【Spoon】歌ってみたのやり方を超解説!【初心者が知るべき事】

「Spoonで歌ってみたのやり方が分からない…」
「これから歌ってみたにチャレンジしてみたい!!」

Spoonは数ある配信サービスの中でも、「歌ってみた」を投稿するのに適した音声配信アプリです。
スマホで音声を録音するだけで、気軽に投稿できるSpoonでは「歌ってみた」が盛り上がりを見せています。

Spoonなら顔出しの必要もないので、歌ってみたに初めてチャレンジする方にもおすすめです。
音声配信アプリの中でも、Spoonはユーザー数が多いので、多くの方に聞いてもらえるチャンスがあります。

それに、SpoonではCAST(音声の投稿)にも、ライブ配信と同じように投げ銭機能が付いています。
Spoonで「歌ってみた」を投稿すると、再生数だけではなく、お金も稼げてしまうのです。
モチベーションも上がりやすいので、ぜひSpoonで「歌ってみた」を配信してみてください!!

\まずはSpoonを無料ダウンロード/

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料posted withアプリーチ

Spoonと「歌ってみた」の相性

Spoon歌ってみた

Spoonは「歌ってみた」系のコンテンツとは相性が良いサービスです。
理由としては、Spoonは音声配信に特化したサービスなので、動画やSNSに比べて、気軽に歌を配信出来るからです。
そのため、Spoonの配信で「歌ってみた」は、人気のカテゴリーとなっています。

また、Spoonは声だけで勝負することができます。
動画配信サイトで投稿される動画には、収録や演奏の様子をアップロードしている、「歌ってみた」動画がありますが、Spoonではシンプルに声だけでOKです。
配信者が顔出しをしたり、動画編集をしたりする必要がないので、本当に楽チンです。

それに、LIVE配信で生で歌っている人も多くいるので、力を入れて収録する必要もなかったりします。
配信が初めての人でも、Spoonなら気軽に「歌ってみた」にチャレンジできます。
Spoonのリスナーは優し方が多いので、歌が好きなら一緒に盛り上がってくれますよ。

関連記事【超初心者向け】Spoonの使い方をザックリ解説しました!
関連記事Spoonで稼ぐために知っておくべき事!【換金率を大公開します】

Spoonで「歌ってみた」を作る3つの方法

Spoonで歌ってみたを作る方法は、大きく分けて次の3つです。

  • スマホのみで録音
  • スマホで録音してパソコンで編集
  • パソコンで録音・編集

それぞれ詳しく解説します。

スマホのみで録音して投稿

CAST

Spoonはアプリで録音して、そのまま「歌ってみた」を投稿できます。
アプリ内で録音した「歌ってみた」をそのまま、CASTに投稿できるので、必要な機材はスマホとマイクのみです。
イヤホン内蔵のマイクでも、歌を拾えるので特に専門の機材は必要ありません。

楽器を演奏したり、利用可能なカラオケ音源をバックで流して、「歌ってみた」を投稿しましょう。

また、スマホで録音して投稿する場合には、一発撮りになるので、失敗したら一からやり直しです。
作り込んだ「歌ってみた」動画というよりは、フルではなくワンコーラスのみなど、ラフな配信に向いています。

関連記事Spoon配信におすすめの機材を紹介!【これだけあれば安心です】

スマホで録音してパソコンで編集

パソコンを使えば、音声編集ソフトが使えるので、スマホだけで「歌ってみた」を作るよりはクオリティの高い作品が作れます。
スマホで歌ってみたを録音した後に、カラオケ音源を被せたり、音声のバランスの編集ができます。

少し手間がかかりますが、パソコンを使うだけで、「歌ってみた」のクオリティは格段に上がります。

パソコンで編集する難点としては、現状SpoonはパソコンからCASTの投稿ができないことです。
CASTに投稿するには、音源を1度スマホに戻してから、アプリでアップロードしなければいけません。

itunesでファイルを共有

iPhoneを利用している場合には、iTnes経由でスマホとパソコンを連結させて、ファイル共有を行わなければいけないので面倒です。
慣れればそんなに難しい作業ではありません。

関連記事SpoonのPC配信方法を徹底解説!【エミュレーター不要です】

パソコンで録音・編集

パソコンで録音・編集するのが、Spoonで最もクオリティの高い「歌ってみた」を作る方法です。
パソコンで「歌ってみた」を作る際には次の3つの機材が必須となります。

  • DAW
  • オーディオインターフェース
  • マイク

機材を用意できないのであれば、パソコンは諦めて、スマホでの録音で十分です。
初めての方は下記のようなレコーディングスタータセットを参考にしてみると良いでしょう。

Spoonの「歌ってみた」で気をつける事

Spoonで「歌ってみた」を投稿するときには、最低でも次の2つには気をつけましょう。

  • 著作権
  • 録音場所

Spoonは日本で楽曲の著作権を管理しているJASRACと包括契約をしています。
CD音源などアーティストの楽曲を勝手に流すのはNGです。

音源は著作権フリーのカラオケ音源や生演奏を利用する必要がります。
また、カラオケであっても既存の楽曲を利用した場合には、「楽曲報告」が必須です。

「設定」内にあるので、忘れずに報告しましょう。
忘れた場合には垢ban対象になります。

歌ってみたの楽曲報告

また、録音場所ですが、以外と自宅で収録する場合に近隣住民の迷惑になる場合があります。
トラブルを避けるためにも、時間帯や防音設備など工夫が必要です。

自宅での収録が難しい場合には、カラオケボックスやスタジオを利用してみてください。
なお、カラオケボックスのカラオケ音源を流すののは著作権違反です。

関連記事【緊急】Spoonの垢banを防ぐ方法を紹介!それ規約違反です…。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料posted withアプリーチ

まとめ

Spoonの歌ってみたには、フル尺ではない短めのCASTが多くあります。
Youtubeなどの動画配信サイトに投稿する場合との違いは、そこにあります。

Spoonではフルで音楽を楽しむというよりは、その場の盛り上がりを意識している部分があります。
短いCASTでも、投げ銭のスプーンはかなり多くプレゼントされています。

再生数が多い「歌ってみた」のCASTをみると、1分程度の投稿でも数十万円分の投げ銭が確認できます。
Spoonには夢がありますので、ぜひチャレンジしてみてください。




次によく読まれている記事