impression?a_id=1634088&p_id=170&pc_id=185&

「東大読書」は現役の東大生が書いた読書術のベストセラー本。
18万部を突破して、続編や漫画化もされています。

「東大読書」では本を読んで満足するのではなく、地頭力を鍛えることを念頭に読書をします。

著者である西岡 壱誠氏は、偏差値35から二浪して東大に合格したという経歴の持ち主。
特別頭の良い東大生が実践している読書術ではないので、誰でも実践できる内容でしょう。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
毎日必ず本を読んでいる、読書家のタケシ!(@takeshi_audio)です。

今回は「東大読書」を簡単に要約してまとめました。
あまり読書をした事がない方の入門書としては、素晴らしい書籍だと思います。

5つのステップに分けられて読書術が解説されているので、誰でも簡単に実践する事ができます。
東大生の読書術がどんなものなのか?知りたい人はぜひ読んでみてください!

関連記事オーディオブックのおすすめビジネス書10選【名著から話題作】

「東大読書」をザックリ要約

東京大学

『東大読書』は主に読書術の5ステップを紹介したPART1と読む本の探し方を紹介しているPART2に分かれています。
本のメインとなる内容はPART1に集約されているので、とりあえずPART1を読めば読書術の概要をつかめます。
PART2は読んでいてさらに興味が湧いた人が読めばいいでしょう。

PART1で紹介されている読書の5STEPは下記の通りです。

  • 仮設づくり
  • 取材読み
  • 整理読み
  • 検証読み
  • 議論読み

全体として能動的な読書を推奨していて、ある程度読書をしている人なら自然と実践していることがノウハウとしてまとめられていて、参考になります。
特に取材読みは読書をする上では、とても大切なことなので一読してみるのがおすすめです。

タケシ!タケシ!

本をただインプットするだけ媒体としてではなく、こちらからアクションを起こしていく読み方が書かれています。

「東大読書」はあまり読書をしない人におすすめ

「東大読書」と聞くと何か特別な事が書いてある印象をうけますが、読書家からすると割と当たり前の事ばかりです。
既存の読書ノウハウを「東大」という名前を使ってラッピングしたような内容です。

そのため、普段からよく読書をする人からすると、期待外れに思う内容かもしれません。
あまり読書をした事がない人や読書術を勉強した事がない人向けの本です。

「東大読書」では質問と疑問の違いを理解する

疑問を持つ女性

「東大読書」を実践するには本を読みながら、質問と疑問の違いを理解する事が大切です。
質問と疑問の違いは次の通りです。

  • 質問:著者が本の中で用意したもので、答えも本の中に書いてある。
  • 疑問:自分が考えた問いなので、当然本の中に答えはない。

著者が投げかけた質問を見つけるためには、「ですから」「そのため」などの接続詞を探すと良い。
これらの接続詞は文章構造的に、大切な部分で使われるんどえ、著者の言いたい事が書いてある場合が多いのです。

ですが、自分が感じた疑問は必ずしも本に答えが書いてあるわけではありません。
繰り返し本を読んでみたり、他の本を読んだりして自分の中で答えを見つけ出します。

疑問を感じて答えを探す過程が地頭力を鍛える鍵になるのです。

タケシ!タケシ!

本の要旨を理解するだけではなく、意識的に疑問を持ちながら読書をしていくのが大切です。

「東大生」=「すごい」という読書術

東京大学

「東大読書」は東大生の読書術を紹介する本なので、東大生が大きく持ち上げられています。
言葉の節々に「東大生」が出てきて、「東大生」=「すごい」という印象を刷り込んでいます。

例えば「東大生がみんなやっている〜」「東大生のやり方」という風な感じです。

もちろん東大は日本でNo.1の大学なのですが、何度も「東大生」を連呼されるので、クドく感じます。
読書術の説得力を上げるために「東大生」を強調していると思いますが、気になる方にとってはストレスが貯まるでしょう。

日本でNo. 1の大学なので「東大生=すごい」というイメージがあり、説得力を上げるために多用しているのかもしれませんが、ちょっとクドイです。
あまり気にならない方は良いかもしれませんが、気になる方にとってはストレスが溜まる本かもしれません。

タケシ!タケシ!

「東大生がみんなやっている」とかは流石に盛っているので、著者もやりすぎた感じがします。

オーディオブック版『東大読書』の詳細情報

オーディオブック版『東大読書』
著者西岡壱誠
価格audiobook.jp:1,540円
Audible:1,750円(会員価格)
再生時間audiobook.jp:5時間31分
Audible:5時間34分
ナレーターaudiobook.jp:市村徹
Audible:山口竜之介
出版社audiobook.jp:東洋経済新報社
Audible:Audible Studios

オーディオブック版の『東大読書』は、audiobook.jpとAmazon Audibleの両方で取り扱われています。
価格としてはaudiobook.jpの方が安いです。

『東大読書』はチャプターが20個に分けられて、タイトルもつけられているので、とても使いやすいです。
目次としても使えるので、読みたいところから聞いたり、オーディオブックを聴き返すのがとても楽になっています。

また、章の終わりには「東大読書ポイント①」という形でまとめが入るので、オーディオブックでも聴きやすい構成になっています。
まとめの部分を聞いて頭の中を整理できるので、内容の理解にもつながります。

紙本・電子書籍版

「東大読書」の紙本と電子書籍版です。

続編「東大作文」

「東大読書」の続編です。
この本ではアウトプットに焦点を当てて、地頭力を鍛えていきます。

『マンガでわかる東大読書』

「東大読書」の漫画版です。
本を読むのが苦手な人はオーディオブック+漫画で理解を深めるもの良いでしょう。

まとめ・感想 「東大読書」は読書の入門書に最適!

「東大読書」は読書をする上で大切なポイントをしっかりと押さえています。
読書の入門書としてはとても良いです。

「東大」という名前がついているので、信頼もあって手に取りやすいかと思います。
しかし「東大」推しがすごいので、あまり好きではない人は、読むのをやめた方が良いかもしれません。

別に特別なノウハウはないので、別の読書術の本を読んでも問題ないです。

タケシ!タケシ!

よろしければ、当サイトで運営している月にビジネス書30冊分(購入すると約30,000円)の要約を配信しているインスタグラムもどうぞ! 大好評の人気記事は下記のリンクから♪

人気記事オーディオブックのおすすめビジネス書10選【名著から話題作】