おすすめオーディオブック配信10社を神マニアが徹底比較しました!

「おすすめのオーディオブック配信サービスが知りたい!!」
「なぜオーディオブックを使う人は読書を習慣化できるのか?」
オーディオブックなら、読書を諦めた人でも簡単に読書習慣を身につけることができます。
僕は10代の頃は本が苦手で、全くと言って良いほど読書をしてきませんでした。

20歳を過ぎ「このままではマズイ」と感じて、何とか頑張ろうと本を買い漁っては、積読が増える日々。
そこで出会ったのがオーディオブックです。

オーディオブックを使い始めてからは、面白いように毎日読書をするようになり、今では苦手だった本も毎日読めるようになりました。
しかも、読書の為に、特別に時間を作ったわけではなく、ただ日々のスキマ時間を活用しただけなんです。

タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
レビュー数No.1、オーディオブックマニアのタケシ!(@>takeshi_audio)です。

今回はオーディオブック配信サービスについて、6年間利用した経験と愛好家へのアンケート結果をもとに、徹底的にまとめました。
「オーディオブックとは?」と言う人でも、簡単に「耳で聴く読書」が分かります。

アンケートではオーディオブック愛好家30人以上に、おすすめのオーディオブック配信サービスを教えて頂きました。
完成した【おすすめオーディオブック配信の比較ランキング】を紹介します。

オーディオブックのメリット・デメリットやおすすめの使い方など、これからオーディオブックを始める人の参考になる情報もまとめています。

オーディオブック配信サービスには無料体験があるので、まずは無料で始めてみてください。

\おすすめのオーディオブック配信/

audiobook.jp人気No.1Audibleflier
750円1,800円
詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
30日間無料7日間無料

オーディオブックがおすすめの理由

オーディオブックを聴く女性

6年以上使っている僕の経験とアンケート結果から分かった、オーディオブックがおすすめの理由は次の通りです。

  • いつでもどこでも聴ける
  • スキマ時間の有効活用
  • 本が苦手でも読書ができる

オーディオブックはイヤホンさえ耳に付ければ、いつでもどこでも読書ができます。
普通本を読む時には、カフェや自宅で時間を取って読書に集中します。
当然ですが、読書中は手が離せないので、他の作業をすることはできません。

しかし、オーディオブックなら、移動中や作業中でも自由に読書ができます。
普段の生活にオーディオブックを取り入れることで、スキマ時間を有効活用できるのです。

しかも、文字を読むのが苦手な人や机に向かって集中できない人でも、オーディオブックなら聴くだけで読書ができます。
読書をしたいけど、本が苦手な人にとっては救世主とも言えるツールです。

タケシ!タケシ!

本が苦手だった僕でも、今では毎日読書をする読書家になれました。

オーディオブック愛好家へのアンケート結果

普段からオーディオブックを利用している愛好家30人以上に、オーディオブックに関するアンケート調査を実施しました。

アンケート結果は次の通りです。

オーディオブックに対するアンケート結果

アンケート結果から、利用されているオーディオブック配信サービスは、Audible(https://www.audible.co.jp/)が61%でaudiobook.jp(https://audiobook.jp/)が29%、その他が10%という結果が得られました。
このことから、多くのユーザーは、Audibleとaudiobook.jpのどちらかを利用していると分かります。

それでは【おすすめオーディオブック配信の比較ランキング】をご覧ください。

関連記事【診断リストあり】audiobook.jpとAudibleを徹底比較した結論!

おすすめオーディオブック配信の比較ランキング

アンケート結果をもとに、おすすめオーディオブック配信の比較ランキングを作成しました。
上位のオーディオブック配信サービスには、実際の利用者の評判も掲載しているので、参考にしてください。

【第1位】Audible

audible

AudibleはAmazonが運営する、人気No.1のオーディオブック配信サービスです。
月額1,500円で、確実に1,500円以上する、様々な会員特典が受け取れます。

 

Audibleの会員特典の中でも、コイン制は最もお得。
50万冊以上ある全てのオーディオブックのラインナップの中から、料金関係なしに、毎月1冊交換できます。

 

その他にも、ボーナスタイトルや限定ポッドキャストなど、沢山のコンテンツが聴き放題です。
Audibleは30日間無料で使えて、オーディオブックの返品が無償で受けられるので、初めのオーディオブックにおすすめします。

購入方法・買い切り型
・月額会員1,500円
・会員追加料金なしのコンテンツあり
ラインナップ・約40万冊以上
・約30種類のカテゴリー分け
得意なジャンル・ビジネス、洋書、文芸、ラノベ
特典・割引・30日間無料体験
・1冊無料でもらえる
・会員30%OFF
・Audible Station
・返品・交換保証
再生速度・0.5倍速~3.5倍速
・0.5倍速ごとに調節可能
【第2位】audiobook.jp

audiobook.jp

audiobook.jpはAudibleと並ぶ日本最大級のオーディオブック配信サービスです

 

audiobook.jpの特徴はオーディオブック聴き放題。
月額750円で1万冊以上のオーディオブックやポッドキャストが聴き放題になります。

コスパ良く沢山のオーディオブックを聴きたいのであれば、audiobook.jpがおすすめです。

 

その他にも、まとめ買いに便利な月額会員制度があり、最大で9,000円分のオーディオブックをお得に購入可能。

audiobook.jpではセールも頻繁に行われており、月額会員と組み合わせると、かなりお得に使えるサービスです。

購入方法・買い切り型と定額サービス
・聴き放題サービスは月額750円
・有料会員は月額300円〜30,000円
ラインナップ・約1万5千冊以上
・約10種類のカテゴリー分け
得意なジャンル・ビジネス、自己啓発、教養
特典・割引・最大50%OFFの会員限定セール
・聴き放題30日間無料体験
・お得に買える追加ポイントの付与
再生速度・0.5倍速~4倍速
・0.1倍速ごとに調節可能
今ならアプリで聴き放題が30日間無料

オーディオブック (audiobook.jp) - 耳で楽しむ読書アプリ

オーディオブック (audiobook.jp) – 耳で楽しむ読書アプリ

OTOBANK Inc.無料posted withアプリーチ

【第3位】flier

flier

flierは本の要約が聴き放題になる、オーディオブック配信サービスです。
flierではAIによる音声読み上げを採用。
人間の読み上げと比べてみても、違和感なく聴けます。

 

また、扱っているビジネス本の豪華さは、オーディオブック配信No.1です。
古典的名作から話題作まで、内容を10分で理解できます。

 

当サイトの特別キャンペーンで7日間の無料体験と月額料金の永年割引を実施中です。
ここだけの特別価格なので、ぜひflierを体験してみて下さい。

購入方法・定額サービス
・無料本もあり
・シルバープラン(月5冊)月額500円
・ゴールドプラン(聴き放題)月2,000円
ラインナップ・約2千冊以上
・ビジネス書中心
得意なジャンル・ビジネス、自己啓発、テクノロジー、健康
特典・割引・無料の要約コンテンツ
・初月無料あり
再生速度1倍速~2倍速
・1.2倍速、1.5倍速に調節可能
【第4位】kikubon

kikubon

kikubonはSFやファンタジー作品に特化したオーディオブック配信サービスです。
kikubonでしか聴けない小説が多く配信されています。

 

人気作としては、田中芳樹の「銀河英雄伝説」が有名です。
kikubonといえば「銀河英雄伝説」というイメージがあります。
同作者の「アルスラーン戦記」も人気です。

 

また、kikubonでは江戸川乱歩など名作小説のオーディオブックを無料で公開しています。
100冊以上のオーディオブックが無料で聴けるので、お試しあれ。

購入方法・買い切り型
・月額会員あり
・プレミアム会員は月額324円~月額5,400円
ラインナップ・約400冊以上
・物語が中心
得意なジャンル・SF、ミステリー、ファンタジー
特典・割引・お得に買えるポイントの付与
・会員限定セール
・限定音源
・毎月無料プレゼント
・無料本70冊以上
再生速度・1倍速のみ
・速度調整不可
【第5位】himaraya

himaraya

himarayaは中国では6億ダウンロードを突破している、音声配信プラットフォームです。
audiobook.jpと提携して、オーディオブックの配信も行っています。

 

himarayaではhimarayaプレミアムという、750円のオーディオブック聴き放題を提供。
しかし、audiobook.jpの下位互換です。
audiobook.jpで聴ける「聴き日経」など限定ポッドキャストは配信されておらず、目玉サービスの期間限定作品もありません。

同じ価格ならaudioboook.jpを利用すべきです。

ちなみに僕もhimarayaで「超読書研究所」というチャンネルで配信しています。

購入方法・買い切り型
・聴き放題
ラインナップ・10,000冊以上
得意なジャンル・ビジネス・自己啓発
・ポッドキャスト
特典・割引・30日間無料体験
・1年プラン7,500円
・オーディオブックは広告なし
・プレミアム音源
再生速度・最大3倍速
【第6位】でじじ

でじじ

でじじは、主にパンローリングで出版された書籍のオーディオブック版を配信しています。

そのため、ラインナップの中心は、古典と呼ばれる名作。

「引き寄せの法則」や「自助論」、「7つの習慣」などのオーディオブック版が聴けます。

しかし、でじじで販売されているオーディオブックはAudibleやaudiobok.jpでも販売されています。

 

でじじの強みは、オーディオブックのCD版があることです。
オーディオブックのCDが欲しい場合はでじじを利用しましょう。

購入方法・買い切り型
・月額会員あり
・マンスリープランは月額1,500円
ラインナップ・約2千5百冊以上
・約15種類のカテゴリー分け
得意なジャンル・古典(ビジネス・自己啓発)、童話
特典・割引・会員は毎月2冊無料
・オーディオブック購入特典
再生速度・独自のアプリはなし
・ダウンロードして利用
【第7位】LisBo

リスボ

リスボはオーディオブック聴き放題を専門にしているサービス。
月額1,500円で全てのオーディオブックが聴き放題です。

 

LisBoでは他のサービスにはない、古い講演の音源が聴けます。
主に文化や思想に関する数十年以上前の貴重な音源が200以上楽しめます。

また、講演以外のオーディオブックは、でじじと同じように古典的名作が多いです。

購入方法・定額サービス
・聴き放題サービス月額1,500円
ラインナップ・約2千5百冊以上
・約10種類以上のカテゴリー分け
得意なジャンル・小説、名作・古典、人生・哲学
特典・割引・ 登録月の末日まで無料体験
再生速度・0.5倍速~4倍速
【第8位】honto

honto

hontoは紙の本と電子書籍を扱う、ハイブリット型の総合書店です。
ネット書店としては珍しく、オーディオブックも配信しています。

 

しかし、取扱数はわずかで、独自のカテゴリーもありません。
あくまで電子書籍の一部です。

hontoでセールがあると、電子書籍として適用されて安くなります。
今後取扱作品数が増えることに期待です。

購入方法・買い切り型
ラインナップ・約200冊以上
・電子書籍と同じ扱い
得意なジャンル・学習、教養
特典・割引・新規会員限定の30%OFFクーポン
・常にジャンル別にセールを行っている
再生速度・1倍速~4倍速
【第9位】Google Play

Google Play

Google Playでもオーディオブックが配信されています。
しかし、ラインナップは主にaudiobook.jpから提供を受けています。

 

一部セールの連動もあるようですが、audiobook.jpの方が安く買えます。

アプリもGoogle Playのブックアプリより、オーディオブックに特化したaudiobook.jpの方が聴きやすいです。

購入方法・買い切り型
ラインナップ・数十万冊以上
得意なジャンル・オールジャンル
特典・割引・なし
再生速度・0.5倍速~3倍速
・0.05倍速ごとに調節可能
【第10位】Apple Books

Apple Books

Apple Booksでもオーディオブッックが配信されています。
ラインナップの多くはAudibleを中心に提供されています。

 

しかし、Audibleでは会員特典で全作品30%OFFで購入できるので、Apple Booksで買うのはおすすめしません。
唯一洋書であれば、安く購入できる作品もあります。

購入方法・買い切り型
ラインナップ・数十万冊以上
得意なジャンル・オールジャンル
特典・割引・なし
再生速度・0.75倍速~2倍速
・0.25倍速ごとに調節可能

 

オーディオブック配信の選び方

オーディオブック配信サービスを選ぶ時に重視すべきポイントは次の通りです。

  • ラインナップ
  • 月額サービス
  • アプリの使い勝手
  • ダウンロード

特にラインナップと月額サービスは、サービスの料金に直接関わってくるので、必ずチェックしたいポイントです。
アプリの使い勝手とダウンロード周りに関しては、よく使う人ほど気になってくるポイントです。

それでは個物に見ていきましょう。

オーディオブックのラインナップ

オーディオブック配信サービス10社のラインナップについて、下記の比較表にまとめましたので、ご覧ください。

 ラインナップ総数得意ジャンルポッドキャスト
audible50万冊以上ビジネス、自己啓発、洋書、小説、ラノベあり
audiobook.jp2万冊以上ビジネス、自己啓発あり
flier2千冊以上ビジネス、自己啓発なし
kikubon400冊以上小説あり
himaraya1万冊以上ビジネス、自己啓発あり
でじじ2千5百冊以上古典(ビジネス・自己啓発)なし
リスボ2千5百冊以上講演、古典(ビジネス・自己啓発)なし
honto200冊以上学習、教養なし
Google Play数十万冊以上洋書なし
Apple Books数十万冊以上洋書なし

ラインナップ数では圧倒的にAudibleが多いです。
しかし、Audibleのラインナップは洋書も含むので、日本語書籍のみで比較すると、実質Audibleとaudiobook.jpでは、若干Audibleの方が多いくらいです。

基本的にはAudibleかaudiobook.jpの二択で、ジャンルによっては別のサービスを使うのが、おすすめ。
例えば、ビジネス書要約はflier、ファンタジー小説はkikubon、講演はLisBoといった形です。

また、オーディオブック配信サービスでは、オリジナルのポッドキャストも配信しているので、考慮してみてください。
Audibleとaudiobok.jpでは定額サービスに加入すると、無料でポッドキャストが聴けます。

タケシ!タケシ!

自分の聴きたいジャンルがあるサービスを選んでみて下さい。audiobook.jpでは『かがみの孤城』のように20人の豪華キャストが集結した傑作もあるので、おすすめです。

月額サービス

オーディオブック配信サービスでは、単品購入よりも月額サービスに加入した方が、安くオーディオブックを購入できます。
月額サービスを提供しているオーディオブック配信は次の通りです。

 月額料金サービス内容
audible1,500円月1冊無料、毎月ボーナスタイトル、ポッドキャスト聴き放題、全タイトル30%OFF、返品・交換無料
audiobook.jp750円、330円〜33,000円オーディオブック聴き放題、金額に応じたボーナスポイントの配布
flier1,800円(当サイト限定)オーディオブック聴き放題(AI)
kikubon324円〜5,400円金額に応じたボーナスポイント、毎月1章無料、限定音源、限定セール
himaraya750円オーディオブック聴き放題
でじじ1,500円対象作品2冊無料
リスボ1,500円オーディオブック聴き放題

オーディオブックの読み放題を提供しているのが、audiobook.jpとhimaraya、LisBoです。
himarayaはaudiobook.jpの下位互換なので、実質LisBoとaudiobook.jpの二択。
金額的に考えてオーディオブック聴き放題で1番お得なのがaudiobook.jpでしょう。
audiobook.jpなら期間限定の追加作品(himarayaにはない)で、人気の作品も聴くことができます。

聴き放題以外の定額サービスとしてはAudibleが1番お得です。
毎月オーディオブックが2冊無料で、限定ポッドキャストも聴き放題なので、コンテンツ量も豊富にあります。

audiobook.jpとkikubonでは、支払い金額に応じたポイントが貰えるので、まとめ買いの際はとてもお得です。

タケシ!タケシ!

月に2〜3冊であればAudibleが1番お得ですが、まとめ買いするならaudiobook.jpの方が安い(最大9,000円分お得)です。

スマホアプリの使い勝手

アプリの使い勝手

オーディオブックを快適に聴くためには、スマホアプリの使い勝手の良さも欠かせません。
主に重要視するのは、速度調節機能と安定性です。

オーディオブックのナレーションは、ゆっくり目なので、自分好みの速さに変えられると、より快適に読書ができます。
ただ、速度調節機能を使うと、アプリが固まったり、落ちたりする場合があるので、安定性も重視します。

アプリを配信しているサービスでは、kikubon以外は速度調節機能がついています。
中でもaudiobook.jpとAudibleはオーディオブックに特化したアプリなので、付箋機能など機能性も充実です。

しかし、audiobook.jpはあまり安定性が良くないので、アプリの完成度が1番高いのはAudible。
ストレスなくオーディオブックを聴きたいなら、Audibleを選ぶと安心です。

タケシ!タケシ!

倍速再生をしながら再生バーを動かすと、固まるケースが多いです。ですが、Audibleアプリは何をしても快適に動きます。

今ならオーディオブックが1冊無料
Audibleの30日間無料体験はこちら

オーディオブックのダウンロード

オーディオブックのダウンロードには次の2種類の意味があります。

  • ダウンロードしてオフライン再生
  • 音声ファイルとしてダウンロード

ダウンロードしてオフライン再生をする機能は、どのオーディオブック配信アプリにも搭載されています。
そのため、事前にダウンロードしておけば、データ容量を気にする事なく、いつでもどこでもオーディオブックが聴けます。

しかし、音声ファイルとしてオーディオブックをダウンロード可能なサービスは、「audiobook.jp」と「でじじ」しかありません。
その他のサービスでは、専用アプリでダウンロードができますが、音声ファイルとして手元に置くことができないのです。

タケシ!タケシ!

音声ファイルが欲しい方は、「audiobook.jp」か「でじじ」で購入しましょう。ちなみにaudiobook.jpでは倍速の音源もダウンロード可能です。

今ならアプリで聴き放題が30日間無料

オーディオブック (audiobook.jp) - 耳で楽しむ読書アプリ

オーディオブック (audiobook.jp) – 耳で楽しむ読書アプリ

OTOBANK Inc.無料posted withアプリーチ

オーディオブックのメリット・デメリット

オーディオブックを6年以上利用してきて分かった、メリット・デメリットを紹介します。

関連記事【完全版】オーディオブックのメリット・デメリット【5年の集大成】

オーディオブックのメリット

オーディオブックのメリットは次の通りです。

  • 本のながら聴きができる
  • 繰り返しインプットができる
  • 目を休ませられる
  • 語学学習に利用できる

オーディオブック最大のメリットは本のながら聴きができることでしょう。
作業中や移動中、家事中、運動中に読書ができます。

また、インプットにおいてはリピートして繰り返し再生することで、頭に知識を刷り込むことができます。
大切な部分だけ何度も聞いて、頭の中に刷り込んで自分のマインドにできます。

そして、オーディオブックは耳しか使わないので、目を休ませながら読書が可能です。
現代人はスマホの使いすぎなどで目を酷使しすぎるので、耳からのインプットは目の休養にもなります。

加えて、洋書のオーディオブックはリスニングに使えるので、語学学習にも便利です。
Audibleなら世界中のオーディオブックが手に入ります。

タケシ!タケシ!

オーディオブックを使えば、今まで出来なかった本の使い方ができて、インプット効率が劇的に変わります。

オーディオブックのデメリット

オーディオブックのデメリットは次の通りです。

  • 本の読み飛ばしができない
  • 自分のペースで読めない
  • オーディオブックの数が少ない

オーディオブックでは、紙の本とは違い、流し読みや読み飛ばしができません。
再生バーや目次を使えば、飛ばすことはできますが、ピンポイントで情報を探すのは難しいです。

オーディオブックは全文を一定のペースで読み上げてくれるので、本全体の把握に特化しています。
そのため、自分のペースで読むのもなかなか難しいのです。
気になる所で再生を止める事もできますが、それだと、ながら聴きのメリットが薄まります。

また、オーディオブックの全体数も少ないです。
オーディオブック化される作品は、ある程度人気の作品に絞られるので、マイナー作品などはオーディオブックでは聴けません。

タケシ!タケシ!

オーディオブックは一定のペースで進むので、1冊を読み終わるスピードはオーディオブックの方が本より早かったりします。

オーディオブックのおすすめの使い方

ワイヤレスイヤホンを付ける男性

オーディオブックマニアの僕が実践している、オーディオブックのおすすめの使い方を紹介します。
ポイントとしては次の3つです。

  • ワイヤレスイヤホン
  • 移動時間・運動時間
  • 倍速再生

オーディオブックを聴くのに、絶対に欠かせないのがワイヤレスイヤホンです。
ワイヤレスイヤホンとオーディオブックの相性は抜群で、ワイヤレスなら、運動中にもオーディオブックが聴けます。

運動をしていると頭の中がスッキリして、本の内容がスーッと入ってきます。
ランニング中やジムでの筋トレ中に聴くのがおすすめです。

また、オーディオブックを長年使っていると、倍速再生にも慣れてきます。
初めの頃は2倍速でも早いと感じていましたが、長く使っていると3倍速くらいなら余裕で聴けます。
3倍速以上は音源的にも限界が来るので、上限で3倍速くらいまでは挑戦してみてください。

タケシ!タケシ!

オーディオブックを聴くなら、ワイヤレスイヤホンが本当におすすめです。特に防水だと、運動中や風呂でも聴けるので、さらに活用の幅が広がります。

関連記事オーディオブックの効果的な使い方!【マニアの聴き方を伝授します】

オーディオブックの感想を紹介

アンケート調査の過程で、オーディオブック全般の感想も頂きましたので、最後に紹介させていただきます。

20代女性20代女性

小説系で情感たっぷりに読むものがあったら購入したいなあと思います。淡々と読まれる読み手の方が多いので。

20代男性20代男性

聞き放題サービスがもう少し充実すれば、利用する人も増えてくるのではと思います。私は、まだキンドルで読むほうがいいかなと思ってしまいます。

40代女性40代女性

最近はオーディオブックはメジャーになり利用者も多いですが、オーディオブックのCDやDVDもあるので思ったより昔からあるものなんだなぁと思っていた今日この頃です。ドライブ時間の長いアメリカでは、車中で聴く人が多いと聞きます。ひとりのドライブも退屈せずに済みそうです。

30代女性30代女性

もっといろいろな会社が共存して、値段が安くなると良いなとは思います。

20代女性20代女性

一つの作品を一人の方が読み上げていますが、自分の中でのイメージや声の好みなどもあるので、読み上げる人(声)を選択できるとうれしいです。

30代女性30代女性

時々、聴いた内容がわからないことがあり、文章で確認したい時があります。
耳で聞く、目で読む、ということが両方できるようになると、ありがたいです。

50代男性50代男性

スマホはネットを見るだけと思ってましたが、このように音を再生する機能を、音楽だけでなく、情報を聴くという活用の仕方は、面白い活用方法だと感じてます。

まとめ・感想 新しい読書の形を体感してみてください!

オーディオブックは電子書籍に続く新しい読書の形です。
まだまだ発展途上のコンテンツで、これかもどんどん発展していきます。

電子書籍が初めて日本に上陸した時には、「紙の本の方が良い」と言われて、流行らないのでは?という事もありましたが、今では一般化しています。
これからオーディオブックも電子書籍と同じように一般化していくと思います。

少しでも興味がある方は、時代の先取りとして、オーディオブックを体感してみてください。

余談ですが、今後のオーディオブックの発展は、AIの読み上げにかかってくるかと思います。
flierのAI読み上げを聞いていると、相当くない未来に全ての電子書籍がオーディオブック化しそうです。

それでは最高のオーディオブックライフを♪

タケシ!タケシ!

よろしければ、当サイトで運営している月にビジネス書30冊分(購入すると約30,000円)の要約を配信しているインスタグラムもどうぞ! 大好評の人気記事は下記のリンクから♪

人気記事【診断リストあり】audiobook.jpとAudibleを徹底比較した結論!




次によく読まれている記事