impression?a_id=1634088&p_id=170&pc_id=185&

「オーディオブックを比較したおすすめは何?」
「audiobook.jpとAudibleのどちらを選ぶべきか知りたい!」

オーディオブックのおすすめ人気ランキング10選【歴6年マニア解説】」では全てのオーディオブックサービスを比較しましたが、Audibleとaudiobook.jpの2つが圧倒的に利用されています。
オーディオブックを購入するのであれば、この2つのどちらかを選択することになるのは間違いありません。

そこで、今回はAudibleとaudiobook.jpを徹底比較して、どちらを選ぶべきなのか?お伝えします。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
オーディオブック歴6年、オーディオブックマニアのタケシ!(@takeshi_audio)です。

僕はAudibleとaudiobook.jpを、どちらも4年以上継続してサービスを利用しています。
そんな僕が、2020年最新版のオーディオブックサービスを、長年利用しているマニアの視点から徹底比較していきます。

さらに本記事を作成するにあたり、audiobook.jpとAudibleの利用者にアンケート調査も実施しました。
数値化されたデータやオーディオブック利用者の生の声もお伝えしていきます。

それでは参ります!!

audiobook.jpとAudible利用者にアンケートを実施

今回はaudiobook.jpとAudibleのサービスを比較して正確な情報を伝えるために、利用者にアンケートを実施しました。

アンケート内容は「audiobook.jpとAudibleのどちらをメインストアとして利用しているか?」です。

アンケート結果

audiobook.jpとAudibleの利用者へのアンケート結果

アンケート結果をみると68%の人がAudibleを利用していると答え、残りの32%がaudiobook.jpを利用していると答えました。
2大オーディオブックサービスと言われている、Audibleとaudiobook.jpですが、Audibleの方が人気があることが分かります

この結果を踏まえて2つのサービスの違いについて、詳細に比較していきます。

audiobook.jpとAudibleの主な違い

audiobook.jpとAudibleはどちらもオーディオブックを配信サービスですが、サービス内容には明確な違いがあります。

audiobook.jpとAudibleの主な違いは次の通りです。

  • 月額制かどうか
  • 聴き放題の有無
  • アプリの使い易さ

どちらのサービスが良い悪いではなく、利用者が受け取れるサービス内容が変わりますので、比較して自分が利用したいサービスを提供している方を選びましょう。

audiobook.jpとAudibleの3つの違いについて、それぞれ解説していきます。

月額制かどうか

audiobook.jpとAudibleの決定的な違いですが、Audibleの方は1,500円の月額会員制サービスです。
ですので、Audibleでオーディオブックを購入したければ、毎月1,500円払わなければいけません。

無料で会員登録できるaudiobook.jpに比べて、月額制のAudibleは入会のハードルが上がりますが、総合的なオーディオブックの購入費用を考えると、Audibleの方がお得になる事が多いです。
なぜなら、Audibleは毎月好きなオーディオブックが1冊無料で手に入るなど、月額料金以上の手厚いサービスを受けられるからです。

Audibleは月額制のサービス

また、audiobook.jpにもボーナスポイントがもらえる月額会員プランが用意されています。
こちらはAudibleのように、入会必須のサービスではありません。

そのため月額会員になるのに抵抗がある場合はaudiobook.jpを利用すれば良いし、お得になるなら月額制でも問題ないという方はAudibleがおすすめです。

タケシ!タケシ!

Audibleは毎月貰えるオーディオブックも、6ヶ月先まで交換可能ですし、解約しても購入したオーディオブックを聴けるので、月額制ですが自由度は高いです。
言ってしまえば、オーディオブックを購入する時だけ、入会すれば良いのです(入会・解約が自由なので)。

聴き放題の有無

オーディオブック聴き放題を提供しているのはaudiobook.jpのみです。
定額制サービスのサブスクをオーディオブックでも利用したい方は、audiobook.jpを利用しましょう。
月額750円で1万冊を超えるオーディオブックが聴き放題です。

一応Audibleにも音声コンテンツが聴き放題のAudible Stationがあります。
audiobook.jpのオーディオブック聴き放題に比べると、オーディオブックの量は圧倒的に少ないです。しかしAudible Station限定のお笑い・ビジネスのコンテンツが多数配信されています。

音声コンテンツ聴き放題

音声コンテンツ好きの人ならどちらも楽しめると思いますが、純粋なオーディオブック聴き放題と考える時、audiobook.jpの聴き放題が圧倒的におすすめです。
Audible Stationは、Audible会員になった時の一つの特典として覚えておいて下さい。

タケシ!タケシ!

オーディオブック聴き放題があるというのが、audiobook.jp最大の魅力。これがなければ、正直Audibleに勝るサービスは、ほぼないです。

聴き放題サービスの基本情報

audiobook.jpのオーディオブック聴き放題とAudibleのAudible Station、2つのサービス基本情報を表にしてまとめました。

 オーディオブック聴き放題Audible Station
月額料金750円Audibleの会員特典に含まれる。
無料体験30日間30日間
オーディオブック◎(5,000冊以上)
ポッドキャスト
音声ニュース

オーディオブック (audiobook.jp) - 耳で楽しむ読書アプリ

オーディオブック (audiobook.jp) – 耳で楽しむ読書アプリ

OTOBANK Inc.無料posted withアプリーチ

アプリの使い易さ

オーディオブックはスマホアプリで再生する事が1番多いので、アプリの使いにくさはサービスとしては致命傷です。
この点は既に結論が出ていて、アプリの使い易さは間違いなくAudibleの方が上
アプリストアの評価でも、5点満点中audiobook.jpが2.7点でAudibleが4.6点という結果で、ユーザの反応を見ても明らかです。(2020年9月時点)

アプリの評価を比較

下記の表でアプリの性能を比較したのでご覧ください。

 audiobook.jpAudible
スマホアプリありあり
再生速度・0.5倍速~4倍速
・0.1倍速ごとに調節可能
・0.5倍速~3.5倍速
・0.5倍速ごとに調節可能
PCでの再生方法ダウンロードストリーミング、ダウンロード不可
mp3ダウンロード可能不可
アプリ内購入可能(割高)不可
支払い方法・クレジットカード
・ドコモケータイ払い
・ソフトバンクまとめて支払い
・ワイモバイルまとめて支払い
・iOS App内課金
・Google Play内課金
クレジットカード

機能の豊富さでいうと、audiobook.jpの方が再生速度を細かく調整できたり、オーディオブックのアプリ内購入や支払い方法の豊富さ、mp3ダウンロード(ウェブサイト)などAudibleにはない機能が揃っています。
しかし、アプリの安定性がAudibleとは段違いに悪く、再生周りをいじったときに頻繁に落ちます

Audibleはシンプルですが必要な機能は十分揃っており、動作も安定しているので圧倒的に使いやすいです。
やはりAmazonのサービスですので、サポート部分に関しては、世界トップレベルと言って良いでしょう。

タケシ!タケシ!

機能性と安定性のどちらを選ぶかですが、日々使うアプリなので僕は断然安定性を選びます。

オーディオブックのラインナップを比較

Audibleとaudiobook.jpのラインナップの比較ですが、2020年ではAudibleの方が優れています
数年前までは「Audibleはほとんどが洋書で日本のオーディオブックがない」と言われてきましたが、今では日本語のオーディオブックも充実しています。

確かに50万冊以上の大部分は洋書ですが、日本語オーディオブックの数もaudiobook.jpと変わりはありません。
反対にaudiobook.jpには洋書は全くないので、洋書オーディオブックを聴くならAudible一択です。

下記の表に、Audibleとaudiobook.jpのラインナップの強さをジャンル別にまとめました。

 
Amazon Audible
audiobook.jp
ラインナップ数
50万冊以上
2万冊以上
ビジネス
自己啓発
教養
語学
実用・資格
小説・文芸・落語
ラノベ・アニメ
講演会
ロマンス・官能
洋書

ラインナップ数は洋書も含めているので、Audibleが圧倒的です。
他のジャンルについても、Audibleはaudiobook.jpに比べて、総合的に強いジャンルが多い印象を受けます。
特に小説やラノベに関してはAudible一択と言って良いほど、オーディオブックの数が全然違います。

ですが、audiobook.jpはAudibleよりも前から、日本語のオーディオブックを配信してきたので、少し前の書籍や過去のベストセラー作品は、Audibleに比べてやはり多いです。

片方のサービスでしか配信していないオーディオブックは、もちろんありますので、欲しいオーディオブックがあるサービスを使うというのも当然の選択になります。

タケシ!タケシ!

同じタイトルでも制作が違うことがあり、価格やナレーターが異なる場合もあるので、「安い方を買う」「聴きやすい声を買う」という風な使い分けもできます。

代表的なオリジナルオーディオブックを紹介

各サービスでラインナップに違いがあるという話をしましたが、audiobook.jpとAudibleではそれぞれ、力を入れているオリジナルオーディオブックがあるので紹介していきます。

単に片方のサービスにしかないオーディオブックではなく、ナレーターに声優や俳優を起用したりして、大規模な企画を立てて作られたものです。

全て公式サイトでサンプルを視聴できます。

audiobook.jpオリジナル

audiobook.jpオリジナル

audiobook.jpでは話題の小説をオーディオブック化するときには、特設ページを作り、大々的に宣伝しています。

上記の作品は、1つの作品に対して10人〜30人の声優さんが集結して収録した、豪華なオーディオブックです。
効果音なんかも気合い入れて作られており、単なる本の読み上げではなく、エンターティメント作品として楽しめます。

Audibleオリジナル

Audibleオリジナル

Audibleではaudiobook.jpのように大勢の声優さんが集結するような作品はありませんが、著名人をナレーターに起用することが多いです。
上記はAudibleのおすすめオーディオブックから厳選した一例で、今までに少なくとも50作品以上は、声優や俳優、タレントなどが朗読したオーディオブックを配信しています。

「俺か、俺以外か。ローランドという生き方」では、著者であるローランドさん本人が朗読を担当し、直木賞受賞作品の「ファーストラブ」は元SKE48の松井玲奈さんが朗読を担当しました。

また、ライトノベルに関してはアニメ化作品を、アニメで声を担当した声優さんを多数起用しています。
アニメ3期まで制作が決定している「本好きの下剋上」では、アニメで主演を務める声優の井口 裕香さんが朗読を担当しています。

【比較結果まとめ】どちらを選ぶべきか?

ここまでのaudiobook.jpとAudibleの比較結果を踏まえて、要点を表にしてまとめました。

サービス名audiobook.jp
Audible
お得感
ラインナップ
聴き放題
アプリの機能性
アプリの安定性

2020年にとりあえず選ぶとするのであればAudibleです。
お得感もあり、ラインナップが充実していて、アプリが安定しています。
何よりオーディオブックが1冊無料で貰えるのが最高です。

オーディオブック聴き放題が利用したいというのであれば、audiobook.jpを利用しましょう。
また、一度にたくさんのオーディオブックを購入するのであれば、月額会員プランでボーナスがあるaudiobook.jpだと、たくさん買うほど安くなります。

どちらのサービスにも無料体験があるので、時間があるのであれば、両方試してみるのが一番手堅いです。

\オーディオブック聴き放題(無料体験)の登録ならaudiobook.jp公式アプリ/

オーディオブック (audiobook.jp) - 耳で楽しむ読書アプリ

オーディオブック (audiobook.jp) – 耳で楽しむ読書アプリ

OTOBANK Inc.無料posted withアプリーチ

サービス比較表

最後にaudiobook.jpとAudibleのサービス比較表を載せておきます。
最終確認にご利用下さい。

サービス名Amazon Audibleaudiobook.jp
ロゴaudibleのロゴaudiobook.jpのロゴ
特徴Amazonのサービス。他者に比べると圧倒的なラインナップを誇る。オーディオブックの老舗。人気の本や最新作が多くラインナップされている。
ラインナップ
・50万冊以上
・ビジネス、自己啓発、洋書など30種類以上のカテゴリー
・約2万冊以上
・ビジネス、自己啓発、講演会など約10種類のカテゴリー
定額制の有無Audible会員
・月額1,500円
・毎月1冊無料
・会員30%OFF
・「Audible Station」
聴き放題プラン
・月額750円
・対象オーディオブックのみ
月額会員プラン
・月額550円~33,000円
・お得に買えるポイントの付与
・会員限定セール
無料特典・1ヶ月無料体験
・最初の1冊無料
・聴き放題プラン30日間無料
スマホアプリありあり
再生速度・0.5倍速~3.5倍速
・0.5倍速ごとに調節可能
・0.5倍速~4倍速
・0.1倍速ごとに調節可能
注意点2018/08/28以降Audibleの聴き放題は終了FeBe(サービス名変更前)のアカウントは引き続き利用可能

まとめ・感想 初めて利用するならAudibleと聴き放題

2020年になってからは、初めてオーディオブックを利用するのであれば、Audibleなのかなと思います。
以前まではラインナップの面でaudiobook.jpを押していたのですが、ラインナップが充実した事と、使いやすさの面でAudibleがおすすめです。

また、オーディオブック聴き放題はaudiobook.jp唯一無二で、改良も重ねられ充実したサービスになっているので、こちらも利用してもらいたい。

まずはAudibleと聴き放題を中心に無料でオーディオブックを楽しんでみて下さい。

人気記事オーディオブックのおすすめ人気ランキング10選【歴6年マニア解説】
運営メルマガ『毎日30秒書評!~心に響く本の言葉~』







次によく読まれている記事



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう