57e6ba2f43039b9b390f92c82f21dd27

本の朗読サービスは移動中や作業中に気軽に読書ができるので非常に便利ですよね!

僕はこのサービスを知ってから5年以上は使い続けています。
年を追うごとに日本でも本の朗読(オーディオブック)の普及は進み、今では無料で楽しむ方法もたくさんあります。

「無料だとクオリティが低いんじゃないの?」

と不安に思うかもしれませんが、心配ありません。
なんとプロが朗読した作品も無料で聴く方法があるんです。

そんな本の朗読サービスを無料で楽しむ方法を紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね!

「忙しいけど読書がしたい」→朗読サービスを使おう!

読書が大好きという人はたくさんいます。

しかし、忙しい日常生活の中で、ゆっくり本を手に取って読書にふけるという贅沢な時間を十分に満喫できる人は、それほど多くはないでしょう。

その理由は

  • 読書をするためにはまとまった時間が必要
  • 手に取った本を目で読むため
  • 歩きながら読んだり何か作業をしながら読むということが難しい

からです。

しかし、大好きな本を誰かが朗読してくれるのなら、作業中や移動中でも気軽に本の内容を楽しめるのではないでしょうか?

そんな人におすすめなのが、オーディオブックと呼ばれている本の朗読サービスです

本の朗読を提供するサービスが増えてきた

朗読サービスは、たくさんの業者からラインナップされています。

Audibleホームページ

例えば、ネットショップで人気のAmazonでは、Audible(オーディブル)という朗読サービスを提供しています。
日本国内では初めて法人のサブスクリプションサービスも行っているaudiobook.jpも、本を朗読した音声を提供するサービスです。

 こうした朗読サービスは、一般的に声優・ナレーターなどのプロが本を読んでくれるため

  • 耳あたりが良く
  • スムーズに聴きやすい

という魅力があります。

しかも、抑揚などがとても心地よいため、リラックスしたい時に聴くという活用方法もアリです。

有料の朗読VS無料の朗読、どちらがおすすめ?

朗読のサービスは、無料で提供されているサービスもあれば、有料のサービスもあります。

一般的に本の朗読は有料で配信されています。

無料で配信されているのは

  • ラジオ
  • ポッドキャスト
  • 一部朗読(古典など)

くらいでしょう。

ラジオ・ポッドキャストの画像

例えば、ネットショップや書店で販売されている書籍の場合には、読みたい人はお金を払って有料でその作品を購入します。
そのため、そうした書籍を朗読した音声データを提供するオーディオブックのサービスに関しても、無料ではなくて有料となるのが一般的です。

価格を比較してみると、実際に本を購入する場合と比べて同一料金が設定されていることが多いため、朗読だからお値段が安いということは少ないです。

有料の朗読サービスはプロがナレーションを担当

しかし、有料の朗読サービスでは、起用されているナレーターがテレビアニメなどで活躍する人気の声優など内容・クオリティがとても充実しています。

また、複数の声優がドラマCDのように一つの作品に登場するなど、有料だからこその魅力を満喫できる内容となっている作品がたくさんあります。

無料でもプロが朗読してくれるサービスがある

一方、青空文庫や水色文庫などのように、作品自体が無料で提供されている場合には、朗読された音声データも無料で提供されているものが多くなります。

それらの本を朗読している『青空朗読』では実際にアナウンサーとして活躍している人たちが無料で朗読してくれたり、アナウンサーの卵たちが朗読してくれているものが多いのが特徴です。

プロもしくはセミプロたちが朗読をしているので、聴いていて耳障りということはありません。
何よりも、無料ですから、いろいろな作品を思う存分楽しめるというメリットがあります。

無料で楽しむおすすめの方法

本の朗読を無料で楽しむ方法は、いくつかあります。
おすすめの方法を3つほど紹介していくので、ぜひ利用してみて下さい!

無料で朗読を提供しているサービスを利用

青空朗読HP

まず1つ目は、『青空朗読』のように、すべての作品が無料で朗読されているサービスを利用するという方法があります。

この場合、書店で販売中の新作などは対象にならないことが多いのですが、作業中に文学に触れたい人や、移動中やトレーニングの時間を利用して、本の朗読を聴きたいという人にとっては、おすすめのサービスと言えるでしょう。

有料サービスの無料期間を存分に利用する

 2つ目は、audiobook.jpAudibleなど有料のサービスについている無料期間を利用するという方法です。

有料サービスでも、最初の30日間は無料というサービスを利用すれば、無料で本の朗読を楽しむことができます。
ただし、無料期間の有無やどのぐらいの日数が無料になるかという点については、その朗読サービスごとによって異なります。

audiobook.jpの画像

また、無料期間は限定されているため、その期間が終われば自動的に課金される仕組みとなるので注意しましょう。

ただし、実際にサービスを利用して無料で朗読を聞いてみて続けたくないなと感じた場合には、いつでもキャンセルできるものがほとんどです。
無料期間中に解約の手続きを行えば課金されることなく解約できるので、お試し期間としてぜひ無料期間を最大限に活用したいものです。

→好きなオーディオブックが無料でもらえるAudibleの30日間無料体験はコチラ
→audiobook.jpのオーディオブック聴き放題30日間無料体験はコチラ

Kindle等で音声読み上げ機能を使う

3つ目の方法は、Kindleなどデジタル書籍を「音声読み上げ機能」を使い朗読するという方法があります。

これは、プロが朗読してくれるというサービスではなく機械が文章を読んでくれるというサービスなので、朗読の質という点では若干劣ってしまうという特徴があります。

しかし、デジタル書籍を読んでいた途中で別の作業をしなければならず「誰か代わりにその部分だけ朗読してくれたらよいのにな」なんていう時にはとても便利な機能です。

ちなみに、kindleの読み上げ機能はiPhoneなど端末に標準装備されているので無料で利用することができます。

まとめ・感想 無料で朗読を聴けるのは最高!

いかがだったでしょうか?
本の朗読サービスは非常に便利なのでたくさんの方に利用してもらいたいです。

『青空朗読』や無料期間を利用すると無料で朗読が楽しめるで最高ですよね!
朗読が好きになって「もっと利用したい!!」と思ったらAudibleやaudiobook.jpなど有料のサービスを利用するといいと思います。