ed00d9c91a0a21d5e3681db6d9ca7cc0
このページではおすすめの音声読み上げソフト5つを徹底比較しています。

文字を入力するだけで音声を読みあげてくれる「音声読み上げソフト」は、とても便利ですよね!
「音声読み上げソフト」は下記の用途でよく使われています。

  • 動画のナレーション
  • オーディオブック
  • 学習用の音声教材の作成
タケシ!タケシ!

どうもこんにちは!
読み上げソフトヘビーユーザー、オーディオブックマニアのタケシ!(@takeshi_audio)です。

僕も電子書籍をオーディオブック化する時には音声読み上げをよく利用しています。
色々と音声読み上げソフトを使ってきた中で、おすすめを5つピックアップしました。

そこで今回は、おすすめの「音声読み上げソフト」5つを徹底比較して紹介したいと思います。

パイナップルパイナップル

5つのソフトを確認して、自分好みの「音声読み上げソフト」を見つけていくぞ!

音声読み上げソフトとは?

音声読み上げソフトは、もともと下記のような人に向けて開発されたサービスでした。

  • 目が不自由な人
  • 小さな文字が読みづらい高齢者の人

ホームページやテキストファイルに記載されている文字を機械が読み上げてくれることで、理由があって字が読めない人でも、読める人と同じように文章が理解できるようになるわけです。

今ではコンテンツ作成で利用されることが多いですが、開発の背景を知ることでユーザー目線を大切にできます。

スマホにもデフォルトの機能として音声読み上げ機能が用意されています。
文字の読み上げに使えて便利なので、「【スマホ・PC】Kindle本を読み上げてオーディオブック化する方法!」を参考に利用してみて下さい。

一部のサイトでは音声読み上げが実装されている

官公庁HP 音声読み上げ対応

ネットで閲覧できる全てのサイトに音声読み上げのサービスがついているというわけではありませんが、官公庁などのホームページではサイトにすでに音声読み上げソフトが組み込まれています。
自宅のパソコンからサイトにアクセスすれば、他に別ソフトを購入しなくても、記載されている内容を読み上げてもらい、耳で聞いて理解することができます。

しかし、そうした音声読み上げソフトがサイトに組み込まれていない場合には、ユーザーが自身で音声読み上げを用意しなければいけません。
ソフトを購入して利用することで、読めなかった文字でも聞いて理解できるようになります。

音声読み上げソフトは、複数のメーカーから多種多様な商品がラインナップされています。
そのため、ソフトを選ぶ際には、様々な点を比較した上で、自分にとって使いやすいものを選ぶことが大切です。

無料の音声読み上げソフトを比較

初めて音声読み上げソフトを使うという人なら、いきなり有料サービスを利用するよりも、まずは無料で利用出来るソフトを利用するのが良いでしょう。

ただし、無料の音声読み上げソフトと言っても複数があるので、選ぶ際にはきちんと内容を比較することをおすすめします。

テキストトーク 

テキストトーク

Open J Talkというテキスト音声合成システムを採用

無料の音声読み上げソフトの中でも人気が高いのは、「テキストトーク」です。

これは、他のソフトと比較してOpen J Talkというテキスト音声合成システムを採用している点が大きな特徴です。

 

日本語なら男性の声が1種類、女性の声は6種類がラインナップされています。
英語の文章を読み上げる際には、女性の声で1種類が採用されているという点も、他のソフトと比較してテキストトークの大きな特徴と言えます。

また、テキストトークはWAVやMP3などのデータとして保存ができるため、YouTuberなど動画作成をする人にも良く用いられているソフトです。

対応OS Windows 対応言語 日本語、英語
保存形式 WAV形式、MP3形式 辞書機能 あり

テキストトークはこちら

SoftTalk(ソフトトーク)

ソフトトーク

リピート機能と使いやすさが魅力

無料ソフトでは、SoftTalk(ソフトトーク)も人気があります。

他の音声読み上げソフトと比較した場合の大きな特徴はリピート再生機能がついている点です。
部分的にもう一度聞きたい時には、とても便利な機能と言えるでしょう。

 

声の種類は、女性・男性・ロボットから選ぶことができますが、選べる選択肢の数は、他のソフトと比較してそれほど多くありません。
ですが、使い勝手が良いという点が、他のソフトと比較した場合のソフトトークの大きな魅力となっています。

対応OS Windows 対応言語 日本語、英語
保存形式 WAV形式 辞書機能 あり

SoftTalk(ソフトトーク)はこちら

 棒読みちゃん

棒読みちゃん

2チャンネル専用のブラウザの読み上げに使われる

無料で利用出来る音声読み上げソフトは「棒読みちゃん」も人気です。

2チャンネル専用のブラウザの読み上げによく利用されるソフトですが、動画のナレーションなどにも採用されることが多いという点が大きな特徴です。

 

他のソフトと比較して、選べる声が8種類あるという点も人気の理由と言えるでしょう。

対応OS Windows 対応言語 日本語
保存形式 WAV形式 辞書機能 あり

棒読みちゃんはこちら

有料の音声読み上げソフトを紹介

無料の音声読み上げソフトでも実際に利用してみると、機能が充実していることが分かります。
その上でさらに充実した機能や品質を求めるのであれば、有料の音声読み上げソフトの利用も検討しましょう。

有料と無料の違い

音声読み上げソフトは、有料と無料で明確な違いがあります。
有料のソフトは無料のソフトに比べて、下記の2点で優れています。

  • 音声がキャラクター化されている
  • 読み上げ方が人間に近くて自然

やはり、音声読み上げソフトの性能は有料のソフトが格段に上です。
有料のソフトを利用すると、耳あたりが良い声で抑揚のある読み方をしてくれます。

有料ソフトが好まれるシーン

有料の音声読み上げソフトは、高品質な読み上げが求められる時に、好まれて利用されています
下記の用途では、有料ソフトがよく使われています。

  • 動画のナレーション
  • オーディオブック
  • 学習用の音声教材の作成

文章を読み上げるのは簡単そうに見えてとても難しいです。
プロに頼むにしてもお金がかかりすぎるので、簡単に作れて品質を担保できる「音声読み上げソフト」は便利で好まれます。

かんたん!AlTalk3

「かんたん!AlTalk3」

誰でも簡単に高品質なナレーションを作成できる音声読み上げソフト

有料の音声読み上げソフトはたくさんありますが、それらを比較した中で口コミで人気が高いのは、「かんたん!AlTalk3」です。

このソフトは声の種類が充実していて、小さな女の子の声なんかも採用されています。

 

そのため、子供向けのコンテンツの作成にも利用できます。
さらに、ダウンロード版においては、関西風の声も採用されているので、他のソフトと比較してもバリエーション豊かな楽しみ方ができるるようになっています。

対応OS Windows 対応言語 日本語
保存形式 WAV形式 辞書機能 あり

Amazonで詳細をチェック
楽天市場で詳細をチェック

CeVIO Creative Studio

CeVIO Creative Studio

感情豊かな読み上げ音声を実現しています。

CeVIO Creative Studioは、歌と読みあげの両方使いができるソフトになっています。

音声読み上げソフトは無機質で感情が伝わらない声という印象がありますが、CeVIO Creative Studioは怒りや悲しみなど感情表現にこだわって作られています。

 

そのため会話が多い文章の音声化に利用されることがあります。
例えば、動画のナレーション作りは会話文も多いので適している使い方です。

基本的には、ソングエディタ(歌)とトークエディタ(音声読み上げ)の2パターンがセットになっています。
ですが、トークエディタだけなど個別でも販売しているので、片方しか使わない場合は安くなるので、チェックしてみてください。

対応OS Windows 対応言語 日本語
保存形式 WAV形式 辞書機能 あり

Amazonで詳細をチェック
楽天市場で詳細をチェック

音声読み上げソフト選びの注意点!

有料の音声読み上げソフトは、購入すると1万円超という高めの料金設定となっているものがたくさんあります。
そのため、購入する際には必ず複数のソフトを比較した上で、口コミで人気が高いものを選ぶことをおすすめします。

読み間違いが結構ある

また、ソフトの中には全角の数字を文字として認識してしまい、数字として読んでくれないものや、漢字の読み方が間違ってしまうものもあります。

全てのソフトが同じような間違いをするというわけではないため、こうした点もできれば口コミを比較しながらソフト選びをすると良いでしょう。

無料で活用できる音声読み上げソフトは、有料タイプと比較すると一般的にこうした読み間違えなどが多い傾向にあります。
そのため、最初は無料ソフトから始めてみて読み間違えなどが気になり始めたら「そろそろ有料の音声読み上げソフトへ移行しようかなぁ」と考えた方がいいかもしれません。

無料でも十分満足できる

コンテンツによっては、無料でも満足できることがありますから、その場合にはあえて1万円以上の料金を払って有料の音声読み上げソフトを購入する必要はないでしょう。

ちょっとした文章読み上げに使うなどの個人利用では有料を購入するのにはもったいない気がします。

オーディオブックを作るのであれば別の方法もある

オーディオブックを作る目的で音声読み上げソフトを使うのであれば、別の選択肢もあります。
下記が一般的にオーディオブック作成で用いられる手段です。

  • 自分で録音する
  • プロに任せる
  • 端末の音声読み上げ機能を使う

オーディオブック以外にも応用が利くので、音声読み上げソフトを使うコンテンツ作成の際には、参考にしてみて下さい。

オーディオブックの作成方法は、「【無料で作れた】個人でも可能なオーディオブックの作り方まとめ!」にて解説しています。

ココナラでナレーションを依頼する

ココナラの読み上げ依頼

ココナラではフリーランスの声優さんやナレーターの方に、直接文章の読み上げを依頼できます。
プロが読み上げてくれるので、読み上げソフトよりもナレーションの質ははるかに高いです。

プロに頼むとなると料金が高いイメージがありますが、ココナラでは安くナレーションを提供してくれる方も大勢いるので、意外と安く依頼することができます。
実績を積みたいフリーランスやセミプロの方は、5分で1,000円など、格安な値段で対応してくれます。

人に読み上げてもらうのを料金面や人脈で断念している人も、ココナラのように便利なサービスがあるので、読み上げソフト以外の選択肢として考慮してみて下さい。

ココナラで実際に依頼する方法を「【安く作れる】ココナラでナレーションの依頼がおすすめです!!」で紹介するので気になる方はチェックしてみて下さい。

タケシ!タケシ!

僕もココナラでオーディオブック作成の依頼をしたことがありますが、安く高クオリティの読み上げが納品されて満足しています。

→ココナラで読み上げを依頼する詳細はこちらから

まとめ・感想 無料のソフトを試してから有料を購入する

音声読み上げソフトは無料でもいいものが揃っています。

まずは無料のソフトを試してから有料のソフトの購入を決めましょう!
また、ココナラのおかげで、本当に簡単にプロに依頼できるようになったので、ナレーターに直接依頼するのも考えてみて下さい!

人気記事【スマホ・PC】Kindle本を読み上げてオーディオブック化する方法!
PRメルマガ『毎日30秒書評!~心に響く本の言葉~』