Spoon配信におすすめの機材を紹介!【これだけあれば安心です】

Spoonでは「歌ってみた」「弾き語り」「声劇」など様々な配信が行われています。
簡単な配信であればスマホ一台でも可能ですが、長く配信を続けていくには、どうしても配信機材が必要になります。

マイクやミキサーなど基本的な配信機材が揃うと、革命的に配信がやりやすくなります。
とはいえ、今まで配信をしたことがない方は、どんな機材が必要なのか?なぜ必要なのか?分からないかと思います。

この記事では、Spoon配信で必要な機材と基礎知識を紹介しているので、参考にして下さい。
機材を揃えると、自分が憧れている利用の配信ができるようになります。

人気の配信者は必ず配信機材を導入しているので、安いものでもいいので、ぜひ利用してください。

\おすすめ人気配信アプリTOP3/

ピカピカ人気No.1SpoonPococha
ピカピカPococha
itunesGoogle PlayitunesGoogle PlayitunesGoogle Play
急成長中の音声コミュニティ
クラブハウスのようなアプリを
探している方におすすめ
GOOD DESIGN AWARD
2020受賞!
配信者との距離が近い

関連記事【2021年に稼げる】おすすめの音声配信(ラジオ)アプリ6選!

この記事を書いている人
読書ブロガー/本スタグラマー
タケシ
タケシの画像
年間300冊以上の本を読む読書家。電子書籍ストアやオーディオブック配信サービスを40社以上レビューしてきた読書ブロガー。読書情報ブログ「AudioBook Mania」の運営の傍、複数のウェブメディアでライターとして活躍中。認定ランサー。詳しいプロフィールはこちら

Spoon配信に必要な配信機材

機材を使って配信している女性

基本的にSpoonはスマホ一台で配信を始められます。
1人語りのような配信や弾き語りでも、機材はスマホのみで配信できるようになっているのです。

配信中のBGMに関しても、スマホの他に音楽を流せる機材があれば、スマホだけで問題なく配信ができます。
BGM流す際にも、音楽の著作権には十分な配慮が必要です。

しかし、ある程度配信をしていると、やりたい事が増えてきて配信機材なしではやっていけません。
多くのリスナーを集めるには、高クオリティの配信が必須です。
雑音混じりのBGMや弾き語りでは限界があります。

最低でもマイクとミキサーぐらいは、配信を続けるなら導入しましょう。

関連記事【超初心者向け】Spoonの使い方をザックリ解説しました!

Spoonにおすすめの配信機材

Spoonでこだわりの配信がしたい方に向けて、おすすめの機材を紹介します。
配信で必要な機材は主に次の3つです。

  • マイク:声の音質が良くなる
  • ミキサー:BGMの微調整やエコーや楽器との接続
  • 接続ケーブル:機材同士の接続

それぞれ紹介していきます。

マイク

マイク

マイクはスマホにも内蔵されていますが、外付けのマイクをつけると、より幅の広い表現が可能になります。

有名どころだと、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクです。

ダイナミックマイクは、比較的安価で頑丈な作りをしているのが特徴的。
カラオケボックスにあるマイクが、ダイナミックマイクです。

対して、コンデンサーマイクはダイナミックマイクに比べて、音域が広がり音質も向上します。
価格もダイナミックマイクよりも高くなり、振動や湿気に弱いので、取り扱いには注意が必要です。

コンデンサーマイクは性能が良いので些細な音まで拾ってしまいます。
道を走る緊急車両の音や水を飲んだ時の音などです。
性能が良すぎるが故の弊害もあるので、用途に合わせてマイクの種類を選びましょう。

また、マイクにはマイクスタンドも必須なので、アーム型やスタンド型など、配信スタイルに合わせて選びましょう。

関連記事Spoon配信者におすすめのマイクを紹介!【音質が劇的に向上する】
関連記事【Spoon】歌ってみたのやり方を超解説!【初心者が知るべき事】

おすすめマイク

コスパ抜群のマイク。

スマホにつなげるマイク。

高品質の万能マイク

関連記事【ASMR】Spoonで立体音響を使った配信をする方法!

ミキサー

ミキサー

ミキサーは配信者がマイクで話した声や、流しているBGMの音をまとめて調節できる機材です。
ミキサーがあると、配信でエコーを使えたり、楽器を繋いだりできるので、配信のバリエーションが増加します。

特にBGMや効果音は配信ではよく使われるので、ミキサーをつけるメリットは大きいです。

BGMを付けることで、部屋の生活音を消してくれる、マスキング効果が得られます。
マイクでBGMを拾うと、雑音も一緒に拾うので、ミキサーからBGMを付けたほうが、より効果的です。

また、BGMは雰囲気づくりにも役立ちます。
枠がまったり系ならばゆっくりした音楽を流したり、和風な雰囲気を作りたいなら、和楽器の音楽を流すなど、音楽で枠の雰囲気をリスナーに伝えることができます。

ミキサーを上手く使って、いい雰囲気を作ることができれば、初見さんがファンになってくれる可能性も高まります。
配信では第一印象が本当に大切です。

BGMや効果音は好きな音楽などを勝手に利用するのではなく、著作権フリーの素材を配布している、サイトを利用しましょう。
例えば、効果音は「効果音ラボ」というサイトで、ドラムロールや歓声、拍手など、なんでも揃うので、利用してみてください。

関連記事SpoonのPC配信方法を徹底解説!【エミュレーター不要です】
関連記事SpoonでBGMを流す3つの方法!【著作権フリーサイトも紹介】

おすすめミキサー

配信者がよく利用しているミキサー。

created by Rinker
Roland(ローランド)
¥29,800 (2021/10/17 11:11:44時点 Amazon調べ-詳細)

スマホ対応の高品質ミキサー。

接続ケーブル

マイクやミキサーを購入した時には、必ず接続のためのケーブルが必要になります。
ケーブルの種類は、機材によって異なるので、機材の端子を確認して使えるものを用意しましょう。

スマホを利用する場合には、変換アダプタが販売されているので、用意しておくと便利です。
機材を接続すると、スマホの充電が同時にできたりするので、電池切れの心配もなくなり安心して配信ができます。

まとめ

今回はSpoon配信で使う機材について解説しました。
Spoonではスマホ一台でも配信ができますが、音質や配信の幅を考えると、配信機材は必須です。

特に、歌や楽器は音質が命みたいなところがあるので、必ず利用したいところ。
機材は高ければ高いほど高性能ですが、別に安くても、そこまで悪くはありません。

1番いけないのは、何も記事がない状況なので、ある程度配信を続けていくことを考えるのであれば、配信機材を必ず導入しましょう。

関連記事【2021年に稼げる】おすすめの音声配信(ラジオ)アプリ6選!

\おすすめ人気配信アプリTOP3/

ピカピカ人気No.1SpoonPococha
ピカピカPococha
itunesGoogle PlayitunesGoogle PlayitunesGoogle Play
急成長中の音声コミュニティ
クラブハウスのようなアプリを
探している方におすすめ
GOOD DESIGN AWARD
2020受賞!
配信者との距離が近い