おすすめオーディオブック配信10社を神マニアが徹底比較しました!

「おすすめのオーディオブック配信サービスが知りたい!!」
「読書が苦手でもオーディオブックなら習慣化できるかな…?」

オーディオブックは耳で聴く新しい読書の形。
読書が苦手な人でもオーディオブックならスキマ時間を活用して、毎日楽しく読書ができるようになります。

僕は10代の頃は全くと言って読書をしてきませんでしたが、20代でオーディオブックに出会ってからは、読書が大好きになり毎日本を読んでいます。
オーディオブックは本当に手軽に読書ができるので、特別に読書時間を作らなくても、ちょっとしたスキマ時間で本が読めるのが魅力です。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
オーディオブックマニアのタケシ!(@takeshi_audio)です。今まで300冊以上のオーディオブックを聴き、オーディオブックのレビュー数No.1のブログを運営しています。

今回はオーディオブック歴6年以上の僕が、【おすすめオーディオブック配信の比較ランキング】を作成しました。
300冊以上もオーディオブックを聴いてきた経験を全てランキングに注ぎ込んでいます。

また、この記事を作成するにあたりオーディオブック利用者の方々にもアンケートを行いました。
その結果、多くの方々に愛用されているオーディオブック配信サービスが分かりました。
アンケート結果はランキングの前に開示しています。

これからオーディオブックの利用を始める方の参考になれば嬉しいです。

人気No.1:Audibleの30日間無料体験
コスパNo. 1:聴き放題30日間無料体験
※聴き放題はスマホアプリです。PCはQRコード

オーディオブックとは?【知っておくべきメリット】

オーディオブックとは本の朗読を耳で聴ける、電子書籍に次ぐ新しい読書ツールです。
プロのナレーターや声優が読み上げた聴き取りやすい声で、聴くだけでも快適に読書が楽しめます。

そのため、手が空いていなくても耳さえ空いていれば読書が可能、いわゆる「ながら読書」です。
読書が苦手な人でも、オーディオブックなら音楽を聴く感覚で手軽に読書ができます。

オーディオブックを聴く女性

また、オーディオブックの「ながら読書」ならスキマ時間も有効活用できるので、読書をする機会も増やせます。
「本を読みたいけど時間がない…。」「読書習慣を身に付けたい!」という方に、オーディオブックはおすすめです。

タケシ!タケシ!

僕は移動中にオーディオブックをよく聴いていますが、以前に比べて読書量が格段に増えました。オーディオブックだけでも月に10冊以上は本を読んでいます。

下記にオーディオブックがよく使われるシーンをまとめたので参考にしてみて下さい。

オーディオブックがよく使われるシーン
  • 移動中(通勤・通学)
  • 家事中(掃除・洗濯・洗い物)
  • 運動中(ジム・ランニング)
  • 就寝前(ベッドで寝る前の勉強)
  • 入浴中(お風呂のリラックスタイム)

オーディオブック配信サービスの選び方

オーディオブック配信サービスを選ぶ時に何を重視すれば良いのか?選び方を解説します。
押さえておきたいポイントは次の3つです。

  • オーディオブックのラインナップ
  • サービス形態(買い切り or 聞き放題)
  • アプリの使いやすさ

それでは、個別にみていきましょう。

【ポイント1】
オーディオブックのラインナップ

オーディオブックのラインナップの違いが、各オーディオブック配信サービスの特徴を表しています。
というのも、オーディオブックは電子書籍とは違い、各オーディオブック配信サービスが独自にオーディオブックを製作をしているからです。

同じタイトルの書籍でもオーディオブック配信サービスによって違うナレーターが起用された、別のオーディオブックが販売されています。

そのため、単純に「ラインナップ数が多いサービスの方が優れている!」とは言い切れないのです。下記は、オーディオブック配信サービス10社のラインナップ比較表です。

 ラインナップ総数得意ジャンルポッドキャスト
audible50万冊以上ビジネス、自己啓発、洋書、小説、ラノベあり
audiobook.jp2万冊以上ビジネス、自己啓発あり
flier2千冊以上ビジネス、自己啓発なし
kikubon400冊以上小説あり
himaraya1万冊以上ビジネス、自己啓発あり
でじじ2千5百冊以上古典(ビジネス・自己啓発)なし
リスボ2千5百冊以上講演、古典(ビジネス・自己啓発)なし
honto200冊以上学習、教養なし
Google Play数十万冊以上洋書なし
Apple Books数十万冊以上洋書なし



オーディオブックのラインナップ数では、Amazon Audibleとaudiobook.jpが優れています。
基本的には、この2つのオーディオブック配信サービスを利用すれば、ほとんどのオーディオブックが手に入ります。

しかし、flierやkikubonでしか聴けないビジネス書や小説もあるので、自分の好きな本に合わせて使い分けるのが大切です。

タケシ!タケシ!

オーディオブック利用者の90%以上がAudibleかaudiobook.jpを利用しています。日本で大手オーディオブック配信サービスといえば、Audibleとaudiobook.jpです。

【ポイント2】
サービス形態(買い切り or 聴き放題)

オーディオブック配信サービスのサービス形態は、「買い切り」と「聴き放題」の2つに分かれます。

「買い切り」と「聴き放題」の特徴は次の通りです。

  • 買い切り:オーディオブックを単品で購入できる
  • 聴き放題:対象のオーディオブックが聴き放題

「買い切り」の場合には一度購入すれば永続的に聴き続けられますが、「聴き放題」は解約すると聴けなくなります。

コスパが良いのは「聴き放題」ですが、最新作品や人気作品は対象外だったりするので、「買い切り」でしか聴けないオーディオブックは多いです。
また、「買い切り」にもセールに参加して割引価格でオーディオブックを購入できるメリットがあります。

タケシ!タケシ!

オーディオブックの聴き放題は現状audiobook.jp一択。Audibleにはポッドキャストが主な聴き放題もありますが、オーディオブックをメインに聴くならaudiobook.jpです。

関連記事オーディオブック聴き放題プラン対象ラインナップは少ないのか?

オーディオブックのダウンロードについて

「買い切り」タイプの補足として、購入したオーディオブックのダウンロードについても触れておきます。
というのも、「買い切り」で購入したオーディオブックはダウンロード可能ですが、音声ファイルが手に入らないオーディオブック配信サービスがあります。

サービス別のダウンロード例

例えば、Audibleで購入したオーディオブックは専用のアプリかストリーミング再生のみ対応で、音声ファイルのダウンロードができません。
一方で、audiobook.jpで購入したオーディオブックは、mp3形式の音声ファイルがダウンロードできます。

このように、オーディオブックは購入したからといって、必ず音声ファイルがダウンロードできるわけではないのです。
mp3など音声ファイルが手に入らないと、別の音楽プレイヤーでの再生や音声の編集などが出来ないデメリットもあるので覚えておきましょう。

タケシ!タケシ!

オーディオブックの音声ファイルが欲しいなら、audiobook.jpかでじじを利用しましょう。

【ポイント3】
アプリの使いやすさ

オーディオブックを聴く時にはアプリの使いやすさも重視すべきです。
というのも、オーディオブックは購入したオーディオブックをアプリにダウンロードして聴くので、アプリが使いにくいと快適に「ながら読書」が楽しめません。

オーディオブックのアプリで重視するのは次の2つです。

  • 速度調節機能(倍速再生)
  • アプリの安定性

オーディオブックで聴ける本の朗読は基本的にゆっくりなので、アプリの速度調節機能を利用して、自分の聴きやすい速さに調節します。

オーディオブックアプリの速度調節画面

audiobook.jpなら最大で4倍速まで調節ができますが、倍速再生はアプリに負荷をかけるので、突然アプリが落ちるなど、安定性が悪くなります。

2倍速くらいまでならアプリの安定性に与える影響は少ないですが、3倍速や4倍速で聴きたい人は、安定性の高いアプリを利用しましょう。

タケシ!タケシ!

オーディオブックアプリの中では、Audibleが群を抜いて安定しています。僕が4年以上利用していてアプリが落ちたことは一度もありません。3倍速を利用しながら再生バーを動かしてもサクサク動作します。

オーディオブック利用者のアンケート結果

【おすすめオーディオブック配信の比較ランキング】を作成するにあたり、オーディオブック利用者にアンケート調査を実施しました。

ランキングの前に下記のアンケート結果をご覧ください。

オーディオブックに対するアンケート結果

オーディオブックの利用者へのアンケートの結果、最も多く利用されているのがAudible(https://www.audible.co.jp/)で61%、次に利用されているのがaudiobook.jp(https://audiobook.jp/)で29%、その他が10%という結果でした。

オーディオブック配信サービスは、Audibleとaudiobook.jpの利用者が90%以上を占めています。
そのため、オーディオブック配信サービスは2つのサービスの内どちらかを選ぶのがおすすめです。

それでは【おすすめオーディオブック配信の比較ランキング】をご覧ください。

関連記事【診断リストあり】audiobook.jpとAudibleを徹底比較した結論!

おすすめオーディオブック配信の比較ランキング

アンケート結果をもとに、おすすめオーディオブック配信の比較ランキングを作成しました。
上位のオーディオブック配信サービスには、実際の利用者の評判も掲載しているので、参考にしてください。

【第1位】Audible

audible

AudibleはAmazonが運営する、人気No.1のオーディオブック配信サービスです。
月額1,500円で、確実に1,500円以上する、様々な会員特典が受け取れます。

 

Audibleの会員特典の中でも、コイン制は最もお得。
50万冊以上ある全てのオーディオブックのラインナップの中から、料金関係なしに、毎月1冊交換できます。

 

その他にも、ボーナスタイトルや限定ポッドキャストなど、沢山のコンテンツが聴き放題です。
Audibleは30日間無料で使えて、オーディオブックの返品が無償で受けられるので、初めのオーディオブックにおすすめします。

購入方法・買い切り型
・月額会員1,500円
・会員追加料金なしのコンテンツあり
ラインナップ・約40万冊以上
・約30種類のカテゴリー分け
得意なジャンル・ビジネス、洋書、文芸、ラノベ
特典・割引・30日間無料体験
・1冊無料でもらえる
・会員30%OFF
・Audible Station
・返品・交換保証
再生速度・0.5倍速~3.5倍速
・0.5倍速ごとに調節可能
【第2位】audiobook.jp

audiobook.jp

audiobook.jpはAudibleと並ぶ日本最大級のオーディオブック配信サービスです

 

audiobook.jpの特徴はオーディオブック聴き放題。
月額750円で1万冊以上のオーディオブックやポッドキャストが聴き放題になります。

コスパ良く沢山のオーディオブックを聴きたいのであれば、audiobook.jpがおすすめです。

 

その他にも、まとめ買いに便利な月額会員制度があり、最大で9,000円分のオーディオブックをお得に購入可能。

audiobook.jpではセールも頻繁に行われており、月額会員と組み合わせると、かなりお得に使えるサービスです。

購入方法・買い切り型・聴き放題
・聴き放題は月額750円
・有料会員は月額550円〜33,000円
ラインナップ・約2万冊以上
・約10種類のカテゴリー分け
得意なジャンル・ビジネス、自己啓発、教養
特典・割引・最大50%OFFの会員限定セール
・聴き放題30日間無料体験
・お得に買える追加ポイントの付与
再生速度・0.5倍速~4倍速
・0.1倍速ごとに調節可能
今ならアプリで聴き放題が30日間無料

オーディオブック (audiobook.jp) - 耳で楽しむ読書アプリ

オーディオブック (audiobook.jp) – 耳で楽しむ読書アプリ

OTOBANK Inc.無料posted withアプリーチ

【第3位】flier

flier

flierは本の要約が聴き放題になる、オーディオブック配信サービスです。
flierではAIによる音声読み上げを採用。
人間の読み上げと比べてみても、違和感なく聴けます。

 

また、扱っているビジネス本の豪華さは、オーディオブック配信No.1です。
古典的名作から話題作まで、内容を10分で理解できます。

 

当サイトの特別キャンペーンで7日間の無料体験と月額料金の永年割引を実施中です。
ここだけの特別価格なので、ぜひflierを体験してみて下さい。

購入方法・聴き放題
・無料本もあり
・シルバープラン(月5冊)月額550円
・ゴールドプラン(聴き放題)月2,200円
ラインナップ・約2千冊以上
・ビジネス書中心
得意なジャンル・ビジネス、自己啓発、テクノロジー、健康
特典・割引・無料の要約コンテンツ
・初月無料あり
再生速度・1倍速~2倍速
・1.2倍速、1.5倍速に調節可能
【第4位】kikubon

kikubon

kikubonはSFやファンタジー作品に特化したオーディオブック配信サービスです。
kikubonでしか聴けない小説が多く配信されています。

 

人気作としては、田中芳樹の「銀河英雄伝説」が有名です。
kikubonといえば「銀河英雄伝説」というイメージがあります。
同作者の「アルスラーン戦記」も人気です。

 

また、kikubonでは江戸川乱歩など名作小説のオーディオブックを無料で公開しています。
100冊以上のオーディオブックが無料で聴けるので、お試しあれ。

購入方法・買い切り型
・月額会員あり
・プレミアム会員は月額324円~月額5,400円
ラインナップ・約400冊以上
・物語が中心
得意なジャンル・SF、ミステリー、ファンタジー
特典・割引・お得に買えるポイントの付与
・会員限定セール
・限定音源
・毎月無料プレゼント
・無料本70冊以上
再生速度・1倍速のみ
・速度調整不可
【第5位】himaraya

himaraya

himarayaは中国では6億ダウンロードを突破している、音声配信プラットフォームです。
audiobook.jpと提携して、オーディオブックの配信も行っています。

 

himarayaではhimarayaプレミアムという、750円のオーディオブック聴き放題を提供。
しかし、audiobook.jpの下位互換です。
audiobook.jpで聴ける「聴き日経」など限定ポッドキャストは配信されておらず、目玉サービスの期間限定作品もありません。

 

同じ価格ならaudioboook.jpを利用すべきです。

ちなみに僕もhimarayaで「超読書研究所」というチャンネルで配信しています。

購入方法・買い切り型
・聴き放題
ラインナップ・10,000冊以上
得意なジャンル・ビジネス・自己啓発
・ポッドキャスト
特典・割引・30日間無料体験
・1年プラン7,500円
・オーディオブックは広告なし
・プレミアム音源
再生速度・最大3倍速
【第6位】でじじ

でじじ

でじじは、主にパンローリングで出版された書籍のオーディオブック版を配信しています。

そのため、ラインナップの中心は、古典と呼ばれる名作。

 

「引き寄せの法則」や「自助論」、「7つの習慣」などのオーディオブック版が聴けます。

しかし、でじじで販売されているオーディオブックはAudibleやaudiobok.jpでも同じものが販売されています。

 

でじじの強みは、オーディオブックのCD版があることです。
オーディオブックのCDが欲しい場合はでじじを利用しましょう。

購入方法・買い切り型
・月額会員あり
・マンスリープランは月額1,500円
ラインナップ・約2千5百冊以上
・約15種類のカテゴリー分け
得意なジャンル・古典(ビジネス・自己啓発)、童話
特典・割引・会員は毎月2冊無料
・オーディオブック購入特典
再生速度・独自のアプリはなし
・ダウンロードして利用
【第7位】LisBo

リスボ

リスボはオーディオブック聴き放題を専門にしているサービス。
月額1,500円で全てのオーディオブックが聴き放題です。

 

LisBoでは他のサービスにはない、古い講演の音源が聴けます。
主に文化や思想に関する数十年以上前の貴重な音源が200以上楽しめます。

また、講演以外のオーディオブックは、でじじと同じように古典的名作が多いです。

購入方法・聴き放題
・聴き放題は月額1,500円
ラインナップ・約2千5百冊以上
・約10種類以上のカテゴリー分け
得意なジャンル・小説、名作・古典、人生・哲学
特典・割引・ 登録月の末日まで無料体験
再生速度・0.5倍速~4倍速
【第8位】honto

honto

hontoは紙の本と電子書籍を扱う、ハイブリット型の総合書店です。
ネット書店としては珍しく、オーディオブックも配信しています。

 

しかし、取扱数はわずかで、独自のカテゴリーもありません。
あくまで電子書籍の一部です。

hontoでセールがあると、電子書籍として適用されて安くなります。
今後取扱作品数が増えることに期待です。

購入方法・買い切り型
ラインナップ・約200冊以上
・電子書籍と同じ扱い
得意なジャンル・学習、教養
特典・割引・新規会員限定の30%OFFクーポン
・常にジャンル別にセールを行っている
再生速度・1倍速~4倍速
【第9位】Google Play

Google Play

Google Playでもオーディオブックが配信されています。
しかし、ラインナップは主にaudiobook.jpから提供を受けています。

 

一部セールの連動もあるようですが、audiobook.jpの方が安く買えます。

アプリもGoogle Playのブックアプリより、オーディオブックに特化したaudiobook.jpの方が聴きやすいです。

購入方法・買い切り型
ラインナップ・数十万冊以上
得意なジャンル・オールジャンル
特典・割引・なし
再生速度・0.5倍速~3倍速
・0.05倍速ごとに調節可能
【第10位】Apple Books

Apple Books

Apple Booksでもオーディオブッックが配信されています。
ラインナップの多くはAudibleを中心に提供されています。

 

しかし、Audibleでは会員特典で全作品30%OFFで購入できるので、Apple Booksで買うのはおすすめしません。
唯一洋書であれば、安く購入できる作品もあります。

購入方法・買い切り型
ラインナップ・数十万冊以上
得意なジャンル・オールジャンル
特典・割引・なし
再生速度・0.75倍速~2倍速
・0.25倍速ごとに調節可能

オーディオブックに関するよくある質問

オーディオブックに関するよくある質問に解答しましたので、利用する際の参考にしてください。

Q1:オーディオブックにテキストは付属しますか?

A1:オーディオブックにはテキストは付属していません。
ですが、本の中にある図や表は付属資料としてオーディオブックでも配布されるので、「オーディオブックだから読めない…」という部分は特にないです。

どうしてもテキストが欲しい場合には電子書籍や紙の本で購入するしかありません。

Q2:オーディオブックは語学学習にも利用できますか?

A2:オーディオブックは良質なリスニング教材として、語学学習にも利用できます。
特に、英語の場合には語学教材としてのオーディオブックもあります。

Audibleでは50万冊以上の洋書オーディオブックが日本でも購入できるので、自分のレベルに合ったリスニング教材を探してみてください。

関連記事【オーディオブックで英語学習】無料サイトとおすすめ本を紹介!!

Q3:オーディオブックは何で聴くのがおすすめですか?

A3:オーディオブックはワイヤレスイヤホンで聴くのが最もおすすめです。
移動中や運動中の「ながら読書」では、ケーブルの無いワイヤレスイヤホンの方が、快適に利用できるからです。

ノイズキャンセリング対応のイヤホンだと、周囲の雑音を消して読書に集中できるので、オーディオブックとは特に相性が良いでしょう。

関連記事オーディオブックにはワイヤレスイヤホンが必須!【おすすめも紹介】

Q4:オーディオブックと普通の本では、どちらが学習に効果的ですか?

A4:オーディオブックと普通の本を比較して、特にどちらかが優れているというわけではなく、うまく使い分ける事が大切です。
例えば、単純な読書スピードは拾い読みができる普通の本の方が早いですが、オーディオブックは文脈全体の理解や何度もリピートして知識を頭に刷り込むのに適しています。

散歩しながらの読書や目が疲れていても読書ができるので、オーディオブックを導入すると読書の幅が広がるのは事実です。

関連記事オーディオブックの効果的な使い方!【マニアの聴き方を伝授します】

Q5:オーディオブックのおすすめ本を教えてください?

A5:オーディオブックで最も人気なのがビジネス書や自己啓発本なので、ベストセラー作品を聴いてみるのがおすすめです。
例えば「自分を操る超集中力」や「嫌われる勇気」はオーディオブックでも常に売り上げトップの名著です。

下記にオーディオブックのおすすめ本を紹介した記事をまとめておくので、聴きたい本に迷った時には参考にしてください。

オーディオブック利用者の感想を紹介

アンケート調査の過程で、オーディオブック全般の感想も頂きましたので、最後に紹介させていただきます。

  • 小説系で情感たっぷりに読むものがあったら購入したいなあと思います。淡々と読まれる読み手の方が多いので。(20代女性)
  • 聞き放題サービスがもう少し充実すれば、利用する人も増えてくるのではと思います。私は、まだキンドルで読むほうがいいかなと思ってしまいます。(20代男性)
  • 最近はオーディオブックはメジャーになり利用者も多いですが、オーディオブックのCDやDVDもあるので思ったより昔からあるものなんだなぁと思っていた今日この頃です。ドライブ時間の長いアメリカでは、車中で聴く人が多いと聞きます。ひとりのドライブも退屈せずに済みそうです。(40代女性)
  • もっといろいろな会社が共存して、値段が安くなると良いなとは思います。(30代女性)
  • 一つの作品を一人の方が読み上げていますが、自分の中でのイメージや声の好みなどもあるので、読み上げる人(声)を選択できるとうれしいです。(20代女性)
  • 時々、聴いた内容がわからないことがあり、文章で確認したい時があります。耳で聞く、目で読む、ということが両方できるようになると、ありがたいです。(30代女性)
  • スマホはネットを見るだけと思ってましたが、このように音を再生する機能を、音楽だけでなく、情報を聴くという活用の仕方は、面白い活用方法だと感じてます。(50代男性)

終わりに

オーディオブックは電子書籍に続く新しい読書の形です。
まだまだ発展途上のコンテンツで、これかもどんどん発展していきます。

電子書籍が初めて日本に上陸した時には、「紙の本の方が良い」と言われて、流行らないのでは?という事もありましたが、今では一般化しています。
これからオーディオブックも電子書籍と同じように一般化していくと思います。

少しでも興味がある方は、時代の先取りとして、オーディオブックを体感してみてください。

余談ですが、今後のオーディオブックの発展は、AIの読み上げにかかってくるかと思います。
flierのAI読み上げを聞いていると、遠くない未来に全ての電子書籍がオーディオブック化しそうです。

それでは最高のオーディオブックライフを♪

タケシ!タケシ!

よろしければ、当サイトで運営している月にビジネス書30冊分(購入すると約30,000円)の要約を配信しているインスタグラムもどうぞ! 大好評の人気記事は下記のリンクから♪

人気記事【特別公開】オーディオブックを無料で聴く4つの裏技を教えます!
関連記事【完全版】オーディオブックのメリット・デメリット【5年の集大成】