴族のお嬢様のご訪問で――前代未聞、お見合いの代役までさせられてしまい……?

「はい、何でもお任せください! 」
万能ぶりが留まることを知らないロイドが今回も大活躍!!

湖畔のホテルを舞台に繰り広げられる、勇気と出会いと勘違い満載の無自覚最強ファンタジー、第3弾!!

アザミ王国の退役軍人のコバに頼まれて、ロイドは近辺で昏睡事件が発生しているホテル「レイヨウカク」でアルバイトをする事になる。
ホテルの従業員キキョウの正体は、ロクジョウの魔術学園出身の「何でも屋」で、地方領主スレオニンに頼まれて事件について調査活動をしていた。

ロイドがバイトをしているホテルに、別々の理由でリホとセレンが集まる(リホは馬の導き、セレンはお見合い)。
コンロン村出身の運び屋でロイドの兄貴分のショウマ兄さんが登場。
ロイド一行は、昏睡事件の調査に来たメナとフィロ、ホテルマン姿を見に来たマリーとアルカと合流する。

昏睡事件の犯人はスレオニオンの秘書で、トレントに寄生されて樹木の魔王アールキングになる。
セレンの父とスレオニオン、コバは第三者に仕組まれて、トレントの違法栽培に関してお互いに誤解をしていた。

黒幕はショウマで、人間が滅ぶかもしれない相手と手を組んでいるらしい。

「ラスダン」4巻ネタバレあらすじ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語4

「ロイド・ベラドンナ! 我々上級生はあなたのインチキを絶対に認めない!」
常識外れの活躍を続けたせいで上級生の筆頭生徒ミコナから勝負を挑まれたロイド。
どちらがより優秀かを証明するため初級ダンジョン調査の成果を競うことに。しかし・・・・・・

「ダンジョンが――進化しちゃった!?」

ロイドの存在がカギとなり、楽勝なはずの初心者ダンジョンが一変。
ドラゴンが闊歩する超危険な裏モードに早変わり!

そんな大混乱の最中、打倒ロイドに燃えるミコナに怪しい影が告げる。

「君の望みを言いたまえ。力を与えよう」

コンロン村の謎を知る男ソウが示す禁じ手がミコナを規格外の存在に変化させ――

「でも僕は負けません。仲間がいますから」

勇気と出会いを力に変える、まっすぐな少年の無自覚最強ファンタジー第4弾!!

ロイドはコリンに低レベルダンジョンの調査を頼まれる。
士官学校の上級生であるミコナ達と、ダンジョン調査の依頼をどちらが達成できるか勝負する事になる。
ミコナはロイドの事を認めておらず、今までの活躍も全てロイドの実力ではないと思っている。

低レベルダンジョンが高レベルのモンスターが出現する、危険なダンジョンに変化する。
ダンジョン内には喋れる知能を持つモンスターが出現。
ダンジョン攻略のために、国王は腕利きの冒険者を招集して、報酬として好きな人と結婚できる権利を提示する。

ミコナが黒幕組(ショウマと初老の男)と接触して、今までの敵の能力であるアバドンの力とトレントの力を両方手に入れる。
ミコナがロイドを敵対視している理由はマリーのことが好き(恋愛感情)で、一緒に暮らしているロイドに取られたと思っているからです。
ダンジョン内でロイドとミコナが戦い、今作初の苦戦を強いられますがロイドがなんとか勝利します。

ダンジョン内の喋るモンスターの正体はコンロンの守護獣のヴリトラで、アルカと喧嘩して放浪中でした。
黒幕である初老の男の名前がソウと判明し、アルカの力を弱めるためにヴリトラを消滅させる。
しかし、セレンの呪いのベルトがヴリトラの皮でできていることが判明し、ヴリトラはベルトに憑依して消滅を免れる。
ちなみにアルカとヴリトラが喧嘩をした理由は、呪いのベルトを作るためにアルカがヴリトラの皮を剥ぎ取ったからです。

ロイドはソウという名前に聞き覚えがあり、ソウはロイドが憧れる小説の主人公と同じ名前だったのです。

「ラスダン」5巻ネタバレあらすじ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語5

「ただいま、村のみんな!」
無自覚最強少年ロイド、里帰り!?

怪人ソウとの戦いで弱体化したアルカのためにアザミ王国の面々はロイドの故郷・コンロンを訪れて……?

「矢文が山頂から直接届くの!?」
「屋根から屋根へ近道感覚だと!?」
「魔王が子供に泣かされてるぅ!?」

伝説の村の『日常』に一同呆然!

そんな楽しい里帰りの裏。ロイド不在の王都に危機が迫る。
村人誰もが間に合わないと言うもののロイドは決して諦めず……

「僕、行きます。約束ですから!」

村でいちばん弱かった少年だけど信じる心は誰にも負けない!!
コンロン帰郷でさらに絶好調の勘違い無双ファンタジー第5弾!

ショウマがジオウ帝国の使者としてアザミ王国に訪れ、両国の親善を深めるために御前試合を開くことになる。
一方ロイド達はヴリトラを復活させるために、コンロン村に向かう事になる。
コンロン村に向かう途中で、アルカとは旧知の仲であるドワーフの王ユーグと合流する。

コンロン村に到着するが、非常識な村の住民に一行は戦慄する。
コンロン村に魔王サタンが来襲するが、子供達が遊び感覚でいじめる(ちなみに魔王は多い時で1日3回は来るらしい)。

怪人ソウの正体は世界をあまたの魔王から救った伝説の英雄
ソウは魔王を封印して役目を終えるはずだったが、この世に復活しており、自身は英雄を脱したいと考えているらしい。
ラスダンの舞台となっている世界は以前、車や飛行機、ネット通販、アニメがある科学文明の世界だったと判明。
アルカとユーグは科学と魔法が混在し、ラストダンジョンを制御する最高の世界を目指している。
ラストダンジョンは魔王を閉じ込めるための牢獄で、世界中にあるダンジョンはカモフラージュのためにドワーフが作った。

ユーグが、ショウマとソウの裏にいる真の黒幕と判明し、アルカを裏切りヴリトラを封印する。
ショウマの目的はロイドを英雄にすることで、そのための舞台を整えるために暗躍していた。
ソウは英雄や不老不死、人間などの要素で作られた古代のルーン文字人間で、自分が死ぬためにロイドを英雄にする必要がある。

御前試合の会場で、ユーグ側とアザミ王国の戦いが始まる。
ミコナがマリーのパンツで正気に戻り、ユーグを裏切ってヴリトラを奪還し、ヴリトラはセレンの教育で自ら封印を解く。
アルカの力がもどり、コンロン村の住人が援軍に駆けつけて騒動は無事に解決した。
ユーグとショウマ、ソウはロイドの活躍を記録した映像を編集するために逃走。

「ラスダン」6巻ネタバレあらすじ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語6

「僕にお芝居なんかできるかなぁ」
流行りの「映画」の話題で盛り上がるロイドたちに出演者募集の話が舞い込んだ。
士官候補生から活きのいいスタントマンが必要らしく――
「それならいい方法があるんじゃ!」
アルカ秘伝の『大人になる魔法』でハンサムな好青年に変身させられたロイド。
映画界に突如として現れた驚異の新人アクション俳優ロイ=アキヅキとして主役以上の活躍を連発!
謎の美人女優、国王の密命、裏社会の悪党たち。全てを巻き込んだ本気と演技が入り交じり、台本には無い筋書きからもう戻れない――!?

コミカライズも絶好調! シリーズ累計、早くも50万部突破!!
勇気と出会いと即興芝居で大旋風を呼ぶ勘違い無双ファンタジー、第6弾!!

ジオウ帝国の対策会議がアザミ王国とロクジョウ王国の間で開かれる。
しかし、ロクジョウ王国は既にジオウ帝国の手に落ちており、ロクジョウのサーデン王はアザミ王国に映画のエキストラに扮した救援を要請する。

ロイドはアルカが開発したルーン文字で一時的に大人になる。
ロイド達はエキストラとして映画に出演するために、ロクジョウ王国に向かうが抜き打ちのオーディションが開催される。

ロクジョウ王国は昇青竜党というマフィアに牛耳られており、ジオウ帝国の資金源となっていた。
ロイドはサーデン王からロクジョウの現状を知らされ、昇青竜党を倒す手助けを頼まれるが、全てオーディションのアドリブだと勘違いする。

映画主演のアミジンは昇青竜党のボスで、サーデン王の動きは全て監視されていた。
アミジンの裏にはソウとショウマがいて、スポンサー権限でロイドを主役に抜擢する。
アミジンは撮影中になんとかして、ロイドを殺そうとするが何をしてもロイドは殺せなかった。

そして、演技だと勘違いしたままロイドが昇青竜党とアミジンを討伐する。
実はメナとフィロはサーデン王の娘だった。

「ラスダン」の評判・口コミ

読月ツクリ読月ツクリ

平凡な村で育った主人公の少年が、憧れた軍人になるべく王都へと旅立つ王道の物語……ではありません。実は、主人公が育った村は、かつて魔王を倒した英雄たちの子孫が集う、ラストダンジョン前のような場所。

その村の中では最弱だった主人公も、王都では最強の存在だったのです。士官学校の募集試験では教師を恐れさせ、少女の呪いを解呪して惚れさせ、更には王都が滅ぶほどの厄災を虫退治として蹴散らし、悲運の王女を救うこととなります。しかし、当の主人公は全て無自覚。

まさに輝かしき英雄譚であった出来事も、主人公にとっては、日常の様なものなのでした。

ゆーかずきゆーかずき

それぞれに一癖も二癖もある登場人物ですが、なんだか憎めない、実はいい人感がにじみ出ていて、楽しく読むことができました。アザミ王国の辺境の地、コンロンから、軍人になると心に決めて、王都を目指した少年ロイド。

ところがこのロイド少年、コンロンではほんわか最弱キャラで、家事と料理の方が完璧という始末。でも、このコンロンも、いわくつきの村で…。

王都についたロイドは、魔女のマリー、ベルト姫、などなど、それぞれに個性的な登場人物に出会いますが、ここでもほんわかぶりを発揮していきます。文章そのものもおもしろいのですが、ロイド少年の美味しそうな手料理、上官の大阪弁丸出しの掛け合いなど、読みどころ満載です。

まとめ

アニメ「たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語」は1クールのアニメなので、物語の最後まで見ることができません。
また、アニメの放送スケジュールの中でうまく収めるために、物語を短縮したりオリジナルを挟むこともあるので、好きな方は原作を読むのをおすすめします。

漫画と小説(ラノベ)の2種類が出ているので、好みに合わせて読んでみてください。
漫画・電子書籍専門のストアで買うと安く買えるのでおすすめです。

タケシ!タケシ!

よろしければ、当サイトで運営している月にビジネス書30冊分(購入すると約30,000円)の要約を配信しているインスタグラムもどうぞ! 大好評の人気記事は下記のリンクから♪







次によく読まれている記事